« Bic | Main | Fred Patacchia Moments »

February 24, 2011

日本のサーフィンを引き継ぐ次世代「ジュニア」に一環した育成を行うプロジェクト「Japan Junior Project 」が始動

Jjp

いま「サーフィン」が盛んに行われている国では、「サーフィン」というスポーツの発展のために、子供たちを育てる活動が組織的に行われている。 「サーフィン」というスポーツを強くするためには、早くから育成する必要があるという理由だけでなく、次世代の才能が新しい「サーフィン」を創るという要素もあるからだ。日本も国内で、日本人選手の育成を行って来た。ASP JAPANはここ数年、ジュニアとその下の世代に対し、 世代別のカテゴリーを作り、経験を積ませる大会を開催している。しかし、サーフィン先進国のオーストラリア、アメリカ、 ハワイに続き、サーフマーケットの規模だけでも進んでいた日本の実力は、今やブラジル、南アフリカに抜かれ、さらには ヨーロッパの各国にも追い越されてしまった。日本ではジュニア選手に対し、技術面、精神面を含めたサポートが十分できていないのが現状で、 選手個人に任せているのが実情だ。各国は国を挙げてジュニアを育てているのに対し、日本は選手自身が戦っている。 しかし、「国対個人」では敵うわけもなく、このままでは世界との差は広がるばかり。これが日本のサーフィンの現実だ。そんな現状から、ついに国内から海外まで一貫しての指導を行う「勝つ」選手を育成する「Japan Junior Project」 が動き始めた。これは、日本代表コーチ及び専任スタッフを雇用し、 国内から海外まで一貫して指導を行っていくという次世代「ジュニア」の育成プロジェクト。厳しい日本の現状を踏まえ,どこか一つが大きく負担するのではなく、協会、メーカー、媒体、日本のサーフィン業界全体が少しずつ負担をし、ジュニア選手を育てようというものだ。現段階では、田中樹、田嶋鉄兵、ジェイソン・シバタ、間屋口香といったメンバーが、日本代表コーチとして、このプロジェクトに参加してくれることになっており、その他、臨時を含め複数人に交渉中だ。彼らは,国内のASP JAPAN ジュニアシリーズ(4月~8月)の間に大会を視察し、代表候補選手を選抜。 最終的には8月末までに日本代表選手( BOYS 5名、GIRLS 2名)を選出。 今季3戦が予定されているASP INTERNATIONAL が開催するWORLD JUNIOR 大会の為の強化合宿を開催したいと考えている。
Japan Junior Project 事務局 / 担当:山本
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸2-16-2 1F TEL :0466-30-2888 Fax: 0466-30-2889

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

|

« Bic | Main | Fred Patacchia Moments »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本のサーフィンを引き継ぐ次世代「ジュニア」に一環した育成を行うプロジェクト「Japan Junior Project 」が始動:

« Bic | Main | Fred Patacchia Moments »