« 花粉症 | Main | 日本海 »

February 27, 2009

ヤバイッ!

愛知県は27日、同県豊橋市のウズラ飼育農家で、ウズラ2羽から高病原性鳥インフルエンザウイルスを確認したと発表した。H7亜型ウイルスで、同型のウイルスが国内でウズラから確認されたのは初めて。県の定期簡易検査の結果、陽性反応が出た。ウズラの病死は確認されておらず、毒性は弱いとみられ、人へ感染する可能性は低いという。県によると、確認したのは同市南大清水町のウズラの採卵農家。ウズラ約32万羽を飼育し、主に卵を出荷している。近く全羽が殺処分される。県は家畜伝染病予防法の防疫指針に基づき、半径10キロ圏内を移動制限区域に認定し、区域内のウズラや卵の移動禁止、食鳥処理場などの閉鎖を決めた。県が25日、国の方針を受けて初めて同市内のウズラ農家3戸を対象にモニタリング検査を実施したところ、1戸の10羽中2羽のウズラの血清で抗体陽性を確認した。このため、茨城県つくば市の動物衛生研究所で再検査するなどした結果、27日未明、H7亜型と特定された。鳥インフルエンザウイルスの確認を受け、県は27日午後、緊急対策会議を開き、対応策を協議する。同日、記者会見した神田真秋知事は「卵や肉を食べることで人に感染することはない。県民は冷静に対応してほしい」と呼び掛けた。国内の家畜から鳥インフルエンザウイルスが確認されたのは、07年1月の宮崎県と岡山県以来。これまでに04年1月に山口県、同2月に大分県と京都府、05年6月に茨城県と埼玉県でも発生している。【月足寛樹、丸山進、浜名晋一・毎日新聞】

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

|

« 花粉症 | Main | 日本海 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヤバイッ!:

« 花粉症 | Main | 日本海 »