« 第3回伊良湖ロングボードクラシック | Main | 新島のトラさん »

June 01, 2020

大平洋ひとりぼっち

Muto1_20200601070001

Muto2_20200601070001

Muto3

昨日は風がオフに替わりクローズ気味だったロコポイントが使えると予想して朝一から待機、思ったとおり風は弱いオフショアになったはいたが思ってもいなかった台風18号からの東うねりが強まりハードコンデション、どうもロコは地形がいまいちのうえ東うねりに弱いのが弱点だ。ロングビーチもチェックし岩場が良い事も判っていたけど遠慮して入らずロコに戻り、北村さんと連絡の上一人でアウトを狙う事にした。まあ一人は良いけどまさかの時に迷惑掛けちゃいけないから一番太いリューシュを装着しアウトへ、出てみるとビーチで見るのとは大違いで面も良く、風もないので平和な感じ、ただ一人なのでポジションが掴めず最初は赤灯台の当たりまで出てしまい、中々乗れず、結局20分程ウロウロして灯台と堤防の中間点のピークに決定。たまに入ってくるお化けセットは頭半以上有ったかな?結構パワーのある波なんで注意してテイクオフを繰り返す内に見慣れた赤いウエアーが登場、アウトからだと遠すぎて色しか見えないけど間違いなく北村さんの登場、一旦車に戻って準備し改めてサークルの東端にセッティングするのが見えたので、ここからが本番と一人で頑張っちゃいましたよ。とにかくテイクオフからのドロップが迫力とパワーがあって最高でした、テイクオフの瞬間はイージーなんだけどすぐにストンと落ちる感じになりボードが離れそうになるのをこらえるのが良い、ボトムに下りてからはトロくなるんだけど今度はモンスターのようなブレイクが後から迫ってくるのがこれまた楽しいよ。結局この後2時間ばかり北村さんを独占させて頂き、全てのライディングを撮影して頂きました。中には珍しいグーフィーも2本ありました。当然ながらボードを離すのは危険なのでパーリングは一度も無かったし、スープからも全て逃げ切りました、一度だけグーフィーに乗り、最後のプルアウトがブレイクに押し戻されボードを飛ばしちゃいましたが丈夫なコードのおかげと堤防が近かったのでセーフ。9時過ぎて潮が上げてきたら急に乗れなくなり終了しました。北村さんは二科展の撤収で忙しい中、早速昨夜のうちに一本分を編集して頂いたのでアップいたします。明日から暫く海外で留守にしますが、こりゃまさに最高の餞別を頂きました、ロコポイントと北村さんに感謝です。  撮影 北村守

 

|

« 第3回伊良湖ロングボードクラシック | Main | 新島のトラさん »