« アクセス | Main | サイクル »

April 12, 2006

波羅門

Baramon久々に、EDITOR:Hideaki Ishii の名前に興奮しているサーファーが多いはず、なんと22年ぶりに石井さんが編集したこの本は相変わらずの口調で石井ワールドが繰り広げられていた・・・きっと22年たって彼を必要とする時代がやっと来たのだろう、彼のサーフィンに対する深い愛情の表れなのだと感心する、相変わらずのメンバーも登場し懐かしさで眼が潤む、彼の時代を知らない若いサーファーにもぜひ一度読んでもらいたい。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

|

« アクセス | Main | サイクル »

Comments

うわぁ〜、知りませんでした。
「あの」石井秀明さんがカムバック?嬉しいじゃありませんか。サーフィンクラシック、創刊号から全部持ってます。石井さんの文章、ちょっと難解なのが…。いや、自分の頭がついていかないだけなんですが。
さっそく本屋さんに行ってきます。そうかぁ、楽しみだなぁ。
とてもタメになる情報をありがとうございました。全然知らなかったです。

Posted by: 脂身 | April 12, 2006 06:02 PM

脂身さん、相変わらず難解でしたよ、それでもインタビューの中に何で当時メディアから離れたのか本音も書いてあって面白かったです。

Posted by: Balihigh | April 13, 2006 07:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 波羅門:

« アクセス | Main | サイクル »