« Real B voice Pro Longboard TAITO presented by 海童 | Main | Surf Beauties »

June 14, 2010

ASP LIVE

Kebin

昨日は海じゃなかったんで早起きしてもやることがなくグダグダで始まった、午前中からツイッターでSURFMEDIAがライブを送り始めたんで見てたら気になって気になって、自宅のPCが調子悪くて使えないんだけど息子の部屋に忍び込んで何とかファイナルは全てネットのLIVEで見ちゃいました。いやはや最近のASPLIVEの進歩は凄いんですね自宅の無線ランは光じゃなくて有線TVなんですがまったくストレスなく綺麗な動画が見られてスポーツ鑑賞としては十分のレベルになってました、それに池田潤プロの解説も親切で技も判り易く10倍楽しめました。まずはウィメンのファイナルからスタート、なんてったってあの丸山良子が出てるんで冷静には見ちゃおれんかったです、まあ娘を見ると言うより孫を見守るって感じでしたが何と最初の一本でファイナルのハイスコアとなる5.0を出してしまい、これで逆に追われる立場になったのが本人には辛かったんじゃなかろうか?でもさすが太東に住み込んだだけあって地形を誰よりも知っているのが良く分かる波選び、最後までハラハラさせてくれたんだけど見事な初優勝でした。数日前にお気に入りのボードを盗難にあって落ち込んでたと思うけど、神様はちゃんと見てんだね、これで帳消し以上でしょう、今後の活躍を期待してますよ。さて続くメンファイナルはハワイVSカリフォルニア、マニューバーVSクラシックというボンガVSケビンの凄まじい対決となり見どころ満載でしたが、私が見るに二人のそれぞれ一本目で勝負は決まったようなもんでした。まずケビンの一本目はまさにケビンスタイルそのものでノーズライド・とんでもないソウルアーチ・カットバックとパーフェクトに決まって僕が見た限りエクセレントでした、続いて乗ったボンガもこれまたこれぞボンガそのものというライディングでノーズを決めた後のリッピング・リエントリーの高さは半端なく、これまたエクセレントと思われ、僕が見てても甲乙付けがたいライディングでした。しかし発表された得点はケビン6.25、ボンガ6,75という結果に、まさにこれが現在のASP基準なんだということを小川さんが見せつけたんだと思います。当然このポイントはアナウンスされるからケビンはこの得点を知った時点でもう負けを覚悟したんじゃなかろうか、それじゃなきゃヒート途中でボンガとボードを交換して続けるなんて有り得ないことだよね。私としてもこのファイナルの採点は凄い勉強になりました、コンビネーションは当然なんだけど何が高得点に繋がるのかしっかりした基準を知ることが出来ただけで昨日の成果はバッチリです。優勝したりょーべー&ボンガおめでとう!

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

|

« Real B voice Pro Longboard TAITO presented by 海童 | Main | Surf Beauties »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ASP LIVE:

« Real B voice Pro Longboard TAITO presented by 海童 | Main | Surf Beauties »