幻の原稿、その2