« 消灯した道頓堀のシンボル「グリコ看板」 | Main | 地震関連情報4 »

March 13, 2011

日本昔ばなし

地震発生後ほとんどのテレビは特番を続け地震情報ばかりを流しています、地震を経験した子供たちは精神的に大きなショックを受けており、地震を再現したニュース等を見せるのは良くありません、出来れば以下のような注意が必要です。
○子どもに安心感を与えるように努力する。言葉だけではなく抱きしめたりするのも良い。
○子どもが悲しみや恐怖の感情を話すようなら、十分に聞いてやる。恐怖の体験を思い出して、パニックになっているようなら、災害時と今は違うという事を子どもが理解できるように時間をかけて話す。
○24時間、子どもを独りぼっちにしない。
○他の子どもとよく遊ばせる。
○年齢によっては、手伝える事があれば手伝いをさせ、自分が役に立つ存在として実感させる。


Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

|

« 消灯した道頓堀のシンボル「グリコ看板」 | Main | 地震関連情報4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本昔ばなし:

« 消灯した道頓堀のシンボル「グリコ看板」 | Main | 地震関連情報4 »