« ウエットスーツ | Main | 伊古部 »

July 20, 2005

ジャッジ

僕は今までもこれからも一生アマチュアのサーファーで行くので当然のことのようにNSA(日本サーフィン連盟)のお世話になっている。NSA最大の大会である全日本選手権でもすいぶんとお世話になったのでこれは当然だとは思っている・・・ただしジャッジシステムとロングボードの扱いには異論がある。特にジャッジに関しては年を取ってきて何とか良い形でサーフィンに関っていきたいのと、お手伝いをしたい思いで受験を始めた、しかしどうもあの受験システムは現状には適合していないように感じていた、受験内容でその大部分がテキストの暗記とジャッジペーパーの集計、実際の採点はビデオを見ての採点のみ。伊良湖での地域的な大会ですら集計はパソコンでやる時代になんでジャッジが計算機片手に頭悩ます必要があるのか、また記憶力にかげりが出てきた年長者にはあの筆記試験は困難すぎてなんともならない、実際各有名ポイントから長い経験のある素晴らしいサーファーがせっかくジャッジの手伝いをしようと思い立って受験してもこの内容ではほとんど失敗してしまい、その結果せっかくの経験あるサーファー達にジャッジ資格が与えられず、受験戦争出たばかりの若い受験慣れしたジャッジばかりが増えるようなことにもなりかねない。お恥ずかしいけど私もすでにB級ジャッジ受験には2度も失敗しやる気がなくなっている。そこへ昨年からのジャッジルールの変更による混乱が拍車を掛けた状態で悩んでしまった。記憶や計算には自信が無くても長年の経験から人のライディングの良し悪しの判断は充分に自身があるのだが・・・・。そんなわけで実はASPルールにもとずいたJPSAジャッジを受験しなおすことを決心した。こちらは2日間に渡りジャッジ方法の講習が7時間、テストは30分、そして実際のJPSA大会での実技、つまり実際にジャッジをしての講習が主体となるのでこれなら納得できる、最新のジャッジ方法も真面目に知りたいので年を気にせず頑張ってみようと思っている。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

|

« ウエットスーツ | Main | 伊古部 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジャッジ:

« ウエットスーツ | Main | 伊古部 »