« 塩水 | Main | 参った »

June 01, 2017

水中撮影

E5925b_6d84904de8ae4e10bf0d3ab9f626

E5925b_747db6d20ac648d69e572034f3dc
撮影 Iragoday

いまのようにデジカメの時代になる前は海での撮影は本当に大変でした、なんせフィルムがたくさん必要になるし、その後の現像や焼き付けも大変、しかも凝り始めると高額なフィルムになるし、現像でもラボを選び始めると費用がかさんで大変、そんな訳で当時普通のアマチュアサーファーがちゃんとした写真を残すのは大変だったんですよ。その当時から撮影を続けている北村さんのご苦労がわかりますよね。しかし時代は変わって現在ではフィルムを買うこともなくなり、データ保存も簡単だし消去も出来るし、簡単なプリントまで出来てしまうので費用もそれほど苦にならなくり一気に海で撮影するカメラマンが増えてきたのはありがたいことです。現在ではドローンで空中からの撮影も始まりましたが、まだ主流は海岸に三脚を立てて望遠で撮影する方法、これはロコポイントでも最近はよく見かけるようになりました。そしてもうひとつが水中撮影です、こちらは水中用のカメラを使う場合もあるけど、やはり主流派ちゃんとしたカメラを防水ケースに入れて使う方法、これを持って海に入るんだけど、当然泳がなくてはいけないしカメラは重いし・・・波はあるし・流れは強い、しかも被写体はじっとしてないし、普段は立ち泳ぎしてていざいうときにカメラを構えるにしても思いカメラを両手・たまに片手で持ち上げるのは大変、そんなこんなで今までほとんど水中撮影に挑む人はいなかった、ここだけの話、何度か北村さんにもおすすめはしたんだけど実は北村さんは「かなずち」で即お断りになりましたんです。そして数年前からやっとHRDFILMSが水中撮影に挑戦することになり、おかげさまでそれ以来素敵な写真を一杯残すことが出来て大助かりでした。その後もGoProでの撮影は増えてきたけどなかなかHRDFILMSに続く人は現れませんでした。そして今回満を持して「Ilagoday」の近藤くんが立派なハウジングを手に入れて水中撮影を始めることになりました、その記念すべき第一作を頂戴いたしました、これからはこの二人がツートップで水中撮影に挑んでいくことになると思いますし、きっとその後に続く人もたくさん出てくることでしょう、今後のお二人の活躍が楽しみです。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねbanner

|

« 塩水 | Main | 参った »