« 今村彩子監督&WING | Main | DIAMOND HEAD WITH JAPANESE SURFER GIRLS »

March 16, 2010

Burton Toyota Pro

【オーストラリア、ニューキャッスル・メレウェザー・ビーチ、2010年3月14日】13日間に及ぶオーストラリア最大のサーフィン・フェスティバルである「サーフェスト」のクライマックスとして開催された賞金総額85,000ドルのASP-WQS4スターイベント「バートン・トヨタ・プロ」が終了。28才のグレン・ホールが、ファイナルで南アフリカのブランドン・ジャクソンを破り、ASP-WQS初優勝した。
オーストラリアのニューサウスウェールズ出身だが、アイルランドのパスポートでヨーロッパのコンテストに参加している「マイクロ」のニックネームで親しまれているホールは、14年前にこのニューキャッスルで初めてWQSイベントに参加した。
「14歳のときに、ここで300ドルを獲得して、そのお金を使って、次の週からWQSに参加するって、おかあさんを説得したんです。それでリース(ボンバッチ)と他の子供たちと一緒にウォーレン・スミスの家に泊めてもらった。ニューキャッスルは、僕にとって素晴らしい思い出があるんです」と彼が言った。
大会期間中のほとんどがオンショアで、面を乱されたアベレージ・ウェイブだったメレウェザー・ビーチ。しかし大会最終日にはオフショアと晴天に恵まれ、ファイナルに相応しいクリーンな3-4フィートのコンディションは、選手たちにイベント・ベストスコアを獲得する絶好の機会を提供した。
「表彰台に上がったのは初めてなんです。こんな素晴しいサーファーたちの中で優勝出来た事を本当に誇りに思います。マーク・リチャーズは僕のヒーローなんです。僕が優勝出来た、この場所に、彼が居る事が物凄い事だと思います」と彼が言った。
惜しくも2位となったのは南アフリカのブランドン・ジャクソン。「ファイナルまで勝ち上がれてうれしかったよ。これは僕のオーストラリアン・レッグにおける素晴らしいスタートになった。グレンはよくやったね」とケープタウンのジャクソンが言った。
優勝したホールは、マーガレット・リヴァーで行われるドラッグ・アウェア・プロに出場するため、夕方にはニューキャッスルを出発し、シドニー空港でパース行きのフライトに乗らなければならなかった。彼は、その後タスマニアへ行って、それからアイルランドに戻りヨーロッパ・ツアーに参加予定だ。

Blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

|

« 今村彩子監督&WING | Main | DIAMOND HEAD WITH JAPANESE SURFER GIRLS »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Burton Toyota Pro:

« 今村彩子監督&WING | Main | DIAMOND HEAD WITH JAPANESE SURFER GIRLS »