« Day 5 Highlights Men - 2013 Rip Curl Pro Bells Beach | Main | 完成間近 »

April 02, 2013

Rip Curl Pro Bells Beach 2013

ベルズでは昨日から番狂わせが続出して騒然となっている模様、今日も早々にミックが敗退し通勤中でファイナルは見逃したけど結局勝ったのはAdriano De Souza、WCTもいよいよ世代交代かと思わせるけど、そうは問屋が卸さないと思うね、やっぱ見てるとパーコのラインとか凄いんだもん。

「2013年のASPワールド・チャンピオンシップ・ツアー(WCT)第2戦のリップ・カール・プロ・ベルズ・ビーチは、ベルズ・ビーチでのハイパフォーマンス・サーフィンに多くの番狂わせが発生。11タイムASPワールド・チャンピオンでカレントASP WCT No.1であるケリー・スレーター(USA)は、怪我のため棄権した選手のリプレイスメントで出場しているウイリアン・カルドゾ(BRA)に破れた。「クリーンなベルズ・ボウルでは絶対に負けたくない。」と、スレーターが言った。「僕は2、3日前、腰をひねって、全く100%の状態ではない。だからMRIを撮りにいくつもりなんだ。とは言っても、ウイリアン(カルドゾ)にはやられたよ。一目瞭然だ。彼は本当に良いサーフィンをしていて、本当にパワフルだった。彼におめでとうと言いたい。他のトップ選手が、この後どうなるか見守るしかないね。でも、この先はまだ長いけどね。」ASPワールド・チャンピオンで、3度のリップ・カール・プロ・ベルズ・ビーチ勝利者(2004、2009、2011)であるジョエル・パーキンソン(AUS)は、スレーターのラウンド3敗退という予想外の展開を上手く利用し、レイティング上の彼との差を縮めたいところだったが、9.10とパーフェクト10という信じがたいスコアラインを持っていたにも関わらず、ヒートスコア19.17をマークしたラオニ・モンテイロ(BRA)に僅差で破れた。「誰も決して負けたくない」と、パーキンソンが言った。「10と9をスコアしているのに負けたい奴はいないよね。しかし、ラオニ(モンテイロ)は本当に良いサーフィンをしている。そして、そんなスコアで僕を倒した彼は確かに称賛に値する。ベルズで早くに負けてしまって残念だけど、まだ今シーズンはこれから。気持ちを切り替えて、ブラジルに集中するよ。」    SURFMEDIA


Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

|

« Day 5 Highlights Men - 2013 Rip Curl Pro Bells Beach | Main | 完成間近 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Rip Curl Pro Bells Beach 2013:

« Day 5 Highlights Men - 2013 Rip Curl Pro Bells Beach | Main | 完成間近 »