« SUBARU | Main | Day 3 & 4 Highlights - Breaka Burleigh - 4 Star ASP World Tour event »

February 21, 2011

湯浅、自己最高の6位入賞

Shinichiro222280

【ロンドン時事】アルペンスキーの世界選手権最終日は20日、ドイツのガルミッシュパルテンキルヘンで男子回転が行われ、トリノ五輪同種目7位の湯浅直樹(スポーツアルペンク)が2本合計タイム1分42秒68で6位に入賞した。湯浅は1回目で9位につけ、2回目でさらに順位を上げた。これまで世界選手権では18位が最高で、五輪と世界選手権を通じて自己最高をマークした。これまでの世界選手権男子回転で日本勢は、猪谷千春が1958年大会で銅メダルを獲得しているが、湯浅は78年大会で海和俊宏が7位に入った成績を上回った。2007年大会3位のジャンバプティスト・グランジェ(フランス)が合計タイム1分41秒72で初優勝。大越龍之介(東海大)は28位、佐々木明(エムシ)は2回目でゴールできなかった。 

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

|

« SUBARU | Main | Day 3 & 4 Highlights - Breaka Burleigh - 4 Star ASP World Tour event »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 湯浅、自己最高の6位入賞:

« SUBARU | Main | Day 3 & 4 Highlights - Breaka Burleigh - 4 Star ASP World Tour event »