« 坂の上の雲 | Main | 秋山真之 »

December 08, 2010

秋山好古

Y1making01_main06Y2making01_main07Y3making01_main08Y4making01_main09

・安政6年(1859年)1月7日:伊予松山城下(現・愛媛県松山市歩行町)に松山藩士・秋山久敬、貞の三男として生まれる。名前の由来は論語の一節「信而好古」より。秋山家は足軽よりも一階級上の位で家禄10石程の下級武士(徒士身分)だった。藩校明教館へ入学し、家計を支えつつ学ぶ。このころ、天保銭一枚(100文に相当)にて、銭湯の水汲み、釜焚き、番台の管理をやっていた。
・明治8年(1875年):大阪師範学校受験。
・明治9年(1876年)7月:大阪師範学校卒業。大阪府北河内(寝屋川市堀溝)58番小学校、名古屋師範学校附属小学校勤務。
・明治10年(1877年)5月:陸軍士官学校(旧制3期生)に入学。
・明治12年(1879年)12月23日:陸軍士官学校卒業。任陸軍騎兵少尉。東京鎮台に配属される。
・明治13年(1880年)
 2月28日:東京鎮台騎兵第1大隊付となる。
 3月22日:秋山家の家督相続(病床の兄則久の代替)。
 6月5日:正八位に叙位。
 7月2日:東京鎮台騎兵第1大隊小隊長に異動。
・明治16年(1883年)
 2月28日:任陸軍騎兵中尉。
 3月16日:陸軍士官学校騎兵科教官に異動。
 4月7日、従七位に昇叙。
 4月9日:陸軍大学校(1期)入学。
・明治18年(1885年)12月28日:陸軍大学校卒業。参謀本部勤務。
・明治19年(1886年)
 4月12日:東京鎮台参謀に異動。
 6月2日:任陸軍騎兵大尉。
・明治20年(1887年)7月25日:サン・シール陸軍士官学校に留学した久松定謨の補導役としてフランスへ渡り、騎兵戦術の習得に努める。
・明治24年(1891年)
 12月13日:帰国。
 12月26日:騎兵第1大隊中隊長に異動。
・明治25年(1892年)
 4月27日:陸軍士官学校馬術教官に異動。
 11月1日:任陸軍騎兵少佐。
・明治26年(1893年)
 1月11日:従六位に昇叙。
 4月2日、佐久間多美子と婚姻。
 5月5日:騎兵第1大隊長に異動。
・明治27年(1894年):日清戦争に従軍。
・明治28年(1895年)5月10日:任陸軍騎兵中佐。
・明治29年(1896年)
 3月24日:正六位に昇叙。
 8月15日、陸軍乗馬学校長に異動。
・明治30年(1897年)
 10月11日:任陸軍騎兵大佐。
 10月30日:従五位に昇叙。
・明治31年(1898年)10月1日:陸軍騎兵実施学校長に異動。
・明治32年(1899年)10月28日:陸軍獣医学校長を兼務。
・明治33年(1900年)7月17日:第5師団兵站監に異動。
・明治34年(1901年)
 5月30日:軍司令官山根武亮少将の清国駐屯軍参謀長に異動。
 7月4日:清国駐屯軍守備司令官に異動。
・明治35年(1902年)
 6月21日:陸軍少将に昇任。
 10月20日、正五位に昇叙。
・明治36年(1903年)4月2日:騎兵第1旅団に異動。
・明治37年(1904年):日露戦争において、騎兵第1旅団長として出征し、第2軍に属して、沙河会戦、黒溝台会戦、奉天会戦などで騎兵戦術を駆使してロシア軍と戦う。また秋山支隊からロシア軍の後方攪乱のために派遣された永沼挺身隊の活躍は、小説『敵中横断三百里』によって有名となっている。その後、「日本騎兵の父」とも呼ばれた。
・明治39年(1906年)4月:金鵄勲章功2級受章。
・明治40年(1907年)11月11日:従四位に昇叙。
・明治42年(1909年)8月1日:任陸軍中将。
・大正元年(1912年)12月28日:正四位に昇叙。
・大正4年(1915年)2月15日:近衛師団長に異動。
・大正5年(1916年)
 1月31日:従三位に昇叙。
 8月18日:朝鮮駐剳軍司令官に異動。
 11月16日:任陸軍大将。
・大正6年(1917年)8月6日:軍事参議官に異動。
・大正8年(1919年)
 3月10日:正三位に昇叙。
 5月12日:馬政委員会委員長に異動。
・大正9年(1920年)12月28日:陸軍教育総監となり、陸軍の最高幹部の一人となる。また、軍事参事官を併任。
・大正12年(1923年)
 3月17日:予備役に編入(元帥位へ推薦の話もあったが本人が固辞した)。
 4月30日:特旨をもって従二位に叙位。
・大正13年(1924年)4月:北予中学校(現在の松山北高校)校長就任。退役陸軍大将の仕事としては全くの異例(格下)であったが、本人の強い希望だったと言われる。
・昭和5年(1930年)
 4月9日:校長辞任。
 11月4日:糖尿病による心筋梗塞により東京の陸軍軍医学校で永眠。享年71。墓所は松山市の鷺谷墓地。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

|

« 坂の上の雲 | Main | 秋山真之 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 秋山好古:

« 坂の上の雲 | Main | 秋山真之 »