« ジャッジング | Main | v-land »

August 07, 2006

Billabong presents Yumeya Tahara Pro

06winners
2006/08/06 A.S.P 6star WQS Event
「Billabong presents Yumeya Tahara Pro」【DAY-10】
「 Billabong presents Yumeya Tahara Pro 」も本日が最終日。今日の赤羽根ロングビーチのコンディションは、高気圧に吹き込む風と遠い台風からのウネリが入り、なんと波は腹から胸、セットで肩というサイズ。大会期間中で一番サイズがあったのではないだろうか。まずはラウンドオブ16がスタート。しかし、南東の風が吹き込む会場は、快晴ながら、霧が発生。試合を一時中断する場面もあったが、多くのギャラリーの声援を受け、選手は熱い戦いを見せてくれた。このラウンドからマンオンマンの対決。ここからプライオリティールール、つまり自分が演技をしたら、次に相手が優先的に波に乗ることができるというルールが付け加えられる。相手との駆け引きはもちろん、時間配分や点差により演技の内容を考える必要があり、このルールをどれだけうまく使うか勝負の分かれ目となる。これをうまく利用したのはカーク・フリントフ(AUS)、ネコ・パダラッツ(BRA)、ビクター・リーバス(BRA)、トロイ・ブルックス(AUS)、マルセロ・ヌネス(BRA)などWCT経験者。ここまで好調だったロイ・パワーズ(HAW)、ニック・ライリー(AUS)、TJ・バロン、ジェルミー・フローレンス(REU)、ダスティン・クイゾン(HAW)はここで敗退。さらに昨年のディフェンディングチャンピオンのダニーロ・コスタ(BRA)もビクター・リーバス(BRA)との戦いで、シーソーゲームになるものの僅差で敗れた。続いてクォーターファイナル。ヒート1ではカーク・フリントフ対ネコ・パダラッツ。パワーサーフィンのネコが、エアーのカークを軽く撃沈。ヒート2はロイデン・ブライソン(ZAF)対ビクター・リーバス。ビクターは左の岩場のポイントへ。相対するロイデンは正面右に移動。ここは競るのを避けたロイデンがマイペースな演技でラウンドアップ。ビクターは全く良いとこが出せず終了。ヒート3はトロイ・ブルックス対マルセロ・ヌネス。トロイの頭脳プレイにマルセロはインターフェアを犯し、ベスト1ウェイブに。よってニード13.50ポイントは1本の演技では勝てないということで終了5分前に降参。ヒート4はレオナルド・ネベス(BRA)対ベルナルド・ミランダ(BRA)。ここはベルナルドが自由に攻めてやりたい放題。レオナルドはこのヒート、ファーストマニューバーが甘く、まったく点が伸びず敗退。
さあ、セミファイナルのヒート1はロイデン・ブライソンとネコ・パダラッツ。やはりここはグイグイ押すタイプのネコが有利かと思えば、ロイデンはエアーを織り混ぜ対抗。一本乗るたびに順位が交替する僅差の勝負は、バリエーションを見せたロイデンがラウンドアップ。ヒート2はトロイ・ブルックス対ベルナード・ミランダ。トロイが大方の予想どおり終始ヒートをリード。ベルナードの逆転に必要なポイントは7.12ポイント。そして、最後の1分を切った時、優先権はトロイ。それまで張り付いたトロイだったが、波が良くないと判断したかそのままスルー。ベルナード、これにすかさずテイクオフ。そこからワンターンで当て込み、続けて2発。これに8.00ポイントがついて、なんと大逆転で決勝進出を決めた。トロイは最後のツメが甘く悔しい敗退。さて、ファイナルはフレッシュな組み合わせ。15分のブレイク後、ロイデン・ブライソン(ZAF)とベルナード・ミランダ(BRA)の対決がスタート。先程の勢いのまま、ホーンが鳴るとすぐテイクオフしたベルナード。まずは軽くリッピングしてプルアウト。気持ちが乗っているのか、まだ興奮覚めやらぬ状態なのか、少し乗り方が粗い気がする。それに対しロイデンは、じっくり波を選んで勝負し、まんまとこれが的中。まずは肩の張るレフトの波にリップを4発。それもファースト、セカンドマニューバーはすべてワンターンでスムースなリップというお手本。なんと最初の演技で、9.00ポイントをたたき出した。さらに圧巻は4本目の演技。サイズアップしたレフトのセットをディープにチューブイン。会場からは悲鳴に近い歓声が上がり、姿を見せたと思えば最後はロールインで、9.83ポイント。これでトータル18.83ポイントとなり、ベルナードをコンボに追い込む。そのベルナード、何とか追いつこうと演技するものの今度は緊張からか、動きが固く点が伸びない。このまま終了かと思った5分前、リップに加え、滞空時間が長いエアーで8.17ポイントを獲得。応援団も俄然元気を取り戻すが、MCのコールで一回の演技では逆転はできないとわかり意気消沈。最後はベルナード自ら、負けを認めロイデンに拍手を送り、ここでタイムアップ。ロイデンは優勝賞金 $15,000とともにビッグタイトルを手に入れた。2位はベルナード・ミランダ、3位はネコ・パダラッツとトロイ・ブルックスという結果。これで 「 Billabong presents Yumeya Tahara Pro 」も無事終了。来年もお楽しみに
Masataka MIC Kato
ASP international Japan Branch
Regional Tour Director


blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

|

« ジャッジング | Main | v-land »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Billabong presents Yumeya Tahara Pro:

« ジャッジング | Main | v-land »