« 夕方 | Main | GW後半 »

April 30, 2009

ASP World Longboard Tour 2009 とは

Bonga11Bonga22


今年のASPのワールドロングボードツアーはオックスボーがツアースポンサーとして2回のASP-WLTイベントを開催。2戦の結果でASPロングボードの世界タイトルが決定する事になっている。その第一戦が伊良湖で7月28日~8月2日まで開催され、最終戦は10月26日~31日、モルジブのパスタポイントで開催され、2戦の合計ポイントで世界チャンピオンが決定する。昨年も今年同様2戦が行われ、見事優勝したのはハワイのボンガ・パーキンスであった。さてそれではどういう選手がこのワールドツアーに参加出来るのだろうか。今年のレギュレーションはまだ正式に発表されていないのではっきりと断定はできないが、今のところ出場選手は32名または48名と言われている。仮に32名の場合で見るとASPのフォーマットでは2008年度ASPシード選手16名、LQS各リージョンから14名、オクスボウワイルドカード2名の合計32名となる。LQS(LongboardQualifyingSeries)とはショートのWQSと同じで世界中で行われる大会で、そのポイント上位にWLTへの出場権が与えられる、ちなみに2009年度はこのLQSは世界中で13戦開催され、そのうち3戦は日本での開催となる。つまりWLTというのは世界中のLQSという予選を勝ち上がった選手と、すでにシードされている選手の合計32名または48名という少数精鋭のトップエリートロングボーダーで争われる真の世界一を決める選手権というわけだ。ショートでは今までに日本でWCTが開催された実績はあるが、ロングボードとしては正に初の快挙となるこのWLTがまさか伊良湖で行われるとは夢じゃなかろうか?果たしてこれが今年だけなのか、それともシリーズとして続くのか、それはまさに神のみぞ知ること、今やることはまずこの会期である7月28日~8月2日に日程を空っぽにして観戦スケジュールを立てることだろう。  ASP

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

|

« 夕方 | Main | GW後半 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ASP World Longboard Tour 2009 とは:

« 夕方 | Main | GW後半 »