« ASP Awards Ceremony - 2010 ASP Champions | Main | ロングビーチ »

February 26, 2011

快挙!

Jump

【オスロ共同】ノルディックスキーの世界選手権第3日は25日、オスロで行われ、2014年ソチ五輪の新種目候補になっているジャンプ女子ノーマルヒル(HS106メートル、K点95メートル)で14歳の高梨沙羅(北海道・上川中)は92メートル、93メートルと伸びず195点で6位だった。渡瀬あゆみ(神戸クリニック)が192・8点で7位に続き、葛西賀子(日本空調)は12位、伊藤有希(北海道・下川商高)は15位だった。2回とも97メートルのダニエラ・イラシュコ(オーストリア)が231・7点で優勝。表彰式でガラスのカップを受け取った高梨は晴れやかな笑みを浮かべた。ジャンプ女子で6位に入賞し「ここまで戦えるとは思っていなかった」。メダルに届かなかった悔しさはある。しかし14歳のジャンパーにとっては初の大舞台で戦った充足感の方が大きかった。観客席からは飛躍が見えないほどジャンプ台は濃い霧に包まれていた。高梨には初めての経験で、スタート位置で「雲の上にいるみたい」と感じていた。1回目は踏み切り地点が見えず、飛び出すのが遅れた。「前半は良かった」という2回目も後半に失速。いつもの伸びがなく、いずれもK点手前で着地した。直前のコンチネンタル杯で2連勝し、大会に乗り込んだ。7回飛んだ公式練習では6回が飛距離トップで、試合直前の試技でも最長不倒の105メートルを決めた。あまりの好調ぶりに海外のメディアからも取材を受け「少し緊張した」という。オスロ入りしてから初めての失敗ジャンプが大事な1回目に出た。「大切なところで力を発揮できるようになりたい」と反省した。2年後には世界選手権、3年後にはジャンプ女子が新種目候補のソチ五輪がある。表彰式の直後に「やっぱり格好いい」とメダルを首から下げた3人を見詰めながら「まだまだチャンスはある」と続け、さらなる成長を誓った。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

|

« ASP Awards Ceremony - 2010 ASP Champions | Main | ロングビーチ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 快挙!:

« ASP Awards Ceremony - 2010 ASP Champions | Main | ロングビーチ »