« Kanoa Igarashi vs. Peterson Crisanto - Round of 16, Heat 7 - Corona Open J-Bay 2019 | Main | 台風5号? »

July 18, 2019

BaliHigh武藤恒志古希記念写真集

 Img_0527

Img_0557

Img_0561

Img_0550

実はですねぇ、先日海からの帰り道にこっそりと北村さんにお会いしてまいりました。昨年北村さんから素晴らしいお話を頂きました、これまで北村さんが撮影した私の写真を使って古希の写真集を作ろうと思う・・・という信じられないようなありがたいお話でした。それ以降結構大変で、今まで北村さんが撮られた膨大な量の写真の中からお気に入りを選ぶってのが大変なんです、どれも思い出が詰まっていて中々選ぶのは大変でした。それでもその中から何とか数百枚を選び出し、後はお任せすることになりました。しかしその後も2019年の写真や、令和元年の写真も加えようということになり、これまた大変でした。しかしそれらの苦労が見事に実り、今回北村さんが作られた写真集はオールカラーの100頁、カラー写真の総数は実に206枚にもなりました。北村さんがサーフィンを撮り始めてちょうど30年だそうですが、今回はカメラがデジタルに変わった2004年から2019年までの15年間をその年代に沿って編集されています。もうそりゃ自分で見ても惚れ惚れするような写真ばかりで自画自賛の真っ最中でございます。サーフィンを始めて50年を超えましたが貧乏だった最初の頃はカメラが無くて残念ながら写真は残っておりません。それが人生も終盤に入った今、こうして後半の15年間の素晴らしい記録を残せたことに感謝しかございません。フィルムの時代から長年に渡り私を撮って頂いた北村さんにはどう感謝していいのやら見当がつかずにおります。近日中にこの貴重な写真集を海へ持参いたしますのでぜひ皆様にもご覧頂きたいと思っております。また最後になりましたがもう一つ嬉しいお知らせです。こちらも先日正式に発表されましたが、北村守さんが一般社団法人二科会写真部会友に推挙されました、これは9月6日付での決定になるそうですが、こちらも素晴らしい快挙です、経験されないと判らないでしょうが二科会の本展に入選するということは大変な事なんですよ、しかも会友になる為にはその入選を10回重ねないといけないんです、つまり最短でも10年掛かる大事業なんです。もうこの時点で北村さんをアマチュアカメラマンとはお呼びできなくなりますね、この秋正式に決まった後は「北村プロ」か「北村先生」かどうお呼びしたらいいのか現在嬉しい悩みで悶えております、皆さんもビーチで北村さんに会ったらぜひお声をおかけくださいね。

 

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねbanner

|

« Kanoa Igarashi vs. Peterson Crisanto - Round of 16, Heat 7 - Corona Open J-Bay 2019 | Main | 台風5号? »