« HIDEAKI ISHII | Main | DAN MERKEL »

June 16, 2009

DICK HOOLE

Dickhoole


1951年オーストラリア、シドニーに生まれる。高校卒業後サーフィン・ライフスタイルを求め、サウス・ニューウエールズの田舎から、さらにハワイへ、ハワイで後のパートナーとなるジャック・マッコイや、すでに60年代後半にサーフィン映画制作者として名声を確立していたマックギリバリー/フリーマンらと出会い、サーフィン映画に開眼。第一作「チューブラ・スウェルズ」(1976)を制作するかたわら、サーフィン誌「バックドアー」を創刊。「チューブラ・スウェルズ」の成功に続いて、82年に発表した「ストーム・ライダース」でその名声を決定的なものにした。早くからバリを中心に、インドネシアの波を映画・スチールで世界のサーファーに紹介。本作「アジアンパラダイス」誕生のきっかけは81年6月、ニアス島でのディックと石井秀明との出会いにあるといっても良いだろう。現在は夏を追いかけて一年の半分をバリで、残りの半分をオーストラリアで過ごしている。”サーフィンというマジカルな体験、そしてきわめて純粋なライフスタイルとしてのサーフィン、そこから派生するユニークな文化ーーーーそういったものをサーフィン映画を通じて一人でも多くの人に伝えたい”と語るディック・ホールだ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

|

« HIDEAKI ISHII | Main | DAN MERKEL »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference DICK HOOLE:

« HIDEAKI ISHII | Main | DAN MERKEL »