« Surfing Under Northern Lights | Main | 怖杉 »

February 02, 2017

ランクルの旅

Img069

Img070

Img071

Img072

70年代に一世風靡していた「SURFMAGAZINE」に「ランクルの旅」という人気記事が連載されていて、1979年4月号が「伊良湖」特集でした。1971年の伊良湖全日本の頃に大磯から豊橋へ移り住んでいた見田裕康が案内人でした。寒い中大野薫と一緒にロコポイントへ入った記事がアップされています。残念ながらその後見なくなってしまった見田くんは流石湘南と言われるほどスタイリッシュで結構伊良湖のサーファーに影響を与えていましたね、その彼が書いた記事もあるのでご紹介しましょう。

GOOD BEACH AND FRIEND 文:見田裕康
湘南から伊良湖に移って8年、当時は、、サーファーも少なく波もあり余っていました。下に紹介したポイントの他にも、高塚、サリマノ、赤羽根港など、渥美半島にはまだまだ多くのポイントがあります。私も、年中どこかしらでサーフしています。フルスーツはすり切れ、ベストは陽に焼け色あせる程に毎日波乗りをしてきました。その間に、私にはたくさんの友達ができました。最も身近な仲間を紹介しましょう。サンチャンこと杉浦茂義君。彼は、地元の最古参で、豊橋地区及び名古屋方面までも名前が知られています。ライディングはオーソドックス。コーラ屋さんの山本卓一君。彼も地元では古いサーファーの1人です。波乗りも、やわらかく、見ていて大変ひれいです。ノーチンこと神谷信博君。ライディングは、神経質でとても変化があり、彼のインサイドからのボトムターンは、我々も教えられる所があります。タメンこと安永和也君。若手サーファーの中で、将来を期待されている1人で、まだライディングに荒削りな面もあるが、若さでカバーしています。このような仲間達が、いつもどこかのポイントで波乗りをしています。今年もシーズンが近づいてきました。伊良湖も、そろそろ波がでてきます。1度こちらに来てサーフィンをしてみませんか?また違った波乗りが楽しめると思いますが・・・・・・。しかし楽しんだ後のマナーもわすれないで下さい。自分達のサーフビーチが、空カンや紙クズでよごれていたら、サーフィンで楽しくなっても、海岸に上がって来ていやな気分にさせられることでしょう。そんな気持ちにならないためにも”キープクリーン・ビーチ”に努めましょう。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねbanner

|

« Surfing Under Northern Lights | Main | 怖杉 »