« 一体この先にどんな波が・・・ | Main | 大平洋ひとりぼっち »

June 01, 2020

第3回伊良湖ロングボードクラシック

11_20200601065201

12_20200601065201

13_20200601065201

昨夜ベッドサイドを片付けていたら偶然こんな本を見つけた、いつだったかきっと読みながら寝てしまいしまい忘れたんだとおもう、今は残念ながら廃刊となったしまった関西で出版されていたサーフィン月刊誌「サウス」1999年12月号だ、ちょうど今から10年前、まだ50歳の若い時?だわさ、記事に第3回伊良湖ロングボードクラシックが掲載されファイナリストも載っているが、改めて見てみるとこの後プロになった選手が4~5名はいるね、これって確率高いでしょ、大会としてはお役に立てたようで嬉しいです。本文には「年齢50歳以上のロイヤルクラスでは、地元の武藤恒志、九州の佐賀より進藤英司、そして湘南の鈴木兄弟と錚々たる往年のメンバーが顔を揃えている。決勝では武藤恒志と鈴木正の一騎打ちとなり、両者3本共に見事なライディングでまとめていたが3対2で武藤がローカルの意地を見せて優勝を遂げる。」MIC加藤さんの名文句ですねー、この当時から正さんとの因縁の勝負が始まっていたようです。尚本誌に掲載された写真は全て北村さんが撮影されたものでした。 

|

« 一体この先にどんな波が・・・ | Main | 大平洋ひとりぼっち »