« お勧め | Main | お知らせ! »

July 01, 2005

津波対策訓練

平成17年度津波対策訓練実施計画
1 目的
  この訓練は、災害対策基本法及び田原市地域防災計画に基づき、市、防災関係機関、自主防災組織、地域住民、海岸入込者等が一体となり、その発生が懸念される東海・東南海地震を想定し、地震災害及び同地震発生に伴う津波襲来に備えて対策訓練を実施することにより災害による被害の軽減及び市民防災意識の高揚を図ることを目的とする。

2 訓練日時・訓練場所
  平成17年7月8日(金)午前9時30分から午前10時15分まで

3 実施訓練及び実施場所
(1)津波情報伝達訓練、田原市赤羽根町 赤羽根漁港及び東堤(通称:ロコポイント)
(2)津波避難訓練、田原市赤羽根町 赤羽根漁港及び東堤(通称:ロコポイント)
(3)人命救助訓練、田原市赤羽根町 赤羽根漁港
(4)避難者確認訓練、田原市赤羽根町 赤羽根漁港

4 主催
  田原市

5 参加機関・団体
 赤羽根西自主防災会、赤羽根漁業協同組合、田原市サーフィン協会、田原市消防団(赤羽根分団)、第四管区海上保安部伊勢航空基地、蒲郡海上保安署、愛知県田原警察署、田原市(防災対策室、 赤羽根支所、消防本部、赤羽根分署)

6 参加人員・車両等
人員約150名、車両5台、漁船15隻、航空機(ヘリコプター)1機

7 訓練想定
  平成17年7月8日(金)午前9時30分 東海・東南海地震が連動して突発発生した。この地震のマグニチュードは、8と推定され田原市のほぼ全域が震度6弱以上である。また、同時に津波予報区「愛知県外海」に大津波警報が発表され、20分後、田原市の太平洋岸に高さ5メートルの大津波が来襲した。

8 訓練事項
 (1)サーファー、釣り人、観光客、漁業従事者、住民を対象とした避難訓練
 (2)海上保安署、漁協による人命救助訓練
 (3)警察、赤羽根支所からサーファー等への情報伝達、情報収集訓練
 (4)消防署、消防団、赤羽根支所、漁協の行動(広報活動、避難誘導)訓練
 (5)地震発生時からのサーファー等の行動及び避難誘導係の避難誘導行動の確認
 (6)地震の発生を行動起点としサーファー、漁船等のとるべき行動訓練
   ・避難行動(海の中にいるサーファーは速やかに海から上がりサーフボードを放棄して走って避難する。)(沖にいる船は、沖で待機する。漁港内にいる船は沖へ船を出す。)
   ・サーファー同士の呼びかけ(周りへの呼びかけ、駐車場からはクラクション、発炎筒などで合図。)

9 訓練項目及び概要
 (1)津波情報伝達訓練(自主防災会、漁協、消防団、警察署、赤羽根支所、分署)
    地震発生及び津波警報発表に伴い、田原市は、緊急情報衛星同報受信装置(防災行政無線屋外子局)により太平洋岸地域に対して津波警報等の伝達及び避難指示を行なうとともに田原市消防本部赤羽根分署、田原市消防団、愛知県田原警察署は車両により太平洋岸地域に対して津波警報の伝達及び避難指示ならびに避難誘導を行う。漁協関係者は、漁船へ津波警報の伝達及び避難指示を行う。
 (2)津波避難訓練(自主防災会、漁協、消防団、警察署)
    海岸付近にいる者は、津波警報等の伝達に伴い速やかに安全な高台に避難する。漁船は漁港内に停泊している船は沖へ出す。また、沖へ出ている船は沖で待機。自主防災会・消防団・警察署は、大津波警報発令の報(訓練)により海岸線に至る道路において避難してくるサーファー等を誘導する。
   注:実際時の行動の確認であるので崖の上から呼びかけ誘導とする。
 (3)人命救助訓練(漁協、海上保安署、分署)
    災害対策本部の防災カメラにより発見した要救助者(2名)を田原市消防本部赤羽根分署救急隊及び支援隊が現場にて海上監視を行いながら情報収集する一方、要請を受けた赤羽根救難所の漁船及び第四管区海上保安本部伊勢航空基地所属ヘリコプターにより要救助者を救助する。
(4)避難者確認訓練(自主防災会、赤羽根支所、分署)
    避難誘導広報により避難してきた人の確認及び未避難者の確認を行う。またけが人がいた場合、応急処置を行う。
 (5)津波災害意識高揚(防災対策室)
    サーファー、釣り人、観光客への津波意識向上を図るため、訓練趣旨を説明し、津波災害に備えての意識向上を図る。
   ア 東海地震・東南海地震発生時における津波説明
   イ サーファー、釣り人、観光客等への津波発生時における行動説明
   ウ 避難場所、避難方法の説明

10 その他
 (1)訓練当日、本市域において次のいずれかに該当した場合は、訓練を中止する。
   ア 大雨、暴風、洪水、高潮警報のいずれかが発表された場合。(訓練実施に支障があると予想されるその他の気象予警報が発表された場合を含む。)
   イ 震度4以上の地震が発生した場合。
   ウ 津波予報区「愛知県外海、伊勢・三河湾」に津波警報または津波注意報が発表された場合。
   エ 東海地震観測情報・注意情報・予知情報(警戒宣言)が発表された場合。
   オ 災害発生が予想される場合、または地震等による突発災害が発生した場合。また、雨天等の場合には、訓練内容の一部を中止あるいは変更することもある。訓練を中止する場合は、訓練当日の午前6時30分までに決定し、訓練参加機関・団体に中止の旨を連絡する。
 (2)各活動部隊の実施要領詳細等は、別途計画による。
 (3)訓練計画担当
    田原市総務部防災対策室 防災対策係 
    (電話:0531-23-3548、FAX:0531‐23‐0180)


|

« お勧め | Main | お知らせ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 津波対策訓練:

« お勧め | Main | お知らせ! »