« No surf ! | Main | ブログ年賀状 »

January 10, 2012

Hiroto Arai JPN

【2012年1月9日月曜日】今シーズン最初のASPスターイベントとなるチャンピオンシップ・ムーブス・オープンがオーストラリアのベルズ・ビーチで終了。メンズスターイベントとプロジュニアのダブルエントリーをしていた日本の新井洋人が、メンズオープンで準優勝。プロジュニアでも3位入賞を果たした。2012年のチャンピオンシップ・ムーブス・サーフィン・フェスティバルのファイナルデイは、素晴しい4フィート(2メートル)のベルズ・ビーチで行われ、男子オープンとプロ・ジュニア・ディビジョンのイベント・チャンピオが決定した。昨日まではベルズ近くのジャン・ジャック・ビーチで行われていたが、最終日はサイズアップしたベルズ・ボウルで、レール・カーヴィングとパワーハックが炸裂。高得点がスコアされる激しいバトルが繰り広げられた。ジョルディ・ワトソン(NSW/AUS)は、早朝に行われたプロ・ジュニアのファイナルで第2位でフィニッシュした後にチャンピオンシップ・ムーブス・オープンで優勝した。ワトソンは、イベントを通してビッグスコアを記録したが、長くクリーンなウォールを持つベルズビーチで再び最高潮に達した。「一週間ずっと良いサーフィンが出来ていた感じがします。2つのファイナルをメイク出来たなんて信じられません。」と、ワトソンが言った。「ジュニアのファイナルで、ウエイド(カーマイケル)が良い波を全部乗ってしまったので、それで火がついた感じでしたね。昨年は腰の怪我で苦しんだので、ここでいい感じサーフィンが出来て、最高でした。」チャンピオンシップ・ムーブス・オープンで2位となり、プロジュニアで3位となった新井洋人(ジャパン)は、イベントで最も好調なサーファーだった。そして、ヤング・ジャパニーズ・サーファーは、ベルズ・ボウルで有望振りを存分に見せた。「今回のビクトリアが初めてで、ベルズで初めてサーフィンしました。かなり難しかったですね。」と新井洋人が言った。「でも、僕のチームマネージャーが、テイクオフの場所などを教えてくたお陰で、本当に良い波を掴む事が出来ました。最高に嬉しいですね。他の選手はみんな良いサーフィンをしていましたから、ASPスター・イベントのファイナルとプロ・ジュニアのセミファイナルをメイク出来て最高ですよ。」第2の故郷とも言えるオーストラリアで、積極的にコンペティションに参加する新井洋人。昨年末には、オーストラリアのサンシャインコーストで行われたリップ・カール・グロムサーチで優勝するなど、少しづつ結果が出始めている。2012年1月21日からゴールドコーストでスタートするASPワールドジュニアツアー最終戦となるビラボン・ワールド・ジュニア・サーフィン・チャンピオンシップには、日本代表選手のひとりとして出場する事が決定しているヒロ。昨年の11月から親元を離れ、オーストラリアでハードなコーチングを受けながら、世界大会へ向けた調整をしている。そんなトレーニングの甲斐あって、この数ヶ月で体重も増え、持ち前のシャープなサーフィンにパワーが加わった。この調子でゴールドコーストでも自分のサーフィンを見せてくれ! 頑張れ洋人! 頑張れ日本。


Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

|

« No surf ! | Main | ブログ年賀状 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Hiroto Arai JPN:

« No surf ! | Main | ブログ年賀状 »