« 台風10号 | Main | Tip 2 Tip A Girls Touch Episode 4.1 »

September 09, 2010

池田潤レポート

Jpsa2mei

男子ファイナル 喜納、ウエムラ、辻島、尾頭
30分のファイナルヒート。ヒート開始早々、大会会場左側で弱々しくブレイクするインサイドの波に対して、ウエムラが、ゆっくりと崩れ方をみながら、ゆっくりとテイクオフ。しかし、その波は意外なほどに、奇麗にピールした奇麗なライトハンダーブレイクを見せた。その波に対して、ウエムラも最高なサーフィンを見せて、早々に6点台のハイスコアをゲット。試合開始早々大きくヒートをリードする。ヒート中盤にはいると、ハイタイドに伴い、波数が減少。選手達は左右に大きく移動しながら、良い波を探すがなかなか良い波を見つける事ができない。その後、喜納が、良いリズムで波をつかみウエムラを猛追するが、なかなか6点台を得る事のできるような波が入ってこない。ウエムラと喜納の点差はわずか2点以内だが、ヒート後半に入ると、ますます波数、サイズともに減少してヒートは終了。惜しくも喜納に逆転のチャンスは訪れなかった。ケコアはjpsaのフル参戦最後の年を、グランドチャンピオンで終え、有終の美をかざった。喜納元輝も大学へ。嬉しいオールジャパンとグランドチャンピオンの2冠を、手中に納めたのはケコア・ウエムラとなった。ケコアはjpsaのフル参戦最後の年を、グランドチャンピオンで終え、有終の美をかざった。ケコア・ウエムラは、来年からは、自身のビジネスの為に、jpsaにはスポット参戦予定。そして喜納元輝も大学のインターン生活のため、jpsaのフル参戦は、今年をもってしばらくお休みとなる。そのため、来年のサーキットは、新たな戦国時代の幕開けとなる。2人のサーキット離脱により、来年のjpsaサーキットは新たなチャンピオンが誕生する事は間違いない。来年もjpsaロングボードサーキットからは目が離せなくなりそうだ。 池田潤
エエッ・・・この二人が来年はサーキットから離れるんだ、こりゃ来年はベテランの返り咲きが見られるかな。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!banner


|

« 台風10号 | Main | Tip 2 Tip A Girls Touch Episode 4.1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 池田潤レポート:

« 台風10号 | Main | Tip 2 Tip A Girls Touch Episode 4.1 »