« 先端 | Main | 第10回 伊良湖ロングボードクラシック »

August 02, 2007

2007A.S.P. WQS 6STAR夢屋ビラボンプロタハラ

Tanaka_izuki_q8x6395_mg_0950_mg_0925
8月1日 水曜日
台風5号からやってくる波を逃すものかとばかりに、大会2日目の今日は早朝5時半コールの6時スタート。2007A.S.P. WQS 6STAR夢屋ビラボンプロタハラのラウンドオブ192がいよいよ始まった。
早朝はセットで腰~胸(1メートル前後)のサイズだったが、ヒートが進むにつれ、どんどん波はサイズアップ、昼近くにはセットで2メートル近い波がコンテスト会場の大石海岸に押し寄せた。波はその後も徐々にサイズアップ、夕方にはオーバーヘッドにまで上がり、サイズのあるセットはすでにクローズアウトの状態だった。
天候は晴れ、風はオンショア(海から岸に向かって吹く風)だが、波のフェイスを荒らすほどではなく、コンテストとしては最高のコンディションに恵まれた。潮の加減で時折チューブになるセクションも見られ、ワールドトップクラスの選手たちのサーフィンを堪能するにはまたとない1日だった。
現在世界を転戦している日本人選手たちもこのラウンドには数多く参加したが、その中でも上位選手たちは順当に次のラウンドに勝ちあがっていった。
林健太の8.67、牛越峰統(うしこしみねとう)の8.50、若手の田中英義の8.17など、大会ベスト10に入るハイポイントのライディングも出て、日本人のサーフィンレベルの高さを見せ付けた。特に牛越のドライブの効いた大きなラインは、台風の力強い波に良くあっていて、集まったギャラリーをうならせた。
しかし、ラウンドオブ196の24ヒートを消化し、次のラウンドオブ144に進むと、勝ち上がった日本人選手たちは次々と敗れていってしまい、本日の最終ヒートのラウンドオブ144の第8ヒートまでで、次のラウンドオブ96に勝ち上がったのは田中樹のみとなってしまった。
明日以降に出場するラウンドオブ144のヒート9から先の勝ち残り選手、あるいはワイルドカードシードの日本人選手に期待するしかない。しかし、このあたりになってくると実力に勝るシード選手も登場する。そうかんたんにはヒートアップできないのも現実だ。特に6スターの試合にはASPワールドツアー(WCT)を回る選手も参加しているので、明日からは厳しい戦いが予想される。デーン・レイノルズ、CJホブグッドなどのスター選手たちも今日は大会会場に現れ、なかなか大きな国際大会の雰囲気になってきた大会二日目の2007A.S.P. WQS 6STAR夢屋ビラボンプロタハラだ。
明日は6時ファーストコール。波の状況がこのままいい感じであれば、かなりエキサイティングな戦いが見られることと思う。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

|

« 先端 | Main | 第10回 伊良湖ロングボードクラシック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2007A.S.P. WQS 6STAR夢屋ビラボンプロタハラ:

« 先端 | Main | 第10回 伊良湖ロングボードクラシック »