« 復帰 | Main | 幻の写真 »

July 04, 2005

確定

blogmituhiko
昨日ビーチクリーンの後で、今回取材中の伊良湖でのサーフィンルーツと考えられていた、鈴木光彦さんとのインタビューがありました。今回のインタビューでは先日の勝美さんの内容との照らし合わせを中心に行い、思い違いとかもありましたが、最終的に伊良湖で初めてサーフィンを始めたのはやはり鈴木光彦・鈴木勝美の両氏が1966年の8月、伊良湖ロングビーチでMALIBUのロングボードに乗ったのがルーツと確定しました。昭和21年生まれの光彦さんが19歳の時、プレスリーやベンチャーズの音楽や映画の影響でサーフィンというものに興味を持っていたそうですが、当時若者が多く集まったデパート「オリエンタル中村」の南大津通り側のショーウインドウにデコレーションとして展示されたロングボードに興味を持ち、その展示が終わった8月初旬、デパートと交渉して「34800円」で購入したのが始まりでした、また前回誤認でしたが、この時のMALIBUは凄く重かったもののすでにフォームを使ったものだったそうです。そして近所に住み、また親戚でもあった勝美さんを誘い、ブルーバードにボードを積んで、それまでも夏場に遊んでいた内海方面から波探しが始まり、とうとう渥美半島まで遠征したのが始まり、そして勝美さんの言うとおり、当時植物園だった弥八の展望台からロングビーチを発見したんだそうです。その1966年はやはりシーズンを通してWAXは知らず、大変な苦労だったとか、また波を探しながら探検のように渥美半島をドライブし、先端までも行っていたそうですが、やはりサーファーが誰もいないせいで波の良いロングビーチ以外に入る必要がまったくなかったので他には入らなかったとのこと。他からの情報ではロコや港等他のポイントに入るようになったのは1971年からという意見もありました。そして翌1967年には平凡パンチで日本サーフィン連盟の所在を知り、早速連絡を取ってTED阿出川さんを紹介され、TEDサーフボードを扱う事になり、ここで石塚・竹内両名が入り、このシーズンは4名でサーフィンをしたようです、また同時に平凡パンチでWAXの存在を知り、ろうそくで代用し技術アップに繋がった模様。またこの竹内さんの親戚が三重の安乗にいたことから、この時点で三重まで遠征してサーフィンもしていたとのこと。さらに素晴らしいことに1969年には何とハワイまで出かけてしまったそうです。このハワイの話は「カズくん」が詳しいそうなので次回改めて取材してみます。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

|

« 復帰 | Main | 幻の写真 »

Comments

カズくんって、そんなに古くからサーフィンしていたんだ(~_~;)今だに現役のショートだし・・・そろそろマウンちゃんの登場時期でしょうか??

Posted by: maize | July 05, 2005 07:07 PM

それが60年代にはマウンちゃんが出てこなくって?何時からなんだろか?まあそのうち本人から確認とります。

Posted by: balihigh | July 05, 2005 07:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 確定:

« 復帰 | Main | 幻の写真 »