« 磯ノ浦 | Main | じぇじぇ! »

May 13, 2013

甲太3位入賞!

Sakuraoka_q2h1242

昨日千葉千倉で開催された「RealBvoice 千倉プロ」でTeamRealBvoiceの桜岡甲太プロが見事3位に入賞しました、長年の同僚だし同じテンプレートのボード乗ってるんで自分の事のように嬉しいです。この勢いで必ずてっぺんに立つよう頑張っておくれ!

「2013年5月12日日曜日:千葉県南房総市千倉、JPSA ロングボード第2戦「RealBvoice 千倉プロ」最終日。昨日までの悪天候は回復し、波も胸肩までサイズアップ。ファイナルデイに相応しいコンディションとなった。コンテストは男子ラウンド4からスタート。開幕戦で優勝したユージン・ティールや、尾頭信弘、新城譲、畑雄二がセミファイナルで敗退するなか、ファイナルには昨年のグランドチャンピオンである喜納元輝、バリの開幕戦でファイナリストとなった石塚晃とパワーハウスの櫻岡甲太、そして初ファイナル進出の藤井辰緒となった。石塚晃がスタートからハングファイブで3.50をスコア。スタートからチャージを続けてヒートをリード。喜納元輝もバックハンドのリエントリーで応戦する。そして、じっくり波を待った、今回のイベントで絶好調の藤井辰緒が、ファーストウェイブでカーヴィングターンとホワイトウォーターへのアプローチでライディングをコンプリートし5.00をスコアする。じっくりと波を選んでいた喜納元輝も、アグレッシブなヴァーティカル・リエントリーを炸裂させ、ハイスコアをマークしてグラチャンの意地を見せる。後半に入り、好調な藤井辰緒がセットのライトを掴み、素晴しいマニューバーを見せて6.50をスコア。ベテランの渋いライディングを見せヒートスコア11.50としてトップに躍り出る。喜納元輝は、レフトの波でフォアハンドのハングファイブと、リエントリーのコンビネーションで5.40をスコアして追い上げる。残り時間10分を切ってリードを続けたのは藤井辰緒。しかしヒート終盤になると激しいトップ争いが展開。それまでレフトでスコアを稼いでいた桜岡甲太がライトの波で2発のフォアハンドのビッグ・リエントリーを決め、ファイナルのベストスコアとなる7.65をスコアして大逆転。ついにトップに躍り出る。しかし、2位を強いられた藤井も5.65をスコアして再び逆転。残り時間を3分を切り、このまま藤井が逃げ切り、感動の初優勝かと誰もが思った。しかし、グラチャンの底力を見せた喜納元輝。「入ってきた瞬間に良い波だと思った」というライトのセットを掴むとバックハンドでハードなリエントリーを決めて7.00をスコア。大逆転優勝を決めた。」   SURFMEDIA


Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

|

« 磯ノ浦 | Main | じぇじぇ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 甲太3位入賞!:

« 磯ノ浦 | Main | じぇじぇ! »