« 総桐 | Main | ビーチクリーン延期のお知らせ »

August 01, 2008

ASP WQS 6スター 夢屋ビラボンプロ タハラ day3

Net1taharaday302Net2taharaday306Net3taharaday307Net4taharaday310

2008年7月31日 木曜日
ASP WQS 6スター 夢屋ビラボンプロ タハラ
2008年7月29日(火曜日)~8月3日(日曜日)
大会3日目、早朝7時に予定通りラウンドオブ96がスタートした。天候はくもり。波のサイズは腰から胸。昨日よりもややサイズダウンしているが、まだまだコンテスト開催には十分なサイズ。時折入るセットではかなり見ごたえのあるライディングが見られた。ラウンドオブ96には最もハイシードの選手たちが登場し、このラウンドから先が賞金が出る、選手たちの間ではマネーラウンドと呼ばれているラウンドになる。この先の勝ち負けは賞金にもポイントにも大きく影響するので、選手たちの緊張感も増してくる。朝イチのヒートにはこの6スターの直前に行われたカリフォルニア、ハンティントンのUSオープンのウイナーで、現在WQSのポイントリーダー、ナザニエル・カラン(ティム・カランの弟)、田中英義(たなかひでよし)、松岡慧斗(まつおかけいと)、ライアン・キャンベルが出場。現在のWQSポイントリーダーでもあるナザニエルがレベルの違う大きなリップでスタートから独走。熾烈な2位争いの展開になった。ハイポイントが出せずに苦しむ田中に代わって頑張ったのが松岡。何とか2位につけラウンドオブ48に勝ち上がった。続く2ヒート目の佐藤和也(さとうかずや)も持ち前のシャープなサーフィンでヒートアップ。林健太も危なかったが、昨日に続いて最後の最後に逆転し、なんとか2位につけてラウンドアップした。大野修聖(おおのまさとし)はきちんと自分のサーフィンをすることが出来れば負けることはないこのラウンド。前半はスローペースだったものの後半はしっかりいい波を取ってハイポイントをあげ、ダントツの1位で勝ち上がった。そのすぐ後のヒートだった田嶋鉄兵も、シャープなバックハンドのリップで8.50のハイポイントをマーク。続けて1位通過を果たした。田中樹は潮が上げ始めてポイントになる波がどんどん減ってきている時間帯のヒートに当たってしまい、思うようにポイントが得られず先攻されてしまう。しかし他の選手のダブルインターフェアに救われ、なんとか2位で次のラウンドへ。こういう厳しいヒートをラッキーで何とか抜けると、この先ポンポンと行くことも試合には良くあること。風が向いているとポジティブに考えたい。今のところ日本人選手が頑張ってくれていて、週末の活躍が期待できそうだ。世界的にビッグネームの元WCT選手、サニー・ガルシアはパワーのない波に苦しんだが、最後にいいライディングを決めて次のラウンドに進み、シェイ・ロペスもラウンドアップ。しかし同じビッグネームのシェーン・ベッシェンはいい波が見つけられずにこのラウンドで敗退した。明日はラウンドオブ48の12ヒート7時半コールの8時スタート予定だ。

ASP JAPAN

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

|

« 総桐 | Main | ビーチクリーン延期のお知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29945/42029231

Listed below are links to weblogs that reference ASP WQS 6スター 夢屋ビラボンプロ タハラ day3:

« 総桐 | Main | ビーチクリーン延期のお知らせ »