« Final Day Highlights - 2011 Swatch Girls Pro France | Main | 怪我した時の »

June 16, 2011

カノア五十嵐がリップ・カール・グロムサーチでダブル優勝

Kanoa

リップ・カール・グロムサーチは、グロムのために開催される世界的なシリーズイベント。世界中で画一化されて行われている,このイベントは、サーフィンというスポーツの発展のためグロムをセンターステージに押し上げる。アメリカのリップ・カール・グロムサーチは、今年11月にサンフランシスコで開催されることが決定したASPワールドツアー「リップ・カール・プロ・サーチ」で,ナショナル・ファイナルが開催される予定になっている。今年のノース・アメリカン・シリーズは、4つの地域のチャンピオンシップ・イベントでハワイ戦、フロリダ戦、ノースカロライナ戦の優勝者とハンティントン戦の上位3名がナショナル・ファイナルへ進むことが出来て,リップ・カール・グロムサーチ・ナショナル・チャンピオン・タイトルをかけて争う。そんなリップ・カール・グロムサーチ第1戦が6月11-12日にハンティントンビーチで開催され,カノア五十嵐がアンダー16とアンダー14の2ディビジョンを制覇し,ダブル優勝を決めた。ファイナルではカノアをはじめ,カラニ・デビッド、コリン・モラン、ジェイク・マーシャルといったプロ予備軍の選手たちが強さを見せつけた。カノアはホームブレイクでの強みでファイナルを終始リード。アンダー14のファイナルでは,8.0と8.5をスコアして圧勝した。「波は、最高に楽しかったですね」とカノアが言った。「板の調子が凄く良かったんです。優勝出来て凄く嬉しいです。僕は5年もグロムサーチに出場しているんですよ。」とコメント。日本だけでなく世界中から注目されるサーファーである13才の五十嵐カノアは、今年の5月にペルーで行われたクイックシルバーISAワールドジュニアチャンピオンのアメリカ代表選手として選ばれた。またアメリカのNSSAで1シーズンに30回という最多優勝記録の保持者であり、昨年は、NSSAナショナル・チャンピオンシップスのボーイズクラスで優勝し、全米タイトルを獲得した。先日もニューポートビーチで行われたVOLCOM の世界大会「VQS CHAMPIONSHIPS」のグロムで優勝し,キャリアを重ねるカノア。今後もカノアの活躍に期待し,世界で活躍するカノアにエールを送ろう! SURFMEDIA 

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

|

« Final Day Highlights - 2011 Swatch Girls Pro France | Main | 怪我した時の »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29945/51958859

Listed below are links to weblogs that reference カノア五十嵐がリップ・カール・グロムサーチでダブル優勝:

« Final Day Highlights - 2011 Swatch Girls Pro France | Main | 怪我した時の »