« QUIKSILVER PRO 2011 | Main | Marcus Hellner: Going for Gold »

February 28, 2011

LIBIYA

Maun0005524m

【ザルジス(チュニジア東部)=貫洞欣寛】外務省からの退避命令を受けてリビアからチュニジアに25日夜、脱出した西ケ広渉(にしがひろ・わたる)・駐リビア大使が26日、朝日新聞の電話取材に応じた。リビアの状況について「政権側も反政権側も、もはや徹底抗戦しか選択肢はない。これから先、かなりの流血がありえる」と述べ、両派の全面的な武力対決への発展に懸念を示した。 西ケ広氏によると、大使館のあるトリポリ西部は24日まで静けさが保たれていた。各地で武装した政権側治安部隊が検問を設け、反体制派の流入を防ごうとしていたという。空港に向かう幹線道路では戦車も配置されていた。 一方、数日前に反体制派に焼き打ちされた全国人民会議場では、煙が内部から上がり続ける中、外部のペンキ塗り直し作業が始まっていた。カダフィ政権側が、今後も権力掌握を続けるとの意思表示と受け止めたという。 状況が大きく変わったのは、25日午後の金曜礼拝後。トリポリの東西から反体制デモ隊が市中心部の緑の広場を目指したが、政権側が実弾発砲し、多くの死傷者が出た。 西ケ広氏は「周囲が想像するよりも1日早いタイミングで物事が動いている。カダフィ体制が生き残れば、反政権派は徹底的に弾圧される。一方、カダフィ氏にも退陣の余地はない。流血の事態が予想される」と語った。

どうにも中東、アラブはきな臭い状況になってしまったね、この記事にもある西ヶ廣渉大使(愛知県名古屋市出身。東海中学校・高等学校を経て、1974年に一橋大学経済学部を卒業し外務省入省。オックスフォード大学卒業。)ってことで高校の2年後輩になるんだけど、 なにが凄いってそもそも今回の騒動の発端となった駐チェニジア多賀敏行大使(三重県出身。中学から愛知県名古屋市に出て東海中学校・高等学校に進学。1974年に一橋大学法学部を卒業し、外務省に入省。1977年ケンブリッジ大学大学院修了)と、この二人がまったくの同級生なんでビックリだわ。こんなことがあるもんなんだねぇ、あの・・・ぉ、使った写真はまったく関係ないから念の為。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

|

« QUIKSILVER PRO 2011 | Main | Marcus Hellner: Going for Gold »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference LIBIYA:

« QUIKSILVER PRO 2011 | Main | Marcus Hellner: Going for Gold »