« 横連凧 | Main | GREG NOLL RICKY GRIGGS Surfing Hawaii 1967 Piapo Board »

March 14, 2012

カノア五十嵐がASPプロジュニア初出場でプロ初優勝

アメリカ東海岸のフロリダはニュー・スマーナ・ビーチ・インレットで開催された、ASP 1-スター DNAエナジー・プロ・ジュニアが終了。難しい3~4フィートのストーム・サーフで行われたファイナルで、カノア五十嵐(ハンティントン・ビーチ、CA)がASPプロジュニア初出場でプロ初優勝を果たした。カノアは、難しい3~4フィートのストーム・コンディションで行われたファイナルで、ダニエル・グレン(ニュー・スマーナ・ビーチ、FL)エヴァン・トンプソン(ジャクソンビル、FL)ライアン・クロティウ(ニューポート・ビーチ、CA)を下した。カノアはラウンド1からファイナルまで難しいコンディションにもかかわらず、トライアスロンのようにハードなラウンドを克服しASP初優勝を手に入れた。彼はイベントを通して素晴しいパフォーマンスを披露し、ファイナルでも圧倒的な強さを見せた。「アウトでは何も聞こえなくて、お互いに情報を交換していました。」と、カノアが言った。「今回はコンテストで自分が経験した中で最も強い風でしたね。そんな中で優勝出来て最高に嬉しいです。」彼のホームである、ハンティントン・ビーチのトレーニング・グラウンドを思い出させるオンショア・コンディションで優勝したカノアは、ASP北アメリカのプロ・ジュニア・シリーズにおけるハイシード獲得に向けた貴重なランキングポイントを獲得した。「僕はハンティントンでいつもサーフィンするんですけど、風が強いことが多いですね。」とカノアが言った。「こんなに風は強くないですけど、似たようなビーチブレイクで練習しています。そして今回の大会のために用意したサーフボードが最高でした。これに勝てるなんて思っていませんでした。自信はあったんですが、ここに来るまで優勝出来るフィーリングではなかったんです。上手くやってポイントを稼ぎたいと思っていたんです。たくさんヒートをメイクするたびに優勝出来るかもって思い始めていました。ファースト・ラウンドのスタートから勢いに乗れました。」 SURF MEDIA


Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

|

« 横連凧 | Main | GREG NOLL RICKY GRIGGS Surfing Hawaii 1967 Piapo Board »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カノア五十嵐がASPプロジュニア初出場でプロ初優勝:

« 横連凧 | Main | GREG NOLL RICKY GRIGGS Surfing Hawaii 1967 Piapo Board »