« 助かります | Main | お知らせ »

September 08, 2010

ALL JAPAN PRO 新島

Kekoa


FINAL
天候/快晴
サイズ/腰~胸
風/無風
<男子>優勝/ケコア ウエムラ 2位/喜納 元輝 3位/尾頭 信弘 4位/辻嶋 司
<女子>優勝/植村 未来 2位/古市 陽子 3位/寺内 優佳 4位/山形 麻維
選手が6:30に集合したシークレットポイントにはテクニックの数々を十分に出せるセットが届いていた。2010ツアーファイナルデイのスタート知らせるホーンが7:00きっかりに鳴らされ、伝統あるオールジャパンプロのタイトルをかけた壮絶なバトルが開始されたと同時に、今季のグランドチャンピオンが決定する。新島という素晴らしいサーフアイランドに名誉を刻むことができるのは一体誰なのか。男子ファイナルは喜納元輝、ケコア・ウエムラ、辻嶋司、尾頭信弘のパワーとスタイリッシュなサーフィンを兼ね備えた実力の持ち主が顔を揃えた。ヒートスタートした1本目から6.00ptをマークしたケコア。そして喜納が4.35pt、辻嶋が3.65pt、尾頭が3.75ptと4人のそれぞれの1本目のライディングが最終的にベスト2にスコアされるエキサイティングなファーストライドとなった。喜納、ケコアに関してはグランドチャンピオンの行方を握る一騎打ちとなる。SFではそのケコアを抑えトップ通過してファイナル進出を果たした尾頭は真っ向からオールジャパンのタイトルを取りに来ている。また今シーズン初ファイナルとなった辻嶋も気合十分。コンパクトだがきれいなブレイクを見せるシークレットポイントの波をいかにコンビネーションするかがハイポイントへの鍵となる。ファイナルヒート中、たった3本の波にしか手を出さなかったケコアが2本目4.50pt、3本目4.85ptと掴んだ波で確実なポイントを出し、アベレージの高いサーフィンで最終戦となるオールジャパンプロを制覇するとともに2010年度グランドチャンピオンに返り咲いた。女子ファイナルは、今シーズン試合ごとに確実なステップアップをしてきた山形麻維、寺内優佳が初のファイナル進出。今シーズン第3戦の辻堂でのファイナル進出に続き安定した試合運びで決勝まで駒を進めてきた古市陽子。そして、今シーズンのグランドチャンピオンの座を前戦の茨城で決定させている植村未来の4名が新島シークレットポイントのピークで栄えあるオールジャパンプロのタイトルをかけた戦いとなった。やはり王者の貫禄を見せたサーフィンで4本目の4.00ptと6本目の4.15ptのベスト2を決め他を圧勝した植村未来が今季最終戦も優勝で締めくくった。これで2010年度のロングボードシリーズ全5戦が終了。ルーキーオブザイヤーも男子石井勇貴、女子宇井初美に決定。一生に一度のチャンスを手に入れた2人に今後更なる飛躍を期待する。ショートボードを合わせ5日間に渡る大会開催に力強く協力していただいた新島の人々に感謝いたします。  JPSA

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner

|

« 助かります | Main | お知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ALL JAPAN PRO 新島:

« 助かります | Main | お知らせ »