« November 2010 | Main | January 2011 »

December 31, 2010

寒いねぇ

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ありがとう

結局なんだかんだと言い訳してこの寒さに負けてしもた、今年の乗り納めはあの日本海だったってことでした。今年一年我ながら心配していた体力の低下はそれほどでもなかったけど気力がねぇ、もうマウンチャンに習って寒い時はあんまし無理しないようにします、前にも書いたけどもうおまけのような人生なんで好きにさせてもらおうかと、来年も「わがまま」で行くのが長続きと長生きのコツのような気がするんでよろしく。今年もあちこちで多くの方々のお世話になりました大晦日の場を借りて「ありがとう」をお届けします。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2010

カラオケ忘年会

Karaoke11Karaoke22Karaoke33Karaoke44

今年の最後を飾ったLCカラオケ忘年会、何年ぶりかの女子大小路は信じられないような価格崩壊状態、かっての栄光を訪仏とさせるクラブ?スナックでは何とドリンクが200円、おつまみは100円からという居酒屋価格、おかげで皆が安心して飲みすぎてしまいましたがな、満を持して登場した私は「高校三年生」を熱唱しておりましたが、まさにカラオケは世代が解るとの通り急きょ2番からは北村さんが登場しついには全員で大合唱となりました、その後もカラオケのリクエストはとどまることを知らず、女子大小路の夜は更けていったげなです。今年の〆として最高の忘年会でございました、でもなんでこの人だけ泣いてんの?  撮影 北村守 (アレレご本人が写ってるじゃん?)

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

40th Annual Haleiwa International Open

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Catching the Line in 2011

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1970.SKI

1969shigaSki1970

参った・参った・・・お掃除中に見つけたSKIの写真が福島のウエットとの光物つながりで記事にしようと思って念のために古い記事をチェックしてたら2枚とも2008年1月に使ってた、まあこんな前のことなんて覚えてないから当然かも、ひよっとすると昨日のBALIの写真も使っていたかもしれんです、当時の記事は
「大学4年のまさにピークだったころの2枚で、左はスラロームの練習中、当時憧れてたのがフランス流だったのでセーターもおかにもフランス、スキーはロシニヨールのストラート、ブーツだけはどうしてもレタポアが合わなくて最先端だったラングコンペでした。右は五大学対抗戦大回転で会場は志賀高原東館山、前年に勝っていたのでまさに大本命でしたが転倒してパーァだったような?スキーは大回転用のフィッシャーメタルで2m10はあったんですよ、ウエアーは全て光物・・・派手好きは当時から変わってませんな~。」
まさに上から下までピッカピカだった頃でした。

Netskidaikaitenakarui

おやおや・・・よくよく見たら同じ大会でも写真が違ってたね、ホッ、なあどちらにしても全盛期の頃ですな。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2010

1983.BALI

1983bali

この写真も昨日の大掃除で発見、この頃の記憶が薄いんだけど1983年はBaliHighが発売された年なんでたしかボトルの写真とか撮りにいったような気もするが?今見るとこの頃ヒゲがあったんだねぇ、誰と行ったのかもまったく記憶にございませんから~。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Bali Hai

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

完璧

Kanpeki

やっとの思いで使いやすい環境になりました、これでもう自宅からも完璧なアップが出来るようになります。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

到着

Pc

忘年会から帰ったらPCが届いてた、今朝から早速設定やら移行でドタバタ、何年もXPだったんでなかなか7に慣れなくて大苦戦中。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2010

忘年会

3nin

今夜はカラオケだぁ〜!

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マイクロ・モビリティ スーツケース

Skate11Sukate22Skate33

これ売り切れらしいけどマジで欲しいよぉ。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1986年8月24日(日)福島

Fmutofinal6Fmuto1Fmuto2_2Fmuto3

今日が仕事納めなんで朝から大掃除中なんだけど、やっちゃうんだよなぁ、途中で何か見つけて止まってしまうの・・・、今大昔の全日本アルバム見つけたんで仕事止めちゃったがな。懐かしいなぁ、若いしど派手やなぁ、当時はまだファイナルが6人だったんだっけ、この頃のボードは宇佐美潤シェープのカントリーラインなんだけどまあBaliHigh関連のディケールが派手だことね、それと写真じゃ判らんけどこのウエットはシルバーとブルーのメタリックでっせ、しかし当時からもう頭は危機的だったんだわ。

SsiniafinalFteamaichi

こちらは左がシニアクラスのファイナル、右で手を挙げているのが愛知の内藤選手、左から3人目がチーム高浜のドガちゃんだ!。右の写真はTeamAICHIかなぁ?皆お若いこと、特に座ってる中井君は今とまったく変わらんから凄いわ。

Fshunpei

ギャっ、俊平ちゃん若っ!!!

Fkaijou1Fkaijou2Fkaijou3Fkaijou4

会場となった福島の左右田浜?、ファイナルの時はフラッグでも判る通りオンショアでサイズもあり厳しい波だった、乗るとゲットが出来ず走って堤防から飛び込んだ記憶があるな、走ってる途中で藤田くんからワックス借りたこともあったしね、もうかれこれ25年も前の事なんだと思わずうなってしまったんです。さてっとお掃除に戻ります。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Daron Rahlves wins Red Bull HüttenRally

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第0次世界大戦

MeijitennouNikorai22Kaiser_wilhelm_iiFdrfiresidechat2

昨夜まったくの偶然でタイトルに惹かれて録画した番組を今朝ゆっくりと見てみた、最近言われているようなんだけど日露戦争を20世紀初の世界大戦として見る研究についての内容で今まで眠っていた各国の資料を調べて検証してておもしろかった、今も昔も世界は国益という陰謀の中で動いているようだ。妖怪山県有朋ですら現在の政治家に比べると頼りがいがありそうに見えてきてしまう現状が情けない。
旧満州の旅順。かつて日露戦争で激戦となった地域。港は50隻の軍艦で埋め尽くされていた。当時の要塞が観光地となっている。日露戦争は砲弾など近代兵器が使われた最初の戦争といわれる。司馬遼太郎の描いた「坂之上の雲」、あれから40年、日露戦争は世界大戦だったのではないかという研究が進んでいる。ロシアの公文書に、ロシアが日本と講和を結ぼうという計画があったことが記されていた。イギリスはロシアとの領土拡大にとって、日露戦争は歓迎すべきものであり、ドイツはロシアを焚きつけていた。アメリカはパワーゲームに加わろうとしていた。日露戦争の背後で欧米列強の思惑が渦巻いた。19世紀、欧州列強の植民地分割が進み、それは清王朝だった中国にも及んだ。旧東清鉄道はロシアが敷設した。「満州里」という街はロシアによってつくられた。今でもロシアの兵舎跡が残る。ロシアは鉄道を守るという名目で続々と兵士を送り込んでいた。軍事動員して進めた鉄道建設はロシアの国家プロジェクトだった。首都サンクトペテルブルグとウラジオストックを結ぶシベリア鉄道は、中国国内の地域にも鉄道を敷いた。それが東清鉄道だ。指揮したのはウィッテ。石炭などを運ぶ大きなメリットがあった。10年を費やして建設された。日本はというと、まだ貧しい国で、弱肉強食の帝国主義時代、日本はロシアの南下に危機感を抱いていた。その利益線は朝鮮半島にある日本は、独立を維持するためには守らなければならない一線があった。ドイツ皇帝ウィルヘルム2世がロシア皇帝のニコライに送られた文書には、黄色人種・仏教徒からキリスト教世界を守れと記されていた。黄色人種が災いをもたらす!という考えを持っていた。ドイツはロシアにアジアを向くよう仕向けていた。何故ウィルヘルム2世はそうしたかったかというと、ドイツはイタリアなどと三国同盟を結んでいた。対するフランスは露仏同盟を結んでおり、ドイツはロシアの目を極東に向ける必要があった。ロシアの軍勢を極東に向ければ、ドイツはロシアを恐れる必要が無くなり、逆にフランスに攻め入る機会をも獲得することができるからだ。ロシアはこの誘いに乗る。ロシアの極東進出に危機感を持ったのがイギリス。北京が重大な危機に晒され、イギリスは揚子江中心に大きな利益を得ていたが、それが脅かされることを恐れた。ロシアが清朝に圧力をかけて、イギリスの権益を奪うのではないかと考えた。ロシアは東清鉄道敷設に伴い昴昴渓という満州の町にも進出。ロシアは低賃金で中国人を雇い、働かせた。中国人の反発が強まったが、逆に旅順の租借も決めた。南満州鉄道の建設も始まった。しかし中国人労働者などが義和団事件を起こし、運動は満州全土に広がった。ロシアは11万人の兵力を派遣してこれを鎮圧。日本はこのロシアの兵派遣に大きな危機感を抱き、小村寿太郎は外交交渉によって、朝鮮半島の権益を守ろうとした。いわゆる「満韓交換論」である。小村はウィッテとの交渉に臨むが、案は受け入れられなかった。日露交渉決裂後、イギリスロンドンで、ある大きな動きが起こる。ドイツ皇帝ウィルヘルムがイギリスが同盟国を求めているという情報を得て、その相手に日本を勧めようと考えた。20世紀初頭、世界にケーブルが敷設され、情報革命が起きていた。通信が早く行われるようになり、ドイツは日本の駐英林公使に、ドイツ・イギリス・日本の三国同盟を提案してきた。山県有朋はこの話にいち早く乗る。林はイギリスでその真意を探る。イギリスは当時アフリカのボーア戦争において疲弊し、中国での他の欧州諸国の進出にも気をもんでいた。キール・ニールソン海軍大学校教授は「イギリスは日本の海軍力を求めていた。」という。日英同盟はこうして成立し、ロシアを仮想敵国とした。この同盟にいち早く反応したのはドイツ皇帝ウィルヘルム。しかし三国同盟を持ちかけておきながらドイツは最後まで日英に加わることはなかった。ドイツは待てば待つほど有利になると踏んでいた。ロシア皇帝ニコライ2世は満州からの兵力撤退を進めると宣言した。その一方でシベリア鉄道は順調に稼動していった。そしてもうひとつの大国アメリカ。欧州中心の情勢から、アメリカは世界一の工業大国となり影響力を強めていった。製品の購買先を求めて、中国へと進出しようとしていた。その大きな障壁となったのがロシア。ロシアの撤兵はなかなか進まずに、アメリカは苛立っていた。1903年4月、アメリカは満州政府の解放を求めてロシアと交渉。ロシア軍の撤兵が進まないことに清国の晋親王も苛立っており、親王はアメリカの圧力を利用しようとした。小村寿太郎外務大臣は北京の日本公使に指示を出し、清国との条約を締結するようにした。アメリカの門戸開放政策推進に日本も乗っかろうとした。日米は清国との通商条約を締結。アメリカは日本を支援するということになった。アメリカは日露間で衝突があるかも知れないことを予測し、日本を支援しようとしていたのである。共同歩調をとった日米に対し、ロシアは門戸開放を承諾したが、ロシア兵力は撤退完了しなかった。日露同盟案。ロシアの公文書から新たな発見がされた。この同盟案は日本が提案した案に歩み寄るものだった。しかしこの後の交渉記録は無い。御前会議で交渉断絶が決議され1904年2月8日、日露開戦。日本は優位に戦況を進める。開戦を待ち望んだドイツ皇帝はここの時点でも、ロシアをけしかける文書をロシア皇帝に送っている。アメリカのルーズベルト大統領は、日本の優位な戦況を喜んでいた。その後、戦況は徐々にイーブンペースになっていった。その戦況をもっとも注意深く見ていたのがルーズベルトだ。「日本が戦争に勝ったらその果実を横取りされないようにすること」が指示されていた。ルーズベルトの仲立ちで講和条約が交わされた日露だった。日本は朝鮮半島の権益と満州の鉄道を得た。しかし満州の権益を巡って、今度は日米の対立が芽生えていった。日露戦争の影響は欧州にもおよび、イギリス・ロシア・フランスの同盟が結ばれて、ドイツが孤立する結果となった。ドイツは第1次世界大戦を引き起こし、そして第2次世界大戦では日米が闘うことになった。日露戦争は世界を巻き込んだ大きな戦争の端緒となった。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2010

Hyundai Pro Longboard Tour 2010


More Surfing Videos

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Snow problem for DC

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2010

井上蒲鉾店

井上蒲鉾店
鎌倉市由比ヶ浜にあるお店の蒲鉾をたくさん鎌倉のサーファーから送って頂きました、中でも生でわさび醤油で食べてとあったこの梅花はんぺんは絶品です、こんな食感は初めてかも、彩りも楽しめるしお勧めです。 井上蒲鉾店

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チーズケーキ

チーズケーキ
クリスマスケーキを探しに行ったデパートであんまり可愛くて余計に買ってしまった。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマス

クリスマス
昨夜は大勢集まってのパーティーで早々と飲み過ぎてダウンしてしまった、今朝はおかげで早起き出来ず場合によっては行くつもりの某ポイントもパスしてしもた。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2010

Eddies Day - Quiksilver - OFFICIAL Surf Trailer

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パス1

今朝も早よから波情報のチェック、伊良湖はどん吹きで抑えられてほぼ全滅、日本海は出来そうなとこもあるけどなんせ大雪、北陸道は木之元からチェーン規制と聞いてギブアップ。噂じゃ湘南・千葉がええらしいけど遠すぎるし、伊良湖は冬眠する時期なんだわさ。

こんな太東が恨めしやぁぁ~

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2010

Merry X'mas


賛否はともかくもバブル全盛期のこの頃が懐かしいなぁ、毎日が盛り上がってて今よりよっぽど楽しかったんじゃね?

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

El Fronton: The Highlights

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SOMA AIR BAG


SOMA
Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PC

Inspiron15rrightblackalternate314

我が家のPCは年代物でいつ買ったかも記憶にないけどフロッピーのスロットあるから相当古いのは間違いないね。せっかく光ファイバーを引いたのにまったくPCがついていけなくて毎回イライラしっぱなしで殆ど床の間の置物状態だ、それでも家族はそれぞれノートがあって無線ランなんで問題ないんだけど私の使えるのがなくて困ってまあした、年末に良い売り物が出たのでこの機会にDELLのノートを発注してしまいました、何とか年内には届くようなんだけどこの価格でこのスペックは如何です?

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2010

決定!

Asp

ノースショア、オアフ/ハワイ(2010年12月7日火曜日)2010年のシーズンが全て終了して、2011年のASPトップ34が確定。ASP史上最もエキサイティングなシーズンがセッティングされた。2つのASPワイルドカードは、カイ・オットン(AUS)とゲイブ・クリング(USA)に決まり,そこに2010年のASPワールド・ツアーのトップ22と、ASPワールド・ランキングから10名が加わり、ASPトップ34が決定した。「2つのASPワイルドカードと2011年のASPトップ34のシード・リストが下記のように決定された」とASPワールド・ツアー・マネージャーのレナート・ヒッケルが言った。「2011年のシーズン前半に行われる、いくつかのクオリファイ・イベント(プライムとスター)によって、シード順が変更されることがあるので注意して欲しい」また、2011年のASPワールドツアーは、現時点で予定されているアメリカの東海岸で開催予定の第6戦が終了した後,メンバーの入れ替えが行われ,第7戦のトラッスルズのハーレー・プロから新しいメンバーが出場することとなる。この新しいASPトップ34は、ASPワールド・ランキングから厳正に決定されるだろう。ASPウイメンズ・ワールドツアーのトップ17は、ASPワイルドカードが割り当てられ,メディカル・チェック後に発表される予定。
1. ケリー・スレーター(USA)
2. ジョディ・スミス(ZAF)
3. タジ・バロウ(AUS)
4. ミック・ファニング(AUS)
5. ビード・ダービッジ(AUS)
6. デーン・レイノルズ(USA)
7. エイドリアン・バカン(AUS)
7. オーウェン・ライト(AUS)
9. ジェレミー・フローレス(FRA)
10. エイドリアーノ・デ・スザ(BRA)
11. C.J.ホブグッド(USA)
12.ミシェル・ボウレズ(PYF)
13.クリス・デーヴィッドソン(AUS)
14.ジャドソン・アンドレ(BRA)
15.ダミアン・ホブグッド(USA)
16.キーレン・ペロー(AUS)
17.ブレット・シンプソン(USA)
18.ジョエル・パーキンソン(AUS)
19.テイラー・ノックス(USA)
20.ヘイター・アルベス(BRA)
21.マット・ウィルキンソン(AUS)
22.ボビー・マルチネス(USA)
23.フレデリック・パターチア(HAW)
24.カイ・オットン(AUS)
25.パトリック・グダスカス(USA)
26.ティアゴ・ピレス(PRT)
27.アダム・メリング(AUS)
28.ダニエル・ロス(AUS)
29.ラオニ・モンテイロ(BRA)
30.ジョシュ・カー(AUS)
31.アレホ・ムニーツ(BRA)
32.ダスティー・ペイン(HAW)
33.ジュリアン・ウィルソン(AUS)
34.ゲイブ・クリング(USA)

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

参ったなぁ

IiboshiHigasio

ワンちゃんのお散歩終わり、うだうだしながらTV見てたらMCが飯干景子だった、ん?番組の終わりに再度紹介されたら東尾理子やったがな、どーでもええけどまったく判らんかったです。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

休日

休日
今朝は5時からあれこれ波情報をチェックした結果、伊良湖は波なし、日本海はお天気いまいちで海はとりやめ朝から飲み直してから二度寝して昼前に起き、二匹とお散歩してマッタリしてます、年内の海は微妙な感じです。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 22, 2010

還暦パーティー

Surf60th2011

サーファーは何か持っているとよく言われますが・・・・・それは「仲間」です。

我が国では益々高齢化が問題になってきておりますが、実はサーフィンの世界にもどんどんと高齢化のビックウエーブが押し寄せて来ております。たしか私が還暦を迎えたのが一昨年、そして今年はカルロスやらホーリーが還暦を迎えましたが、まあここまでは前座のようなもんでして、いよいよ来年度には真打ちが登場とあいなりました。伊良湖ロングボードクラシックの前会長だった伊良湖の生き字引「マイケル師匠」こと安部公司、それにロングビーチに住所変更して住みついた「ロンビのおやぢ」こと山本信道、名古屋最古のサーフショップ「ジェイビス」の頃から続けている田中康行。またゲストとして知らない人はいないでしょうという元OSAプロ「パンダ」こと浜国康、最近は親子でサーフィンを楽しむ天野明、以上の5名が揃って還暦をお迎えになるため、御祝の会を企画いたしました。いずれやってくる高齢化社会の良いお手本を示そうと頑張っておる方々をぜひ皆集まって励まそうではありませんか。
還暦記念パーティー
日時:2011年2月6日(日) 16:00~20:00
場所:ジ・エンポリウム   名古屋市中区栄3-10-14 PIVOTライオンビル9階
会費:5000円

*チケットご希望の場合には主催者までご連絡ください。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Gollito christmas part

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2010

ボードケース

Goods

最上級のプロテクション、軽量、コンパクト、耐久性を備えた世界最高峰のボードケースがあなたの大切なサーフボードを守ってくれる。デッキ&ボドム&レールサイドにAIRバッグに似たボードプロテクション機能を持つボードケース。それが SOMA AIR BAG 。(パテント申請中) SOMA AIR BAGの大きな特徴は、強度、耐久性を兼ね備えた最高品質の素材(トリプルPVCコーティング)を使用し3室(デッキ、ボトム、レール)に個別に分かれたAIR室がサーフボードを完璧に保護してくれる。どんなロッカーにも対処出来るマルチサイジング機能を持ち、シンプルなAIRバッグタイプのデザインは、画期的なアイデアから生まれた。強度&耐久性を兼ね持つジッパーに加えノーズ側にはプロテクションを兼ねたネームホルダー、テール側にもプロテクションパッチを装備。ボードを固定するためのストラップや、マルチに使えるポケットなど、トラベラーには必要な条件は全てクリアーしている。しかもボードを収納しやすいように、ケースの80%が開閉可能。ダブルケースにはボード間に5mmのウレタンシート。大きなケースからは考えられないぐらいにコンパクトに収納可能で、数千時間も重ねられたテストをクリアーしたパテントデザイン商品だ。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

World Record Practice Jump

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンタさんからのプレゼント?

Xmas

23日(木)は天皇誕生日の祝日ですが、どうもこの日が伊良湖で今年最後のうねりのような気配です、水温もガッチリと下がって来たようでブーツはもちろんお年寄りにはグローブも必要になりそうですが、もうひと頑張りしてみちゃいましょうね。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ティンク

ティンク
最近益々可愛くなってきてたまりません、毎日癒されるぅ。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2010

Billabong Pipe Masters - Final Day Highlights

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大群

土曜日、日本海の某ポイントに車を停めてビックリ、周りを猿の大群に囲まれておりました、50~100匹はいたんじゃなかろうか、結構大きなのもいて怖いもんですよ。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Shaun White´s trip to China

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

坂の上の雲

PostcardNhk11Nhk22

「日露開戦」
あー、もう今年のプレ最終回じゃないの。ホントにあっというま。あっというまだけど大変な見ごたえ。やっぱり、去年もそう思ったけど、このドラマ連続して半年、一年と見たら、とても身が持たなかったんじゃないかな~。もう、いろいろと濃すぎて。というわけで、プレ最終回とともに今年も終わりに近づいているわけですが、今週は、いよいよ日露戦争が開戦しますということで、その直前の、緊迫した空気が、マクロとミクロの両方の視点から描かれます。やっぱり、思うんだけど、大河ドラマ系には、このように、あんまり視聴者に親切にしすぎない程度に、てきぱきと史実を織り込んでいくのが大切だと思うんだよね。女子供でもわかるように…ってなると、天地人や龍馬伝みたいなことになるわけじゃないですか。逆に、視聴者を多少置き去りにしても、俳優の演技が優れていれば、見る人は喰らいついて見るもんだと思うしね。そんなわけで、今週は、いやーやっぱりNHKってすごいやね、これだけの俳優を一同に集められるんだから、と感心してしまい、さらに、NHKならではの暑苦しい…あ、いや、濃い演技派のベテラン勢が、いろいろと体を張って演じているのを見てさらに感心し、こんなことが出来るのは、いや、ベテラン勢がこんなことやるのは、NHKのドラマだけだよなと、あらためてNHKの底力というものを見た気がしました。その件については、後述します。というわけで、ますます濃厚に展開していきます、坂・雲2010プレ最終回。今週もお付き合いよろしく!

○ 真之の結婚
緊迫展開を前に、今週はちょっと乙女チックな話から。大陸から帰ってきた好古あにさんは、日本騎兵隊の本格改造に取り組んでいます。白い軍服がまぶしい。白い歯もまぶしい。なんか、ものすごく往年の…あの阿部寛の出世作(逆出世作?)、実写版「はいからさんが通る」を思い出す(爆)。んで、はいからさんが通る的な展開はさらに続きまして、こんどは弟の真之が、先週に引き続き、可憐な華族令嬢・季子さんとの恋バナです。八代少佐といっしょに、また華族のお嬢様たちのガーデンパーティーみたいなのにいった淳さんは、お嬢様たちの自転車クラブのなかに、季子嬢を発見。病院で桃をむいてもらっていらいの再会ですね。自転車大会で4等になってしまって、凹む季子嬢をなぐさめる淳さん。そのうち、自分もチャリンコに乗ってみたくなり、季子さんのチャリを借りて童心にかえってはしゃぐうち、心が前回になり、そしてふたりは…ええ、チャリをつうじて恋が生まれるというのは、古今東西の例を引くまでもなく世界共通の約束事。あえてベタとは言ってくださるな(ここで「冬ソナ」みたく二人乗りとかするんじゃないかと思ったけど…当時の自転車にはリアシートついてないのなw)、そして「まもなく戦争になりそうだけど、その前に少し昼寝をするから、季子さん付き合ってください」(!!!)とのプロポーズ言葉でもって、淳さんと季子嬢は、めでたくゴールインの運びとなります。この兄弟、結婚生活は男子の志を弱らせると信じていて、結婚後もそういう考え方だった、みたいなことをナレでいうんだけど、ドラマで見る限りそういう感じじゃなかったな。あにさんも、ふつーに愛妻家で、マイホームパパに見えた。まあ、そのへんの描写は、なんとなく世間一般に配慮して脚色を加えてる感じではありましたけど。

○あにさんinロシア・淳さんin連合艦隊・そして秋山家の人々。
淳さんは嫁をむかえ、うれしハズカシ新婚生活♪というところへ、ひさしぶりに律っちゃんがたずねてきます。なくなった子規の形見分けにきたんですね。あんなに濃厚だった子規の死をほとんど引きずらず、回想シーンもほんのちょっとしかなかったのは良かった。ベタベタ回想して思い出し泣きとかするより、パッと切り替えてしまったほうが、余韻が美しいように思いますから。過去の大河ドラマでも、いい作品ではみんなそうでした。律ちゃんもサッパリしてて、兄さんが新調していちども履かなかった下駄をもらってほしいと持ってきたりするんですが、これもちょっとジーンときちゃった。新妻の季子さんにも、最初、微妙に堅い表情をするんだけど、そのうち氷解し、なにげない会話からうちとけていく感じもとっても良かったですね。このあたりがミクロの部分として、ここから視点はダイナミックにマクロに振られます。騎兵隊長の好古あにさんは、ロシアからの招待をうけて、ニコリスクというところでのコサック騎兵の演習を見学にいくんですね。日本に対する示威行為なのですが、あにさんは大喜びで観戦にいき、そこで、こんなんと戦ったら日本軍の半分くらい死なないと勝てないだろう、とか思い、そして、ロシアの騎兵と仲良くなっちゃうんですね。さすがだわ。っていうか、酒飲めば敵もともだち、という好古あにさん。とりあえず酒を与えておけば最強なんですねこの人は。プロレスラーみたいなロシアの兵隊と腕相撲して、意気投合して、いっしょにコサックダンスをおどって(?)、君らには騎士道が、ワシらには武士道があるっ!戦場では堂々と戦おうじゃないかあ!!…とまあ、戦争っつーよりもワールドカップの前夜祭か、みたいな…。こういう、敵も味方も騎士道スピリットでシンパシーを持ち合っているような、そういう牧歌的な時代の最後だった、とナレでいうんですが、いやー、なんか、良い時代だったんですねえ…。そして、上のほーでは、対露開戦を睨んでちゃくちゃくと臨戦態勢を整えているのですが、そのひとつが、児玉源太郎の作戦本部次長就任。これは、内務大臣の児玉にとっては降格人事なんですけど、前任の田村怡与造が急死したため、自分で志願して、対露作戦の最前線に出てきたのです。そして、山本権兵衛は海軍を大リストラ。根本的に人事を入れ替えしてしまいます。病気のために舞鶴鎮守府で閑職についてた東郷平八郎を、みずから訪ねて引っ張り出し、連合艦隊司令長官に任命するんですね。これで治まらないのが、山本の盟友・日高壮之丞中将です。自分が連合艦隊を指揮するものと思ってたんですね。「連合艦隊司令長官は、作戦本部の手足のように動いてもらわらいと困る。自負心の強いあんたでは無理だ」といわれてリストラされた日高中将は、逆上して、海軍省で暴れます(!)。刃物を抜いて。それをがっぷり四つに組んで押さえる権兵衛。組んずほぐれつ、寝技に持ち込み……いやー、あれだ、石坂浩二と中尾彬の体を張った取っ組みなんて、リアルタイムで見られるのは、これが最後だと思うよ。ってか、よくこれやらせたよね。お、おじさんたち!だっ大丈夫か!って見てて手に汗握ってしまったもん。別の意味で…。そして真之は、司令長官東郷じきじきのご指名で、作戦参謀に抜擢され、連合艦隊にのりくむことになりました。連合艦隊の出撃に備えるため、佐世保にいくことになった真之は、習志野にいるお母さんと、好古あにさん一家をたずねて挨拶します。病床のおかあさんと、兄嫁の多美さんと子供たち、弟嫁の季子さん、この女性子供たちを前に、「縁あって秋山の家の者になった、皆といた日々は宝だ、あしの人生悔いはない」と豪快に言うあにさんは、出陣する弟の淳さんに、名刺に一筆書いて手渡すんですが、これが「這囘の役 一家全滅すとも怨みなし」という凄まじいもの…。ようは、おたがい、家族が死に絶えても振り返らないくらいの覚悟でいこうと。このあたりに、よくありがちな「家族を、愛する者を守る」とかいう戦争モノの催涙趣味とキッパリ一線を画する、並々ならぬものを感じますね。そう…明治の軍人は、愛する家族を守るため、みたいなセンチメンタリズムはなかった。国を守る引きかえに、自分はもちろん、一家が死んでもしょうがないと思ってたのです。よくも悪くも、そういう時代だった、ってことなんでしょうね。が、さすがにそんなことは嫁やお母さんにはいえなくて、適当に言ってごまかすんですが…お母さんが、布団のなかで泣いているのが切ない。さらに、棚の上に、亡きお父さんの遺影がさりげなく飾られているのに、おもわずウルッときてしまう。なんかさー、こうなると、ほんと、阿部ちゃんとモックンがほんとの兄弟じゃないって逆に信じられない。兄弟にしか見えない。あつまっているメンバーも、血のかよった家族にしか見えないし。いいドラマにおける、いい演技というのはこのように、ほんとに血の通った人間の関係を、虚構のうちにも確かに作り出すんだと思います。

○明石元二郎登場・ご聖断・そして戦争へ…
うー、今週は、とにかく見どころが多くて多くて、コンパクトにまとめるのも一苦労なんですけど…。日本では、戦争回避のため、満州はロシア、韓国は日本の支配下ということでお互い不干渉とするという、日露協商、いわゆる満韓交換案を粘り強く交渉しています。ここで、日露戦争の陰のスターのひとり、明石元二郎が登場します。ロシア駐在武官の明石は、山県有朋の意をうけて、ひそかに、ロシアで革命工作を展開。叛乱が頻発したロシアでは、やがて血の日曜日事件が起こり、そこから10年以上かかって帝政崩壊につながっていくわけですが、この明石が、なんか、そんな歴史の立役者とは思えぬ、トボケたキャラなのが、なんとも味があって良いです。このドラマではあんまり出番ないかもしれないけど、もっと見たい!そして、じぶんが12年後くらいには殺されてる、と露思わぬ…いや、もしかしたら、なにかわけもなく不吉な予感に囚われてるかもしれない、ロシア皇帝ニコライ2世。日本と戦争するのが急に不安になり、日本の提案に完全譲歩しようと考えるんですね。この不安を、妻の皇后アレクサンドラも支持します。陛下のそういう優しく思慮深いところが好きです…と言って。このとき、一緒にいたおさない四人の皇女たち、そして皇后のお腹にいる皇太子のアレクセイ、やがて殺されてしまうんですが…ここで平和の証のように言われている胎児の皇太子が、いずれ怪僧ラスプーチンという者を登場させ、皇帝一家を悲劇に導く一員になろうとは…ああ神のみぞ知る。ニコライが出した「完全譲歩」の聖断は、ああなんということでしょうか、極東司令官アレクセーエフという無能で傲慢な人物の一存で、握りつぶされてしまうんですね。そして日本では、ついにロシアの回答時間切れ。旅順艦隊が出撃したという情報も入り、一刻の猶予もならないと、伊藤博文が天皇に上奏します。日本では、天皇はお公家さん時代が長かったので、開戦の決断なんかするのはもちろん初めてなのですが…。この明治天皇、尾上菊之助さんが演じるんですけど、いや流石っていうか。この年頃の俳優で、誰が見ても「天皇」って説得力をもって立ってるのって、これはまあ梨園の人でないと無理だよね。というわけで、日本でもご聖断は下ります。日露開戦です。この重大な局面を、べつにセリフでいわず、黙ってたってる明治天皇と、伊藤博文の後姿だけで表現したのはシビレタ!佐世保から連合艦隊が出撃する前に、将校たちの家族は、別れの宴を持ちます。真之も季子さんを呼んで、つかの間の別れの時を過ごすのでした。ロマンティックだわ。季子さんは、律さんにお針を教わって縫ったという淳さんの着物を持ってきてるんですが、そういえば、まだ10代の律さんが縫った淳さんの着物、あれはどうなったんでしょう…と思ってちょっとキュンとしたりしました。そんなキュンとしたシーンもつかの間、連合艦隊の旗艦「三笠」上に、ご聖断が持ち込まれるときが来ます。これは、封密命令といって、厳重に施錠されたブリーフケースでもちこまれ、電報で指示された決まった時間に開封されるんですね。この段取りのものものしさがカッコイイ。そして三笠の司令官室には、連合艦隊のトップたちが集まっています。真之の上官・参謀長の島村速雄も。…これが舘ひろし。渡哲也の背後に舘ひろしが立つと、坂・雲の三笠艦上も、いきなり軍団の空気に染まってしまうけど、それはさておき。東郷長官が開封した(それ専用の金の鋏でよ!)封密命令から出てきたのは、日露開戦の指示書でした。連合艦隊は直ちに、旅順艦隊のいる黄海にむかって出撃します。  「遊人庵的日常」より


Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2010

サンセット

サンセット
越前海岸のサンセットは誠に美しく心に響きます。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

煮魚定食

煮魚定食
こちらも良い感じで評判上々。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海鮮丼

海鮮丼
こりゃ当り!美味しく頂いております。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ご参考に

ご参考に
なるわけないわねぇ

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

暖冬?

暖冬?
来る途中は氷点下で道路も凍結して参ったけど日が上がったら嘘のような暖かさ、念のためブーツ履いたのが間違いで水温は伊良湖の倍?近いんでビックリ仰天、こんな日本海は初めてやわ。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

越前蟹

越前蟹
あみやげでもと思ってみたがあまりに高価でギブアップ

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レディース

レディース
ここは何処?と思いたくなるような濃いぃメンバーが揃ってしもた。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

123

123
ピーカンのせいで今にもハレーションおこしそうな二人を足すとちょうど123歳になるんですわ。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンセットビーチ

サンセットビーチ
ありゃま、おやぢの車が停まってて小梅が散歩しとるがな、今日は珍しい程のピーカンでポカポカだから小梅も喜んどります。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北上

北上
昨日のポイントはダウンすると思い夜中に北へ移動、途中濃霧で参ったけど着いてみたらピーカン、無風の肩前後、ウエット乾いたんで入って参ります。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2010

見えるかな?

見えるかな?
目標の某所に着いてビックリ仰天、凄いたくさんのお猿さんです、道路でも我が物顔で闊歩してました。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

生
風呂上がりにはこれしかないっしょ、私は単独行動が基本なんだけど今日はちょいとだけ寂しかった、だけどね、ポイントに入って暫くしたらこんなお二人に遭遇しちゃいました、知らない土地で会うと感動しちゃうなぁ、これもドリップの楽しさかもね、もう出来上がったんで再度温泉入ってからお昼寝しちゃいます。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

温泉

温泉
海から上がってすぐの所に温泉があるのは最高です、誰かお願いだから伊良湖で温泉掘ってもらえませんか?

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

T浜

T浜
雨上がりを狙って結局ここに入りました、何と日本海には珍しく青空が出だし虹も出て満足、2時間しっかり乗れましたがな。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本海

日本海
雨の日本海某所、凄い混雑なんでパスまあ雨が上がらない限りは入る気はないよ。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

某所

某所
伊良湖がフラットなんで一人でドライブ中、しかしこれはないだろがぁ!

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2010

またかぁ・・・

DoyouNichiyou

もう季節は冬なんですねぇ、伊良湖はまったくのオフシーズンインでなんともならんようです、かといってこの寒さの中日本海へ行くのも還暦過ぎた身ではちと厳しいもんがありまして、参ったなぁ。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二科展

BijutukanKitamura1Kitamura2

「第95回 二科展」が愛知県美術館ギャラリー(愛知芸術文化センター 8階)で開かれています。
9月上旬に東京六本木の「国立新美術館」で展示され、その後大阪・金沢・京都と巡回展示され、今回名古屋で12月14日~19日の展示となります。今回の入選作品は『飛翔』という画題で、サーフィンの「エアー」(飛んでいる写真)の3枚組写真です。初日の14日は、入選作品のモデルでもある鈴木勝大プロが友人達と一緒に早速駆けつけてくれました。また、BaliHigh武藤さんをはじめ、サーファーや友人たちも大勢来館いただきありがとうございました。3枚の組写真は縦配列で、上段はバッカー麻里衣(旧姓:杉浦麻里衣)プロの旦那さんのスティーブさん、中段は伊良湖の鈴木勝大プロ、下段は浜松市の鈴木健士さんです。USAのスティーブさんは、9月の来日の際に麻里衣プロと一緒に東京の「国立新美術館」に行かれ、ご自分の写った作品を見られ感動されたと聞いております。
Muto
★BaliHigh武藤さんとランチ 
14日は私の誕生日であったため、ご馳走になっちゃいました。写真は、ランチの前のビールのおつまみ、超美味の「サーモンピザ」です。
Party
★二科 名古屋展のパーティー(名古屋国際ホテル)
Chunichi
★12月15日付 中日新聞記事
Annai
★二科 名古屋展案内

文・撮影 北村守

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Billabong Pipe Masters



Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2010

10.0

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BRIDGESTONE&INAX

BridgestoneInax

急いで東京往復してきました、どうしても見たかったのがブリジストン美術館で開催中の「セーヌの流れに沿って、印象派と日本人画家たちの旅」でしたが、これは行って良かった、特に今まであまりきにもしていなかった日本画家が良い、小野竹喬・土田麦僊には驚かされた、洋画では明治の作家はもちろんだけど梅原が予想を裏切るほど良かった。帰り道に名古屋INAXギャラリー「にっぽんの客船」も見たけど、こちらはちょいと期待外れの寂しさです。さてっと今夜はセントレアまで娘を迎えに行ってきます、さてどんな顔して出てくるやら?

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ON

Parkinson5959pipe10kirstin_l

まったく長いウエイティングでしたが今日はやっとパイプラインマスターズが再スタートしてます、今のところバックドアがメインになってるようだけど日本語でのライブ放送が続いていますこりゃ見るしかなんだけんど今から東京行くんで見えません、こうなるといよいよiphoneしかないのかもね。  日本語LIVE

ゲゲッ!!ただ今ケリーが10点満点だ!


Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2010

プロフィール

Spy

自分のフルネームを検索した経験ってだいたいあるよねぇ?僕も時々チェックするんだけど中々同姓同名は少ないようで面白い、そんな中「SPYSEE」ってサイトでは自分のフルネームを打ち込むと勝手にネット検索して私?の交友関係やプロフィールを作ってくれちゃいます。これが結構笑える・・・所詮タイトルだけの検索なんで正確にできるはずもないんだけど、カルロスがスペイン王太子には笑えた、「こんな人と関係があります」では彼以外もほとんどが間違いなんで結構受けますよ。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

病床六尺

Making02set_img10_2

先日の「坂の上の雲」で壮絶で強烈な印象を残してくれた正岡子規が最後まで暮らした「子規庵」のセットをNHKが忠実に再現した模様がアップされました、いやはや役者も凄いけど小道具・大道具も凄いもんだ。 「坂の上の雲」 「子規庵


Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気分転換

Aa935a7fdeBb788373b9Cc487325bcsDd51e2cfecs

昨日一瞬上がった波も消えてしまったようだし、今朝は小雨で風ビュービュー、まあこんな時は常夏の島へのサーフトリップがベストとは判っていてもデフレの日本からは中々脱出出来そうにありません、と言って落ち込んでいてもサーファーらしくないし、ここらで気分を切り変えてイメージトレーニングしながら来シーズンに期待しましょう。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Antoine Montant rides the cable

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2010

BaliHigh

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Happy Birthday

Birthkitamura

今日12月14日は赤穂浪士討ち入りの日!じゃなくてぇ北村守さん66歳のお誕生日でございます、二科展会場の愛知県美術館10階にある「ウルフギャング・パック」にてお誕生会をさせて頂きました。今シーズンも大変お世話になった北村さんは66歳というお歳をまったく感じさせない若々しさ、この毛髪の濃さには恐れ入るばかりでございます。そんな北村さんの夢は80歳になっても現役で写真を撮り続けたいとの事でした。北村さんが80歳だと被写体の私は76歳のはず、ちょっと想像もつきませんが何だか行けそうな気がしてます、お互い体を労わりながらこの夢の実現に向けて努力して行こうと語り合っておりました。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

飛翔

Kitamura11Kitamura22Kitamura33Kitamura44

愛知県美術館で北村さんの作品を見てまいりました、さすが二科展だけあって初日から大混雑、会場の終盤にある写真作品の会場も凄い人で溢れていました。今回北村さんの作品はショートボーダー3名によるエアーの連作、会場でご本人から解説をして頂き色々と勉強をさせて頂きました。サーフィンでもそうなんですがこういう公募展でも同じで審査する場合の基準が判らないと話にならないので北村さんから最高賞である「二科賞」受賞作等を見ながら写真鑑賞の基準について教えて頂き、改めて北村さんの作品「飛翔」をじっくり見せて頂きました。やはり芸術作品ということであまりサーファーの目で見てはいけないようで、この作品もサーファーを見るというより波を見るんだそうです、一度じっくり鑑賞した後、一度目を閉じてサーファーがいなかったら?と想像してから見直してみてください、そうするとなるほどなぁと納得出来ちゃいます、うーーーん、この世界はとっても深いもんです。
北村写真館

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二科展

二科展
今から北村さんの作品を拝見に伺います。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

坂の上の雲 第2部

Akiyama11Akiyama22Akiyama33

今週は、いままでが戦争に向かう国際情勢とか、戦争場面とか、軍艦とか騎兵隊とか、いわばマクロな話が中心だったのが、急にミクロな話中心の90分になります。わたしは、壮大な戦争物語っていうよりも、この、ミクロ視点の部分があってはじめて「坂の上の雲」の世界だと思ってるので、子規の病床周辺のミクロ世界の描写をスルーせず、ものすごく丁寧につくっているのに、なかとっても胸打たれました。だから、今週の子規の死も、なんか、ふつーの闘病ものとかと全く違う泣け方をしたんですよね。なんていうんですかね、ものすごく、生々しいんですよね。病床の辛さ苦しさ、病人の執着っぷりだとか。そういう、見るのが辛いようなものを、こまやかな日々の暮らしのいとなみや、四季折々の季節感で中和して、なんていうのかな、すごく濃密な生命感っていうんですか?ホントに、この人が生きている感じが、手で触れそうに生き生きしてるの。だから今週泣けちゃったのは、そういう、ささやかながら確かな人の営みが、まさに今そこで終わっていくのを見ているような、なんともいえない、切なくも生々しい実感だったりしました。というわけで、坂の上の雲、第2部第2話は、物語の主人公の一人、正岡子規のサヨナラ公演です。今週は、秋山真之少佐が、海軍大学校の戦術講座の初代教官になるところから始まります。生徒は現役の海軍士官ばっかりで、中には階級が上の鶴ちゃん@八代大佐なんかもいたりします。真之は、ジオラマなどを用いたオリジナルな授業で、教科書を使わず、学生が頭で考えて、臨機応変の戦術を立てる能力をつけるよう導くのですが…あの、好古あにさんのときもそうだけど、この明治日本の軍隊って、ホントに風通しがいいっていうか…。つくづく、良い時代だったんですね。若い士官に外国で最先端の戦術研究を積ませ、レポートを書かせ、その出来で、まだ30代で特に実績も無いいち少佐を、ポンッと海軍大学の戦術担当に抜擢する。めちゃくちゃフレキシブル。まだ、あんまり変な派閥の根っこが入り組んでいない明治30年代だからできたことなんでしょうけど。とにかく、なりふり構わず向上することだけに必死だったんでしょう。(ところでこの海軍大学校の講堂もすごくきれい! ロケ地どこなんだろう)鶴ちゃんの思惑は、戦術講座だけじゃなくって、実は、淳さんをお見合いさせるって下心もあったんですね。海軍大学から、きれいどころの集まる華族女学校のパーティーに真之を連れ出した、是清先生と鶴ちゃんは、花も恥じらう麗しいお嬢様・稲生季子さまに淳さんをひきあわせます(石原さとみちゃん可愛いなあ)。季子お嬢様は、前もって聞かされてたみたいで、淳さんを目を合わせて「まあ…」とかいって、すごく初々しくはにかむのですが、なにも聞いてない淳さんは目が点状態。めちゃくちゃブッキラボーな態度をとって、お嬢様を引かせてしまいます。…って、まあベタなw。こういうのは、まちがっても原作にはなかったと思うけど、先週の「オルフェウスの窓」も、今週の「はいからさんが通る」も(爆)こーゆー少女漫画もまたよしです。たまにはホッとする、甘いお菓子のひとつまみも必要よ、ってことで。でも、家に帰ると淳さんは、お母さんと、兄嫁の多美さんと同居をしてて、内風呂がないんでお母さんをおぶって銭湯に行ったりしてるわけです。海軍大学校の若き教官とか、華族のお嬢様とのお見合いとか、そういう華麗な属性を取ったとこで、やっぱり淳さんは素朴な松山の淳さんのままなんですよね。そういう素顔が折に触れて見えるのも、いい演出。好古あにさんはなにをしているかというと、まだ大陸に出向中。北清事変が片付いても、居留民保護と称して列強は中国に居座り、治外法権の租界を建設しています。日本も張り合って、南京に日本租界を作っていて、その総司令官に任命されてたんですね。で、自慢の半裸を惜しげもなく披露して、租界の道普請のためにツルハシをふるうあにさんのとこに、あの袁世凱がセガレといっしょに訪ねてきます。李鴻章の死後、存在感を見せ付ける袁世凱は、日本を舐めて、中国から出て行け、租界をあけわたせとあにさんに迫るんですが、あにさんはガハハハ~と笑って、「明け渡したいところですが、列強の中では下っ端なので、残念ですがそーゆーことはできません」と明るくぶちまけて、袁世凱と酒の飲みっくらをおっぱじめます。さらにべろんべろんに酔っ払った状態で馬の駆け比べをして、思いっきり意気投合してしまうんですね。好古の、ごく自然な東洋豪傑ふうなところが、外国人に安心され、懐かれた…そうですが、これってようするに天然…(笑)。まあ、この天然すぎる性格に、中国のアバウトで大味な気風はめちゃくちゃ水が合ったってことなんでしょうけど。でも、これ事実なんですよね。すげーなー。昔はこんなすごい日本人がホントにいたんだよねえ。真之は、根岸の子規庵にお見舞いにいきます。子規は先週よりさらに痩せてしまって、声も力なく(ホントに香川さんってすごいよね…)、それでも、「あしはこのままでは死んでも死にきれんぞな」というわけです。痛くて痛くて、畳をのた打ち回っても、それでもリアルないい句がどんどん浮かんでくるんだ、だから死ねない、俳人正岡子規は発展途上でまだ完成されてない、完成した正岡子規はこんなものじゃないんだ、と切々訴える子規なのですが、その強烈な生命力…。ほとんど妄執にちかいような、ものすごい貪欲さ。これに言葉を失って、思わず「あしももっとデッカイ人間になって、ノボさんを追い抜いてやるぞね」という淳さんなのでした。なんかグッときちゃうわ、こういうとこに。淳さんは、海外を飛び回って、大学校で戦術の講義をするような人になっても、素朴に、ノボさんの後背を見ているつもりでいるんですよね。なんだろう、それ。生きる力の強さとか、生きる目的のまっすぐさ、高さ…、たぶん生き方すべてにおいて、淳さんは、ノボさんにくらべて自分はずっと後ろを歩いてる思っていたんでしょうね。こういうふたりの関係って、ホントにいいなあ…と思うんだけど。でも、結局これが最後のふたりの時間になってしまったんですね(涙)。で、淳さんが帰るときに律さんが送っていきます。ときどき、あにさんもう死んでええよ…と思ってしまう、といって淳さんの胸でさめざめ泣く律さんなのですが、これが切なかったな。なんか、少し前の、初々しい可愛らしい律さんを思い出してしまってねえ…。んー、なんか、このふたり、どうして結婚できなかったんだろうって、いまさら思ってしまうけど。どうしようもなく切なくて、抱き合うふたりを、神社で遊んでる子供が固まって見ているのが、なんかいい味出していたりして(笑)そして、月のきれいな9月の夜に、子規は亡くなってしまうんですけど、これはもうなんともいえなかったね。誰にも見取られずに、未明、ふと息を止めてしまったと。あにさん戻ってきてください…といって号泣する律さんがなんともいえなかったけど…。なんだろう、生き切った安らかさ、みたいなのが無い…かといって無念を残しているのでもない…なんかふしぎな味のある、子規の死でした。このあとのナレーションで、子規は明治というオプティミズムの時代に一番合致した性格だった、というんだけど、この人の死に、なにか「中断した」ような心残りがあるのは、そこじゃないかと思います。高揚していく、上って行く、時代の気分から、不自然に切断させてしまった…というんでしょうか? 真之は子規の死を、横須賀出張から帰る電車のなかで、乗り合わせた客の世間話を通して知るんですね。お葬式に、軍服ではなくて普段着の着物と袴で駆けつける淳さん。それって、昔の松山時代とか、大学予備門の下宿時代を彷彿させて、これもちょっと、グッときてしまった。で、ここで視点はミクロから、マクロのほうに振られます。日清戦争後の三国干渉で、せっかく手にした遼東半島を返還することになってしまい、国民は落胆していました。さらに、朝鮮という緩衝地帯にロシアが迫ってくることで、恐怖心が膨らんでくる。そこで、臥薪甞肝というのが流行語になってました。つらい貧困や窮乏に耐え、いつかロシアに報復する、欲しがりません勝つまでは、とその妄想は予想以上に国民に浸透してしまい、国としては、もうロシアと会戦しないと、和解なんかでは国民感情をコントロールできないところに来てしまってたんですね。そこで、内務大臣になった児玉源太郎が、那須で百姓をしている陸軍中将乃木稀典をたずねます。児玉は、すぐに乃木の復帰を切り出したりはしないんですが、四方山話をしてるうち、児玉が来ているときいた村長が、応召で入営するという村の若者をつれて訪ねて来て、激励のお言葉をたまわりたい、というわけです。軍トップのふたりのことを、神のようにあがめる村の人。その貧困っぷりと、臥薪甞肝がどんなに末端まで浸透してしまったかを実感してしまった乃木は、児玉の訪問の意図を無言で了解し、静子夫人に「もう百姓ごっこは終わりのようだな」と告げるわけですね。真之は、戦術のこととか考えすぎて胃をやんでしまい、入院してました。入院中の淳さんを、あの季子お嬢様が、桃をもってお見舞いにやってきます。可憐なお嬢様がお見舞いに来ても、応対があいかわらず無骨な淳さんなのですが、このお嬢様の微妙な天然っぷりがなにか琴線にふれ、そのうち心がほぐれてきて、会話が弾むようになります。っつっても、淳さんが一方的に、伊予水軍の戦術のこととか話しているだけなんですが。で、こんなかみ合わない会話でも、傍からはイイカンジにみえるわけで、まあベタですが、ここに、やっぱり桃をもった律さんがお見舞いにやってくるんです。淳さんが花のようなお嬢さんとイイ感じでいるのを垣間見た律さんは、そっと黙って桃を置いて立ち去ります。後日、「あたしはこれから自分のために生きようと思います」と淳さんに宣言する律さんは、女子職業学校に通い、兄さんの束縛からも、この時代の女性への負担からも自由になって、のびのびと生きていこうというのでした。明治の女性が、自分のために生きる…ってこれは、決心するだけでも、かなり覚悟のいることだと思うけど。これはほんとに、彼女のために、よかったね…と思う。たぶん淳さんと安易にくっつくより、律さんの人生としては幸せだったんだろうな…。で、だいたい恋バナやなにかが一段落したところで、次週はいよいよ日露開戦。明治天皇も出てきます。御前会議も出てきます。といったところで、だんだん戦争モード一色になっていくけど、気分を盛り上げつつ、見ていきましょう。また来週! 
「como siempre 遊人庵的日常」より

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (2) | TrackBack (0)

盗難事件

Sotugyou

先日セントレアから同級生と5人で卒業旅行に出かけた娘から朝イチ連絡があり、パリで財布ごと盗難にあったとのこと。行く前に散々注意したのにまったく聞く耳持たずで出かけたから注意散漫のままだったんだろね、取りあえず朝からカード会社との連絡に追われてました。娘は今頃パリ警察でシュルブプレ・・・・?私は以前に2度もパリで襲われた経験があるんで絶えず気をつけてるけど、今の若い子はまったく無防備で自分の身を自分で守るという気がまったくないみたい、まあプロから見たらこんな集団は鴨がネギ大盛りで飛んできたようなもんだろな。取りあえずは怪我がなかったのとパスポートが無事だったのが不幸中の幸いなり、これから卒業旅行のシーズンになるけどくれぐれもご注意を。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2010

Pipeline from a Lifeguard’s Perspective

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

EDDIE AIKAU CEREMONY

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SURF HEAT MAGAZINE

Heatlogo

日本のサーフカルチャーの流れの一つであるコンテストを題材に、コンペティターを目指す全てのサーファーをフューチャーしたコンテスト専門誌「SURF HEAT MAGAZINE」が2011年2月25日(予定)に発刊される。ASP、JPSA、NSA、JPBAを始め、全国の主なサーフィン・コンテストをレポート。チャンピオンや注目コンペティターへのインタビューやテクニック、グッズ、大会会場ガイド、ジュニア&キッズ、ライフスタイルなどさまざまな側面からコンペティションを捉えていきます。コンテスト専門誌という今までになかった形態をとることで、サーフィンをスポーツとして確立させ、コンテストの注目度を上げてサーファー人口の増加およびレベルアップを図り、さらにはコンペティションの敷居を低くして参加を促し、トッププロの後押しにもつなげるという構想だ。また、全国各地で開催されるショップやメーカー、ローカル主催のコンテストの結果と写真を無料で掲載する「コンテストダイジェスト」のページを大きなボリュームで設け、全てのサーファーの向上心を刺激。(メールやFAX、郵送で受付中。フォーマット自由)。サーフィンコンテスト離れ、紙媒体の低迷が危惧されるなか、コンテストシーンから生まれるサーフボードやウエットスーツ、サーフスターが身に付けるアパレルなどの市場活性化につながる誌面作りを目指し、読者および関係者の皆様に愛される媒体として活動していく。発行スケジュールは2011年2月にパイロット版を発行。その後は年4回の発行を目指す。体裁はA4サイズ、オールカラー、80〜100P(パイロット版は64P前後)。全国のサーフショップやサーファーが多く出入りする飲食店などに設置予定。
【SURF HEAT MAGAZINE】
制作・発行:株式会社エアヘッド
所在地:東京都墨田区横網2-12-7 ロックス12ビル
電話番号:03-6751-9559
FAX番号:03-6751-8778
MAIL:heat1173@yahoo.co.jp(問い合わせ)
   Heat_result@yahoo.co.jp(大会結果送信用)

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

住吉灯台

Oogaki

朝一で母と病院へ行くため大垣へ、途中で久々に住吉灯台に寄ってみた、まったく海の無い岐阜県にもこんな灯台が有ったんよ。
大垣市船町と桑名市を結ぶ水運は、明治以降も盛んであり、1883年(明治16年)3月には蒸気船による定期航路も開設され、名古屋(熱田)~桑名~大垣と船で結ばれていた。1919年(大正8年)4月27日に(旧)養老鉄道(現養老鉄道とは別企業)により、この航路に並行して桑名駅~揖斐駅(現養老鉄道養老線)が全通すると、利用客は激減するが、蒸気船以外の川舟の利用は多く、昭和初期には年間1万艘の舟が行き来していた。
元禄年間(1688年~1704年)、船町港に住吉燈台が建設される。高さ約8m。寄棟造の木造の燈台であった。
1689年(元禄9年)、松尾芭蕉が船町港を訪れ、「蛤のふたみに別れ行く秋ぞ」の俳句を詠み、船で桑名へ向かう(奥の細道結びの地)。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2010

タイヤ交換

タイヤ交換
異常に暑かった今年の夏も今となっては懐かしいくらいだけど、反動でこの冬場に極めて厳しい寒さになるとの予報なんで早めにスタッドレスに交換しようと来てみたら、同じ考えの人で超満員、しかしこのタイヤに替えると何故か雪山へ行きたくなってしまうなぁ。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (6) | TrackBack (0)

DOCOMO

North

今日の伊良湖が期待出来そうにもないんで昨日遅くに戻ってきました、今朝の情報次第で日本海かともおもったけどどうもいまいちのよう、伊良湖からは悲惨な情報しかないし、期待のノースもまったくいけないようでパイプラインマスターズは今日もキャンセル、結局DOCOMOダメなのね。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2010

パーティー

パーティー
海から上がって全員で鉄板焼パーティーやってます。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

杉浦仁

杉浦仁
80年代のロングビーチ岩場でブイブイいわせておられたこの方とご一緒いたしました。まだまだSUPに慣れてないのに大変な思いをしながらもロングビーチまで無事に到着し、今回はここまでとなりました、ご苦労様でした。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Yes we can !

Yes we can !
アウトに出たら思ったよりもうねりや風が有って大変でしたが、四苦八苦しながらロングビーチまで40分掛けて到着しアウトにいたサーファーと言葉を交わしてからUターンしてロコポイントまで…結構きつかったです、途中から足にきてしまい何度か沈しながらまた40分掛けてロコポイントまで往復完了、めちゃ疲れたけど年内に出来て良かったです、我ながら頑張ったんで超満足。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャレンジ

チャレンジ
実はどうしても年内にやりたい事があって時期を見ておりました。お天気が良くて波も風も無い日を選んで何とかSUPでロコポイントからロングビーチへ行きたいと計画しとりました、今日は絶好の機会だと思い9時過ぎから決行することにして杉浦仁さんと二人で挑戦することにしました。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

全日

全日
こちらはまったく風も無くて面は良、しかしセットで膝あるかなぁ?

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

弩平

弩平
サーファーって波が無い時って「どフラット」って言うんだけど、今朝のロコポイントは正にそれです、しかし今回はちょいと目的があって承知の上で来たからこれでええんです。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2010

微妙

DoyouNichiyou

今日は日本海が当たりだったみたいなんだけど、明日は厳しいかな?まあ行くなら日曜だね、んでもって伊良湖は相変わらず微妙、特に地形いまいちなロコポイントは何ともならんでしょう、それでも明日は風が弱そうなんでちょっとやり残したことでもトライしてみるかな。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MINI

しっかしこう寒くなると波乗りの話題が激減です。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CEBU PACIFIC AIR

こんなキャリアは知らんかったけど面白そうなんで乗ってみたいなぁ。
CEBU PACIFIC AIR


Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

OFF

Pipe

現地9日木曜日、ノースショアには10~12フィートのうねりが届いているが,パイプがスモール・コンディションのためビラボン・パイプ・マスターズは本日キャンセルとなった。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2010

新発売

PsanPp101206_banner

12月8日から発売されているサークルKサンクスの「くまのプーさん はちみつカレーまん」(150円)。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

癒されたぁ・・・・

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Billabong Pipe Masters

いよいよノースの祭典「パイプラインマスターズ」がスタートしました、何とブルース・アイアンはプライベートジェットで現地入りしたんだとか、さすがプロサーファーも世界レベルは違いますな。

そして何とライブ放映中ですが今回からは日本語でのライブが始まりました,解説もええ感じです!
http://triplecrownofsurfing.com/billabongpipemasters/live/jp

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夜明けのCENTRAIR

Aa2010120907080000Bb2010120907040000

朝イチから海の近くとは言え内海のセントレアに来てます、この寒さの中常夏の島へのサーフトリップなら最高なんでしょうが、卒業旅行に出発の娘の見送りなんでアヘアヘですわ。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2010

Pipeline Masters Past Champions

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウエットスーツ盗難のお知らせ

今年の伊良湖ロングボードクラシックのマスタークラスで優勝した永井くん奥さんが何と自宅でウエットの盗難に会いました。この時期にフルスーツを盗むとは許せんやっちゃ、彼女もそうとうめげているようなんでぜひご協力のほどお願いします、以下は彼女のblogからの転載です。

【拡散希望】HOTLINEウエットスーツ盗難
12月7日(火)AM。とても悲しい事件がおこりました。愛知県豊橋市の自宅に干しておいたウエットスーツが盗まれました。2着干してあったウエットのうち、1着だけが盗難にあいました。盗まれたウエットは
HOTLINE (ホットライン)セミドライ 5×3以下画像です

Aaath_img_383320e381aee382b3e38394eTbbbh_img_513120e381aee382b3e38394e

ノンジップ。肩部分は紫色です。
右足と右手首にピンクのマーク入り。
派手なデザインなので、目につきやすいと思います。ネットオークションやリサイクルショップ、海などで見かけたら
ブログのコメント欄でも結構ですので、ご連絡頂けると幸いです。
当方のブログです → This is M☆4    http://kokorowave.seesaa.net/泣き寝入りしようかと思ったけど、できるだけのことはやりたいのです、もしよろしければ、ブロガーさん。どなたでも構いませんので、ブログに貼付けて拡散して頂けると助かります。宜しくお願いします。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (2) | TrackBack (0)

なんでこ~なるのっ?

11f6f58ea9189cb1cf935f1024224daa7e2d013baa6d63ff102433089dfcccd7515c9fd5731024446700a67ca6e8b78b68231024

毎日毎日「伊良湖のハエ100匹」で大笑いさせてくれているhulaちゃんですが、実は海でも笑わせてくれてます、どこからどう見てもどうやったらこうなるのか皆目見当が付きません、私思いますにこれって間違いなく受け狙いだと思いますけど。  撮影 Tukcyさん

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (2) | TrackBack (0)

秋山真之

S1making01_main01S2making01_main02S3making01_main04S4making01_main05

・慶応4年(1868年)3月20日:伊予松山にて誕生。
・明治16年(1883年)9月:上京。
・明治17年(1884年)9月:大学予備門合格。
・明治19年(1886年)10月30日:海軍兵学校入校。
・明治23年(1890年)7月17日:海軍兵学校首席卒業。海軍少尉候補生となる。以後、砲艦「比叡」乗艦となる。
・明治24年(1891年)6月4日:巡洋艦「高千穂」乗艦に異動。
・明治25年(1892年)
 4月25日:巡洋艦「松島」航海士となる。
 5月23日:海軍少尉任官。砲術練習艦「龍驤」に乗艦し、分隊士となる。
 7月5日:正八位に叙位。
・明治27年(1894年)4月23日:通報艦「筑紫」航海士となる。日清戦争時には、同艦に乗艦。
・明治28年(1895年)11月18日:砲艦「大島」航海士兼分隊士となる。
・明治29年(1896年)
 1月4日:横須賀の海軍水雷術練習所学生となる。
 5月11日:横須賀水雷艇団第2水雷艇隊府付となる。
 7月7日:報知艦「八重山」乗艦。
 10月24日:海軍大尉に昇任(当時、新任中尉任官は差し控えられていたため、中尉を経ず大尉に昇任)し、「八重山」分隊長となる。
 12月21日、従七位に昇叙。
・明治30年(1897年)6月26日:米国駐在武官に異動。
・明治31年(1898年)3月8日:正七位に昇叙。
・明治33年(1900年)
 8月14日:帰国し、海軍省軍務局課員に異動。
 10月31日:常備艦隊参謀に異動。旗艦「常磐」乗艦。
・明治34年(1901年)
 10月1日:海軍少佐に昇任。
 12月17日、従六位に昇叙。
・明治35年(1902年)7月17日:海軍大学校教官、戦術教官に異動。
・明治36年(1903年)10月27日:常備艦隊参謀に異動し、第1艦隊参謀を併任。
・明治37年(1904年)
 2月6日:旗艦「三笠」に乗艦。
 2月10日:対露西亜宣戦布告。
 9月1日:海軍中佐に昇任。
 10月6日:正六位に昇叙。
・明治38年(1905年)
 5月30日:勲四等瑞宝章に叙勲。
 6月14日:連合艦隊参謀に異動。 日本海海戦出撃の際の報告電報の一節である「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」は、「本日天気晴朗ノ為、我ガ連合艦隊ハ敵艦隊撃滅ニ向ケ出撃可能。ナレドモ浪高ク旧式小型艦艇及ビ水雷艇ハ出撃不可ノ為、主力艦ノミデ出撃ス」という意味を、漢字を含めて13文字、ひらがなのみでも僅か20文字という驚異的な短さで説明しているため、今でも短い文章で多くのことを的確に伝えた名文として高く評価されている(モールス信号による電信では、わずかな途切れでも全く意味の異なる文章になるため、とにかく文章は短ければ短いほど良いとされている)。またZ旗の信号文「皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ、各員一層奮励努力セヨ」も秋山の作である。
11月25日、海軍大学校戦術教官に異動。
・明治39年(1906年)4月1日:勲三等旭日中綬章を受章。
・明治41年(1908年)
 2月20日:「三笠」副長に異動。
 8月28日:巡洋艦「秋津洲」艦長に昇進。
 9月25日:海軍大佐に昇任。
 12月1日:巡洋艦「音羽」艦長に異動。
 12月11日:従五位に昇叙。
・明治42年(1909年)12月1日:巡洋艦「橋立」艦長に異動。
・明治43年(1910年)
 4月9日:巡洋艦「出雲」艦長に異動。
 12月1日:巡洋艦「伊吹」艦長に異動。
・明治44年(1911年)3月11日:第1艦隊参謀長に異動。
・大正元年(1912年)12月1日:軍令部第1班長に異動。
・大正2年(1913年)12月1日:海軍少将に昇任。
・大正3年(1914年)
 1月30日:正五位に昇叙。
 4月17日、海軍省軍務局長兼海軍将官会議議員に異動。
・大正4年(1915年)11月7日:勲二等旭日重光章を受章。
・大正5年(1914年)
 2月21日:海軍軍令部に異動。
 12月1日:第2水雷戦隊司令官に異動。
・大正6年(1917年)
 7月16日:海軍将官会議議員に再任。
 12月1日:海軍中将に昇任。
・大正7年(1918年)2月4日:死去。同日、従四位に昇叙。 享年49。墓所は東京都港区の青山墓地。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋山好古

Y1making01_main06Y2making01_main07Y3making01_main08Y4making01_main09

・安政6年(1859年)1月7日:伊予松山城下(現・愛媛県松山市歩行町)に松山藩士・秋山久敬、貞の三男として生まれる。名前の由来は論語の一節「信而好古」より。秋山家は足軽よりも一階級上の位で家禄10石程の下級武士(徒士身分)だった。藩校明教館へ入学し、家計を支えつつ学ぶ。このころ、天保銭一枚(100文に相当)にて、銭湯の水汲み、釜焚き、番台の管理をやっていた。
・明治8年(1875年):大阪師範学校受験。
・明治9年(1876年)7月:大阪師範学校卒業。大阪府北河内(寝屋川市堀溝)58番小学校、名古屋師範学校附属小学校勤務。
・明治10年(1877年)5月:陸軍士官学校(旧制3期生)に入学。
・明治12年(1879年)12月23日:陸軍士官学校卒業。任陸軍騎兵少尉。東京鎮台に配属される。
・明治13年(1880年)
 2月28日:東京鎮台騎兵第1大隊付となる。
 3月22日:秋山家の家督相続(病床の兄則久の代替)。
 6月5日:正八位に叙位。
 7月2日:東京鎮台騎兵第1大隊小隊長に異動。
・明治16年(1883年)
 2月28日:任陸軍騎兵中尉。
 3月16日:陸軍士官学校騎兵科教官に異動。
 4月7日、従七位に昇叙。
 4月9日:陸軍大学校(1期)入学。
・明治18年(1885年)12月28日:陸軍大学校卒業。参謀本部勤務。
・明治19年(1886年)
 4月12日:東京鎮台参謀に異動。
 6月2日:任陸軍騎兵大尉。
・明治20年(1887年)7月25日:サン・シール陸軍士官学校に留学した久松定謨の補導役としてフランスへ渡り、騎兵戦術の習得に努める。
・明治24年(1891年)
 12月13日:帰国。
 12月26日:騎兵第1大隊中隊長に異動。
・明治25年(1892年)
 4月27日:陸軍士官学校馬術教官に異動。
 11月1日:任陸軍騎兵少佐。
・明治26年(1893年)
 1月11日:従六位に昇叙。
 4月2日、佐久間多美子と婚姻。
 5月5日:騎兵第1大隊長に異動。
・明治27年(1894年):日清戦争に従軍。
・明治28年(1895年)5月10日:任陸軍騎兵中佐。
・明治29年(1896年)
 3月24日:正六位に昇叙。
 8月15日、陸軍乗馬学校長に異動。
・明治30年(1897年)
 10月11日:任陸軍騎兵大佐。
 10月30日:従五位に昇叙。
・明治31年(1898年)10月1日:陸軍騎兵実施学校長に異動。
・明治32年(1899年)10月28日:陸軍獣医学校長を兼務。
・明治33年(1900年)7月17日:第5師団兵站監に異動。
・明治34年(1901年)
 5月30日:軍司令官山根武亮少将の清国駐屯軍参謀長に異動。
 7月4日:清国駐屯軍守備司令官に異動。
・明治35年(1902年)
 6月21日:陸軍少将に昇任。
 10月20日、正五位に昇叙。
・明治36年(1903年)4月2日:騎兵第1旅団に異動。
・明治37年(1904年):日露戦争において、騎兵第1旅団長として出征し、第2軍に属して、沙河会戦、黒溝台会戦、奉天会戦などで騎兵戦術を駆使してロシア軍と戦う。また秋山支隊からロシア軍の後方攪乱のために派遣された永沼挺身隊の活躍は、小説『敵中横断三百里』によって有名となっている。その後、「日本騎兵の父」とも呼ばれた。
・明治39年(1906年)4月:金鵄勲章功2級受章。
・明治40年(1907年)11月11日:従四位に昇叙。
・明治42年(1909年)8月1日:任陸軍中将。
・大正元年(1912年)12月28日:正四位に昇叙。
・大正4年(1915年)2月15日:近衛師団長に異動。
・大正5年(1916年)
 1月31日:従三位に昇叙。
 8月18日:朝鮮駐剳軍司令官に異動。
 11月16日:任陸軍大将。
・大正6年(1917年)8月6日:軍事参議官に異動。
・大正8年(1919年)
 3月10日:正三位に昇叙。
 5月12日:馬政委員会委員長に異動。
・大正9年(1920年)12月28日:陸軍教育総監となり、陸軍の最高幹部の一人となる。また、軍事参事官を併任。
・大正12年(1923年)
 3月17日:予備役に編入(元帥位へ推薦の話もあったが本人が固辞した)。
 4月30日:特旨をもって従二位に叙位。
・大正13年(1924年)4月:北予中学校(現在の松山北高校)校長就任。退役陸軍大将の仕事としては全くの異例(格下)であったが、本人の強い希望だったと言われる。
・昭和5年(1930年)
 4月9日:校長辞任。
 11月4日:糖尿病による心筋梗塞により東京の陸軍軍医学校で永眠。享年71。墓所は松山市の鷺谷墓地。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2010

坂の上の雲

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (2) | TrackBack (0)

おせち

1wm1027_osechi082wm1027_osec2hi03

毎年悩むおせちですが今回はご縁があってこちらの加賀屋さんへお願いすることとなりました、加賀屋といえば初めて伺った時に温泉の中にエレベーターがあって仰天した記憶がありますが、裸で乗るエレベーターってのはまったくもって落ち着かんもんですよ。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「カフェ アートテラス」  写真展

SishouSishou2

1カ月前にオープンした名古屋市栄のど真ん中にあるコーヒーショップ『カフェ アートテラス』で私の写真が展示されています。
今回の題材は、四季折々の日本の自然風景(ネーチャーフォト)です。お近くにお出かけの節にはお気軽にお立ち寄りください。
美味しいコーヒーを飲みながら…『癒し』を感じていただければ嬉しいです。
展示期間:12月1日~12月27日
展示数:半切、全紙サイズ 合計14点
コーヒショップ カフェ アートテラス
名古屋市中区錦3丁目15の32 タケガビル2F
月曜日定休日 営業時間;AM10:00~PM6:00
北村 守

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

A Tribute to the Wildest Waves

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

O’Neill World Cup of Surfing - Final Day Highlights

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

にっぽんの客船

Inax

今朝届いた案内状はINAXギャラリーから「にっぽんの客船」という企画、海が好きな私にとって古い客船も興味深々、二科展と同じ14日から4日間だけの開催なんだけどなんとか行ってみるつもりです。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2010

二科展

Nikanagoya2010Nikachiket

今年も見事に二科展に入選された北村さんの作品がいよいよ名古屋で発表されることになりました。
++ 第95回 二科展(名古屋展)++
2010年12月14日(火)~12月19日(日)
愛知県美術館ギャラリー
名古屋市東区東桜一丁目13番2号 愛知芸術文化センター8F
AM10:00~PM6:00 
 [金曜日はPM8:00迄夜間開館]
 [最終日13日はPM5:00迄]
どうか皆さんもぜひ会場へお越しくださいませ、以下は北村さんからのメッセージです。
「今のところ12月14日(火)、18日(土)、19日(日)の3日間は会場に居る予定です。会場にお花などお祝いをお持ちくださる方がいらっしゃいますがお受け取りできません。ご来場いただけることだけで感謝いっぱいですので、悪しからずご了承ください。 北村守

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

O’Neill World Cup of Surfing - Final Day Highlights

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スケボーー?

昨日の午前中はほとんど海に入るサーファーもおらずビーチでまったり遊んでましたが、これ面白そうだったよ、草刈り機のエンジンが付いたスケートボードでレギュラーオンリー、しかもネット特価で12000円だったとか、波の無い日もそれなりに楽しめるもんです。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2010

縁台

縁台
ここは風も入らずポカポカのお昼寝タイムなう、後ろでナットがおりこうさん。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おめでとうございます

おめでとうございます
本日はまことにお日柄も良く新郎新婦におかれましてはかくも賑々しくボードに囲まれて幸せ一杯胸一杯でございました。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

将軍様

将軍様
何故か突如ロコポイントに登場の将軍様、ビーチクリーンに拍手しておられたです。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お疲れさまでした

お疲れさまでした
波のまったくないロコポイントに40名以上のサーファーが集合して最後のビーチクリーンに協力してくれました、MAHALO!

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

当たっちまった

当たっちまった
昨日の予想がドンピシャ大当たり、今朝のロコポイントは風が収まったものの見事な冬の海に様変わりしてほぼフラット、ビーチにいるのは釣り師の方々のみですわ、ビーチクリーン終わってかららSUPに挑む予定。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2010

アジャパー!

アジャパー!
弱くなるとの予想を覆し夕方のロコポイントは益々北西の風が強く吹き荒れ駐車場でも立っていられない程で当然ノーサーフ、風に押さえつけられてうねりも薄くなってしまった、明日は朝9時から今年最後のビーチクリーンが開催されますが参加される方は防寒対策にご注意ください。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あんかけスパ

あんかけスパ
お昼は手造りのあんかけスパ頂きました。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大潮

大潮
引いてきたのでロコポイントを再度チェック、いまだに強いオフショアでうねりはあるもののボード持って歩けそうにないんで入らないよ〜。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寒いよ

寒いよ
ロコポイント、強めのオフショア、西うねりでセットで胸ないかなぁ?まだ満潮なんで引いた方が良さげ。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2010

微妙な週末

TennkizuHarou

今日は終日雨だと思っていたら朝から日が差してきた、こりゃ微妙やねぇこの低気圧が通過したら一気に北西が吹き荒れてサイズダウンも激しいと思うし今回は風をかわすポイントもなさそうだ、明日の土曜はまだ風が強そうだけど日曜は弱まり波も無さげ、こりゃ絶好のSUP日和になりそうな雰囲気ですわ、年末の貴重なピーカン予想なんでとりあえずは伊良湖、今日は午後からの黄砂にご注意を!

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

O’Neill World Cup of Surfing - Day 8 Highlights

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TAMAちゃん

Tama

昨日自宅へ戻ったらティンクちゃんとは別にこんな子がいてビックリ、どこの子やねん。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2010

Breaking down Sunset with Jarrad Howse

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トヨタ博物館

Corvet11Corvet22Inishie

朝イチでトヨタ博物館へ行ってきました、入口に展示されてたコルベットに胸キュン、実は1月10日までこの博物館では特別企画「甦れ!クルマたち、博物館のレストア活動」ということで様々なレストアの方法やその実物が展示されています、その一環としてレストアつまり「修復」という繋がりか美術品の修復の工程も展示されているんです、そこでは私が以前陶磁資料館へ寄贈した作品とその修復の過程が展示されていて興味深いものがありました、お暇なら寄ってみてくだされ。   トヨタ博物館

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

記念切手

Kittte

今朝郵便局へ切手を探しにいって見つけたの、良いでしょその上にこれシールになってて台紙から外してそのまんま貼れるんです、しかもミシン目もちゃんと出来てるし、今月はこれで決まりだね。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NASA

Takemotoaa

これは鳥取宴会の二次会らしい、私はもうとっくに寝てる時刻に皆さん盛り上がったようだ、たしか明け方トイレで起きた時に竹本会長は部屋におらんかった・・・この写真の時点で既に会長の記憶は無いそうだ、本人はこの後UFOに記憶を消されたと言っているけどひょっとしたら夜明け前に連れ去られ記憶を消してから戻されたのかも?何でも今日NASAが地球外生命体について重大な発表をするそうだ、この会長の件でなければええんだがね。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またやっちまった~

Mutototori

どうも最近私がお昼寝してるとお花を飾るのがはやっているようだね、鳥取の初日お昼からのポカポカ陽気に誘われてついつい道路上でお昼寝してしまった、まあ本人は寝てるんで判らんのだけど、どなたかが枕元に野草を飾ってお祈りしてくれたらしい・・・・。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2010

続鳥取ツアー

Takemoto11Takemoto22Takemoto33Tekemoto44

今回の鳥取ツアーも模様は竹本会長の「T-FACTORY」BBSにもアップされとりますのでぜひチェックお願い。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳥取ツアー

Toltutori11Toltutori22Toltutori33Tolturori44

今年もとっても楽しかった鳥取スアーの様子が、毎回大変お世話になっているyutaさん のところにアップされました、初日は日本海とは思えないようなポカポカ陽気でスーパーで買い物したお弁当をビーチで頂きハイキング気分も味わっちゃいました。  CROSS STEP
Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そうだったのか

BillikenMasatake_terauchi_uniform

ビリケン(Billiken)は、尖った頭と吊り上がった目が特徴の子供の姿をしている幸運の神の像。日本では大阪の二代目通天閣にあるものが有名で、「ビリケンさん」の愛称で親しまれ、特に足を掻いてあげるとご利益があるとされている。元々は1908年にアメリカ合衆国の芸術家フローレンス・プリッツが制作した像で、彼女が夢の中で見た神がモデルになっているという。これが「幸福の神様」として世界中に流行した。当時のアメリカ大統領であったウィリアム・タフトの愛称が名前の由来とされている。また、セントルイス大学のマスコットになっている。日本には1909年頃渡来し、1911年大阪の繊維会社・神田屋田村商店(現:田村駒株式会社)が商標登録を行い、販売促進用品や商品キャラクターとして使用した。1912年、大阪の新世界に遊園地・ルナパークがオープン。当時流行していたビリケン像が置かれ、新世界の名物となった。しかし、ルナパークの閉鎖とともに、ビリケン像は行方不明となった。1979年、通天閣に「通天閣ふれあい広場」を作る際、かつて新世界の名物であったビリケン像を復活させることになった。伊丹市在住の安藤新平の彫刻により戦前のビリケン像が木彫で復元され、以来通天閣の名物となっている。1996年には通天閣を舞台とした阪本順治監督の映画『ビリケン』が公開された。
第18代内閣総理大臣の寺内正毅は、尖ったはげ頭をしていてしかも目が吊り上がっていたため、ビリケンにそっくりだった。また、寺内内閣は政党からの入閣がない非立憲(ヒリッケン)内閣だった。新聞はこの2つをひっかけて寺内のことを「ビリケン宰相」と揶揄した。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PIPELINE



ちなみにこのお二人は私と同年なんですよ。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »