« 大会当日 | Main | 妨害 »

November 08, 2016

WSL

14980790_1232591666816063_134114169

14947418_1232591683482728_125778789


WORLD SURF LEAGUEが主催するChampionship Tour(CT) は世界中から選び抜かれたたった36名(特別枠4名含む)のプロサーファーが一年間かけて世界中の最高のサーフポイントの最高の波を選んで11戦し、真の世界チャンピオンを決定するツアーです。まさか自分が生きているうちにこのツアーに日本人が現れるとは夢にも思っていませんでしたが、わずか18歳のカノア五十嵐がその夢をかなえてくれて今年のツアーに初参戦しました。毎回応援してるんですがなんせ相手は百戦錬磨の魔物のようなベテラン揃いで毎回R3の厚い壁に阻まれて苦戦していました。このツアーでは一年間の成績順で上位22人が来年度のシード権を得ることが出来、それ以外の10人の選手は、予選リーグのQualifying Series(QS)の上位10名と入れ替わることになります。まあ行ってみればサッカーのJ1とJ2が入れ替わるようなもんでしょうかね。そしてCTではカノア五十嵐は現在ランキング24位なんで厳しい状況、最終戦のパイプラインで上位に入らないと難しい感じでしたが、サッカーと違いサーフィンではCTの選手がQSに参戦してポイントを稼ぐこともできるんですよ、ってことで今回ブラジルのフロリアノポリス/ジョアキナ・ビーチで開催中のWSLメンズQS6,000「ハング・ルーズ・プロ・コンテスト」に出場したカノアは見事に優勝してポイントを稼ぎ、なんと現時点でQSランキングのトップとなり、来年度CT参戦を確実なものとしてしまいました。来シーズンで引退するかもしれないケリー様はじめベテラン勢がこれからどんどんと引退していく時代になりそうなんで何とかこの勢いでCT参戦を続け、近い将来のワールドチャンピオン候補になれるよう応援を続けましょう、まずはCTでの一勝が目標かな。頑張れ頑張れカノア!!!!!


Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねbanner

|

« 大会当日 | Main | 妨害 »