« June 2005 | Main | August 2005 »

July 30, 2005

7月30日

今朝は夜明けとともに取材が始まり、結局丸一日中びったし密着でした、大勢の中年の星へのインタビューもあり盛り沢山すぎて編集が心配です。波は朝は無風、後は回って一定せずだったけど終日腰〜腹有りまあまあのコンデションでした、疲れた〜。image.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 29, 2005

NSA

今回の資料集めで、どうしても確認の取れない事があった、それは60年代の愛知とNSAとの繋がりと、1971年の全日本の資料の問題だと以前にも書いた事が有った、この件では電話でNSAに問い合わせてみたものの返事は無し、しょうがないから広報宛に丁重なメールでお問い合わせした結果届いたのが「1971年の全日本のパンフレットはこちらにも一冊しか残っておりませんのでお貸しすることが出来ません。愛知支部との関係ですが69年から79年の間ということしか分かりません。30年以上前のことですのでこちらでも資料が確認できないのが現状です。よろしくお願い致します。NSA事務局」なんだか硬直化してる組織なんだというのが良く判るな、ちゃんと執筆中で資料がお借りしたいと言ってるんだから一冊しかないならコピーくらいしても良いんじゃないのかなと・・・勝手に思ってみたりしちゃうよね。様はまったく資料の整理がしてないんだと思う、うーーん何となく悲しくて、辛いな。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シャークアタック

先日来、伊良湖でのサーフボードへのシャークアタックはいまでに話題になっていて大勢があの画像を携帯に保存しているようだ・・・が・・・しかし・・・これには敵わない、マジです、恐ろしくて内容は言えない・・・でもサーフィンは止めないよ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

28日

asahi80loko79結局片浜を出てから伊良湖へ直行、しかし夜中のどん吹きには参った、まったく風の収まる気配も無く、これじゃ消えるは・・・と諦めながら熟睡。案の定朝起きてみたら一気にサイズダウンしてしまいワイド気味の胸前後の波だった、それでも目の前に波が有ると入ってしまうのがサーファー、急いで着替えて入水、見たとおりのダンパー波だったけど上げてきたらそこそこ楽しめた。しかし今回の台風でビーチの砂がイッキに移動した様で次回のうねりでのブレイクが楽しみだ、それに予想では来週また熱低が接近するので今年のWQSは波に恵まれそうな予感がする。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニュースな日曜日

cbc2071東京出張中、急にCBCテレビのディレクターから電話が入り、日曜朝9:54~11:00のニュース番組「ニュースな日曜日」でサーファーの私を取り上げてくれるとの事、早速昨日はロコポイントまでわざわざ来てもらい取材の準備があった。残念というか申し訳ないんだけど、考えてみたらもう何年も日曜に家にいたことはないし、当然ながらビーチにはテレビもないのでこの番組を一度も見た事が無い。なんでもその番組の中で10分間ほどのコーナーがあり、40~50歳代の趣味人間の特集があるらしい、海で一部の撮影やら打ち合わせの後そのまま一緒に自宅へ戻り、PCチェックしてる時の撮影や今までの大会の資料・古い写真等を探し出して、これまた撮影と打ち合わせ。いよいよ本番の明日は朝の夜明けから一日中密着取材だそうだ、明日はどう考えても波は上がりそうにないのが残念なんだけど興味のある人は来てみると楽しいかもしれないよ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (5) | TrackBack (1)

July 27, 2005

片浜

katahama77東京での仕事が終わり伊良湖へ向かったが不思議なほど都内が渋滞なくスムーズに東名高速に入れた、途中何とか暗くなる前に少しは入れそうだったので急遽吉田で下りて片浜へ向かった、途中風が強く心配したが着いてみたらしっかりとしたうねりで良いサイズの波が入ってきていた、仕事終えた?カモンもいて早速飛び込むと何と久しぶりのボビッシュ水野くんに再会、しばらくしたら熊さんまでご登場で静波状態だ、なかなかワイドで切れ目を探すのが難しかったが少しでも海に入れて良かった、疲れも取れて大満足なり。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風一過

fuji75
一時は上陸が心配された台風7号は結局東にそれたようで今朝は予定通り東京へ向かっています、多少雲がある程度の良い天気でドライブ日和り、伊良湖はまだ吹き返しのオフショアが強いクローズ!まあ出来て夕方でしょうね、一日しっかり働いてきます。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 26, 2005

カラパナ

kalapana1kalapana270年代のサーファーにとって「カラパナ」はまるで聖歌のように頭に刻み込まれている、まあ一世代前の「ベンチャーズ」のようなものかもしれない。このコンサートが名古屋に来ると夏だな~と思ってしまう。昨年はどうした訳か?会場が栄の「ブルーノート」になりサーファーには適さない価格が結構ブーイングされ集客に失敗したようで、今年はまた元の「ボトムライン」に戻り8月6日(土)18:00と決定した。恐らくここの「伊良湖サーフィン史」に登場するようなじいちゃんサーファーが勢ぞろいして、ビール飲み放題にした主催者を後悔させる事になるだろう。前売り7500円、当日8000円と非常にリーズナブルなので興味のあるサーファーはぜひとも一度行って見るだけの価値は有る。誠に残念ながら私は当日同時刻に伊良湖ロングビーチでWQSのイベントに参加するため、今年のコンサートには行けなくなった、どうか私の分まで楽しんできて下さい。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

台風7号

th70000310日曜にチェックした時には時速30kmだったが現在は15kmとゆっくり北に進んでいる、大型から並の大きさへとダウン気味だが、コースが縦断コースをとりそうなので今後夕方から深夜にかけて強い風雨の可能性がある。昨日の先端は頭前後の良い波だったそうだが、さすがに3日間いた後では無理なんでパス、朝届いたメールでは、まだ台風サイズでないから来なくていいとか言われたが・・・フェイントだったかもしれん・・・、後は通過後の表浜を狙うほうが良いね。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

発煙筒

ここのところ「日本カーリット」という会社から連絡が来ている、以前に津波避難訓練で何とか発煙筒を使えないものかと色々と調べてこの会社にたどり着いた、国内有数の爆薬メーカー、担当者の方に発煙筒に関して使用目的を伝えたものの、その目的に合う発煙筒がないとの事で他の会社を紹介してもらい、前回の訓練で使用した発煙筒を入手した。今回の連絡はこちらの目的に合いそうな発煙筒の試作品が出来上がってので見て欲しいとのこと、来週には大阪から担当の方と製作の技術者が私の自宅でテストをすることになった。また来週は伊良湖でWQS6スター開催中で6日には大きなイベントがある、そのときには地元の警察・消防・防災のそれぞれ担当者も来る予定なので、できればその場でもデモンストレーションをするつもりだ、前回の訓練でもある程度の効果ははっきりしたし、風によっては警報スピーカーがあまり役にたたないこともあり、現場でも注目されている。やはり金額的にも張ってくるし、常備する数も多くなるだろうから、行政の予算を頂くしか方法は無さそうなので今後はそちらとの交渉になるのかな。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2005

ロングビーチ

lb_21金曜の夕方5時過ぎには学科講習が終了したのでNovoさんと久々にロングビーチへ入っていた、暫くするとビーチにカメラを持った人の姿が・・・こんな時間には珍しいのでじっくりと見ていたら、どうもショージくんのようだった、ビーチまで乗り継いでみたらやっぱりその通り、長い長い出張から無事に戻ってきたようで、さすがに真っ白けの顔に戻っていた、そしてその時の映像が彼のblogに出ているので使わせてもらうことに、ウーン、こうしてみるとやっぱこのラッシュは目立っているじゃんか。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

台風7号

th7昨日は大会の合間にあちこちチェックしていたが、それほど台風のうねりを感じていなかった、特に先端はまったく反応せず、情報も少ない為に台風7号はてっきり進路を西に取り離れているものだとばかり思っていたのだが、今朝の情報では一気に表浜がクローズしていたので再チェックしてみたら、なんとまったく進路予想が変化して、現在台風7号は本土に向かい北上中、このまま行くと明日には本土上陸の可能でまで出てきている。今日から水曜までの伊良湖表浜は相当なクローズが続くので夏休みになったこの時期、状況の読めない初心者が流されないことを祈るしかない、残念ながら今回の台風は3日間のジャッジの為疲れ果て、一旦パスするしかなさそうだ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デザイン

carAA
今回の「クイックシルバータハラカップ」の為に遠征してきたクイックシルバージャパンのお車、なんと良い感じだこと。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2005

ヘッドジャッジ

suzuki72934AA今回のジャッジ実習は15ヒート、JPSAから派遣されたヘッドジャッジがそれぞれのジャッジの点数等を詳しくチャックしていく、前々からヘッドジャッジは厳しくて下手な点数入れると後ろから手が飛んでくると脅されてた。それでなくてもJPSAのヘッドは恐ろしいタイプが多いので?さてさて一体どんな人が来るのか戦々恐々としていた、まあやはり怖そうな人だとは思ったけど、何と名前聞いてビックリ仰天、伊豆の鈴木秀哉プロが今回の担当ヘッドジャッジだった。1985年頃、前にも書いたがBaliHighが久我孝男のサポートをしていた時、同時に伊豆の鈴木兄弟、康弘・秀哉をもサポートしていた時期があった。つまり当時は私がスポンサーだったわけだ・・・・まあ結果的にはきっとこれが良かったんじゃなかろうか?非常に懇切丁寧な指導で申し訳ないほどだったから・・・ありがたかったんで早速御礼にBaliHigh送らなくちゃ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

じいちゃん

jiichan001今日ロングビーチのおやぢにエントリー用紙渡しに行ったらじいちゃんからのことづけという写真を頂いた、まったく覚えていないんだけど、ボードは今年のモデルだし、ロンスリ着てるからきっと怪我する直前の時かな?でもこんなサイズあったのは覚えていない・・・やっぱ髪の毛と記憶はどんどん薄くなっていくようだ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2005

素晴らしい

judge1AAjudge73JPSAメインジャツジルームは完全にコンピューター化されており、エアコン完備で最高の状態です、これならジャツジに専念できる、ヘッドジャツジは一日中交替なく大変な専門職となっていた、羨ましいような環境だがこれからはどんどんこの環境に近ずいていきたいものだ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クイックシルバータハラカップ

qsAA今日・明日とロコポイントではJPSAクイックシルバータハラカップが開催され準備が整いました、既に全国から集まった選手達が練習を初めています。現在はオンショアながらサイズは胸以上あり大会には絶好のコンデションで熱戦が期待されます、ぜひ観戦にお越しください。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 22, 2005

ジャツジ

koushuu8やっとの思いで学科が終わりました、まあ英語が多くて大変だったけど内容は非常に現実的で実戦向き、僕の理想に近い形だし、ルールも選手の事を良く考えていて今までよりはずーっと良かった、試験はまず合格圏内だろうし、明日は実習だけなんでまずは一安心、今回の大会勝者には何とWCTトライアル出場資格が与えられるという厚遇なんで凄い熱戦になりそうだ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

22日

今朝のロコポイントは無風でじとーっと湿った感じのガスが出ている、面は良いが波はなし、大潮で満潮に向かっているのでまあこんなもんでしょ、あんまり波が良いと講習中に後ろ髪引かれるからちょうど良いのかもしれない、安心して一休み。image.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2005

アリャリャ?

QACA95
さっきの台風6号とは別の熱低がまだありました、ちょっと進み具合が遅いようで、台風になるのは数日後でしょうかね?こちらの方が期待できそう、こりゃ来週かな?

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

台風6号

typhoon000
やっと台風に育ってくれたんだけど、このコースじゃあんまし望みはないかもね?

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2005

伊古部

blogsanchanA月曜はサイズがあったせいでわざわざ伊古部から最長老の「さんちゃん」こと杉浦茂義氏がロコポイントまで来てくれたので早速インタビューをさせていただいた、ちょっと今忙しすぎてテープの編集が出来ていないので詳しい内容はまた後日になるが、今村さん・見田くんの話は非常に興味深いものがあった。杉浦さんは1970年の暮に名古屋へ出てきて栄にあったスポーツ店でMALIBUの8フィート前後のサーフボードをオーダーし、それが届いたのが1971年2月、そしてデビューはその年のロングビーチだった、その日に知り合ったのがターザンで色々と教えてもらったとのこと、伊古部にもこの年か次ぎの年には入るようになり、その当時で10名程のサーファーがいたそうだ、詳しくはまた。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ジャッジ

僕は今までもこれからも一生アマチュアのサーファーで行くので当然のことのようにNSA(日本サーフィン連盟)のお世話になっている。NSA最大の大会である全日本選手権でもすいぶんとお世話になったのでこれは当然だとは思っている・・・ただしジャッジシステムとロングボードの扱いには異論がある。特にジャッジに関しては年を取ってきて何とか良い形でサーフィンに関っていきたいのと、お手伝いをしたい思いで受験を始めた、しかしどうもあの受験システムは現状には適合していないように感じていた、受験内容でその大部分がテキストの暗記とジャッジペーパーの集計、実際の採点はビデオを見ての採点のみ。伊良湖での地域的な大会ですら集計はパソコンでやる時代になんでジャッジが計算機片手に頭悩ます必要があるのか、また記憶力にかげりが出てきた年長者にはあの筆記試験は困難すぎてなんともならない、実際各有名ポイントから長い経験のある素晴らしいサーファーがせっかくジャッジの手伝いをしようと思い立って受験してもこの内容ではほとんど失敗してしまい、その結果せっかくの経験あるサーファー達にジャッジ資格が与えられず、受験戦争出たばかりの若い受験慣れしたジャッジばかりが増えるようなことにもなりかねない。お恥ずかしいけど私もすでにB級ジャッジ受験には2度も失敗しやる気がなくなっている。そこへ昨年からのジャッジルールの変更による混乱が拍車を掛けた状態で悩んでしまった。記憶や計算には自信が無くても長年の経験から人のライディングの良し悪しの判断は充分に自身があるのだが・・・・。そんなわけで実はASPルールにもとずいたJPSAジャッジを受験しなおすことを決心した。こちらは2日間に渡りジャッジ方法の講習が7時間、テストは30分、そして実際のJPSA大会での実技、つまり実際にジャッジをしての講習が主体となるのでこれなら納得できる、最新のジャッジ方法も真面目に知りたいので年を気にせず頑張ってみようと思っている。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6号?

jmap5現在はまだ熱低だが台風に育つのは時間の問題でこの週明けには関東縦断のコースを取ると予想されている、まだまだ予断は許さないが、このコースだと週末にはうねりが入ってくるかもしれない、今週は金曜から伊良湖なんでひょっとすると当るかな?また土・日はロコポイントでクイックシルバーの大会があるので堤防側から2ポイント前後のエリア規制があるので注意して下さい。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 19, 2005

ウエットスーツ

malibu021960年代のサーファーにとってウエットスーツは大問題であった、当然のようにサーフィン用のものは無く、皆がダイビングの店へ行ってはオーダーしたのだが、今に比べれば大リーグギブスのような代物で動くには相当の体力が必要なとんでもない商品だった。この写真は1972年にMALIBUが発行したサーフィン用のウエットスーツ「BODYGLOVE」のパンフレットで当時はすべてが輸入品だった。驚くべきことにこのモデルのうちで左から2番目がカズくん、4番目はなんとターザンだ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヨコハマ

fukui5たしか以前にサーフィンワールドに載ったロコサーフショップの広告も同じ場面だったはず、この写真は1972年の冬に福井、ヨコハマポイントでの第一回サーフィン大会での集合写真だ、小さいので難しいが、よーっく見るとターザンはもちろん、ハッサンやシンちゃんもいる、カズくんの記憶では石塚くんもいたはずだとのこと、前年の宮崎、この年の千葉、そして日本海と当時としてはそうとう広範囲に移動していた事が判って来た。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

HAWAII

hawaii4hawaii21966年に始まった伊良湖のサーフィンは1970年に大転換を迎えることになる、鈴木光彦さんが中心となって初めてのハワイ・サーフィンツアーが開催されたことだ、1970年12月31日、初めての海外旅行に胸を躍らせたサーファーは6~8名、現在確認が取れているのは(鈴木光彦・長坂義正・久保田芳一・阪野益治)、残念な事に写真が不鮮明なのだが左の写真で右から、長坂義正(スーパー)・阪野益次(ターザン)・久保田芳一(カズくん)ひとりおいて服部年光。また右の写真では立っているのが久保田芳一、椅子に座ったスーツのとんぼ眼鏡で決めているのが鈴木光彦、その顔の並びに外人がいるが、そのもみ上げに時代を感じる。また以前にも書いたが、まったくの偶然で同じ日程でEVINの日比野健一一家もハワイにいた。そしてこの旅行がきっかけとなり、帰国後の71年に「LOKO SURFSHOP」「EVIN SURFSHOP「GODDESSSURFSHOP」と次々と開店し、一気に名古屋のサーフシーンが盛り上がり、サーファーの数が加速度的に増えていくことになった。まさに彼らにとってはカルチャーショックのハワイツアーだったのだろう。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

LOKO SURFSHOP

lokosurfshop117日に「カズくん」こと久保田芳一氏から貴重な資料をお借りすることが出来た。その中でもこの写真には感動する、1972年頃の「ロコサーフショップ」サニーピックアップに乗って黄色いボードを持っているのがターザン、その右が熊ちゃん・ハッサン・ジュリー。凄く雰囲気のある画像で、いかに1970年代のサーフショップが若者を引き付けていたかその魅力がそのまま出ているようだ、まさに「カリフォルニア」ですよ。 今入った連絡で当初71年にオープンした時にはこのトラックは白色だったそうで71年暮れに九州宮崎へツアーに出かけてカズくんが事故り、それで色を塗り替えたとの事、写真は1972年、一番左はジュリーだそうで、マウンテンに似てたけど違ってた、マウンテンの登場はこの72年か73年だそうです。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ロングボードスクール

school1Aschool2AA17日のビーチクリーン終了後、午後2時からはロングボードスクールが開校しました、ビギナークラス・レベルアップクラスにそれぞれ別れ、ルール・マナーの説明から岸での実技指導、海へ入ってのマンツーマンの指導、プロ・トップアマのデモまで盛りだくさんの内容で、初めてロングボードに触った超ビギナーでもご覧の通りにちゃんとライディングが出来るようになります、ロングボードに興味のある皆さん、ぜひまた来年参加してくださいね。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

あざ

シャワーを浴びて鏡を見たら胸にあざが・・・・両乳首を正三角形の下の2点としてちょうどその頂点の当りだ、触ってみると痛い。今回の台風では思ったほどサイズが上がらずせっかくのアウトが割れても満潮時はピークが厚くテイクオフが厳しかったもんだから思いっきりデッキを胸で押さえつけてたようで、さすがにそれを3日もやったらあざにもなるなー、ちょっと次回の台風まで休息しなくちゃ・・・と思っていたら今ある熱低は今週末に台風に育ちそうだ、今週は金曜からJPSAのジャッジお受験があるんでどうなることやら。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

お知らせ

第9回伊良湖ロングボードクラシックのポスターとエントリー用紙を赤羽根にある、「大松屋食堂」「レストランサーフィン」「赤羽根食堂」に提示しました、ポスターの下には封筒に入ってエントリー用紙があり、封筒に募集要項やトランジッションクラスのレギュレーション等が貼ってありますので、それを良く読んで8月1日からのエントリー開始に備えてください。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2005

シャークアタック

shark1image昨日17日伊良湖の各ポイントでサメ確認の情報が乱れ飛びました、先端ではハンマーヘッドの180cm級が2匹、しかも何時も僕が波待ちしてる中央だそうです。、また公民館ではショートボーダーがボードを齧られたそうで、しっかりとボードにサメの歯型が残ってます本人は無事なんでなによりでした。、急に水温上がってきたからかな?サメは自分より大きなものは襲わないのでロングボードは比較的安心なんだけど、待ち時間に足をバタバタしてるとやばいかな?ロングビーチでも弥八にはサメの巣があるし、しばらくは要注意です。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (5) | TrackBack (3)

18日

lokp18705
ロコポイント、灯台横のアウトサイド、ほぼ無風、引いて頭〜頭上、面・形・パワー共に◎、しかもピーカンで人も少ない、良い日だった、しかしこのサイズで6時間はさすがに疲れた。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

July 17, 2005

台風5号

昨日から届いた台風のうねり、残念ながら昨日は肩サイズのどダンパーで巻かれると頭が底にぶつかるような強烈パワー、抜けれるのは30分に一本だった。夜は竹本プロ主催のビーチパーティーに参加して楽しい時間を過ごした。明けて今朝のロコポイントは久々の超アウトが割れて灯台横のラインからのテイクオフ!サイズは胸〜肩、セット頭とものたりないものの厚めでメローな波を身内だけで楽しんだ。9時からは全員上がってビーチクリーン、2時からはスクール、その間に伊良湖ロングボードクラシックのポスター貼りと忙しい日だ、夕方は波数が減ってしまいセットつかむの苦労したけどまあ充実の一日でした。image.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2005

お知らせ

台風5号のうねりが予想外に早く、今朝から伊良湖の届き始めています、明日はビーチクリーンとスクールの予定がありますが、ビーチクリーンは予定通り朝9時から、午後開催予定のスクールは波の状況を見て主催者が判断いたしますので参加予定の皆さんは指示に従うようお願いします、せっかくの連休ですが台風の進路から見ても明日以降どんどんとうねりが大きくなってきます、ロコポイントでは特にうねりが大きくなると堤防横に強い流れが発生し、初心者はアッという間に流されてしまいます、どうか自分の技量をしっかりと把握して決して無理をしないようにしてください、海をなめるととんでもない目に会います。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 15, 2005

城山三郎

実は私の隠れた趣味は読書、まあ乱読に近いけど半端な量でないことはたしか・・・何度も読み終わった本をBOOKOFFへ売りに行った事がある。城山三郎は以前良く読んでいたので読み残しは無いと思っていたら「友情に力あり」はまったく知らなかった。
宮澤喜一   東京出身、東大卒、大蔵省から政界へ。
奈良晴彦   東京出身、東京商大卒、外交官、元カナダ大使
苫米地俊博  青森県出身、東京商大卒、元三菱商事副社長
山室勇臣   東京出身、慶応義塾卒、元三菱銀行副頭取
この何の脈絡のない4人が深い友情に結ばれていたという話なのだが、その友情が芽生えたのは「日米学生会議」という、学生が学校・性別を超えてお互いの国を旅行しながら会議をするというシステムで、彼らはなんと日米開戦の前夜昭和14年(1939年)に米国へ行った仲間達であった。当然のことながら当時の旅は船旅、往復1ヶ月という長期の船旅での最初の寄港地はハワイ・ホノルルであった。そこで感受性豊かな若者が始めて見た風景が文章で残っている。「甘いむせ返るような亜熱帯の風。海の色、山の色、空の色。それらがかく迄強烈な色彩の調和を持つ景色を私は未だ曽て見たことが無い。ワイキキビーチでは真っ白な砂の上に緑と青の融け合った大波が交互に打ち返し、四散する飛沫は七色の虹を作る。色とりどりのビーチ・パラソルが浜全体にパッと開いて世界中のあらゆる人種が人種の観念を忘れ果てたかの如く、あからさまの裸体姿を白日の下に曝け出していえう。大波の中でカヌーを操る女、波乗りする男。ワイキキの浜はスリルに満ちる」高瀬重男・東北帝国大学

惜しいな~、ここで興味もって波に乗ってたら我が国初のサーファーになったかも?

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

ロングビーチ

evinsumy5さて、このロングビーチは一体何時頃だろう?EVINの兄さんの横はたしかさパ大佐のコメントにあるサミーさんでしょ?

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

スケートボード

evinskate3スケートボードの歴史は意外と古い、「ローラーサーフィン」とか言ってたような?今のボードとはまったく違う世界のもので、まったくフレキシビリティーの無い木製ボードにこれまた単にローラースケートの車輪部分を付けただけのしろものだったが、やはり横乗りの珍しさか、結構流行ってサーファーなら一度はやっていたはずだ。僕にしてからが1975年頃は名古屋の会社で部長職だったが、いつも地下の駐車場でスケートボードやってた、忘れもしない国立新卒社員の面接の日、ビルの外でスケートボードやってる時に、その本人が来て思わず入社拒否になるところだった。さて懐かしいこの写真は大高緑地で行われたEVIN主催のスケートボード大会の模様、このライディングスタイルなんぞは泣けそうに懐かしい。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 14, 2005

台風5号

tyhoon5jmap3今週末に接近する台風5号の進路が話題になっている。当初はまっすぐ西に進み大陸へ向かうと思われていたが、最新の情報では18日頃からどうも北進しそうだ、しかもその時点では梅雨前線はすでになく、うねりをさえぎる要因は少ない、17日は20度線を越えるので、まさかとは思うが・・・ひょっとしたら週末連休中に台風のうねりが届いてくれるかもしれない。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

御前崎ツアー

evin114evin213evin315日比野さんがグループで御前崎へ出かけた時の写真3枚、恐らくこのスカGに積まれた2枚のTEDが一番最初に手に入れた2枚と思われるし、ヘアースタイルもまだショート、そうなるとこの写真は1969年か1970年に限定される、しかし3枚目の東名パーキングでの写真を見ると横に並んだ名古屋ナンバーのカローラとブルーバードにもボードが積まれている、恐らく写っている5名に写真係の1名(多分マーボー)を加えた6名ものサーファーがいたことになる。もうこの当時伊良湖には100名近いサーファーが出没し始めたようだ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バイク

bike46winagaki2inagaki3
BaliHigh Longboard Teamのメンバー、稲垣幸春くん、通称「監督」(由来は不明)が、来る7月18日(月)鈴鹿8耐エキジビションマッチ・ルーツ・ザ・レースに560CC改造車を駆って出場します、今までこんな裏業を持ってるとはまったく知らなかった、たしかGWの静波でのロングボードプロアマにも出場していたはずなんで、サーフィンとバイクの二股かけてるのね(~o~) しかしSUZUKAに出るとは凄い!皆で応援いたしましょう。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

日比野 雅康

mabo1mabo2mabo3ここまで調べていて気がついたことは、やはりサーフィンを始めるのは多感な青春時代であったということだ、ほとんどの人達が18歳~19歳でサーフィンを始めている、これは同時に湘南とか千葉とまったく違う環境にあり、名古屋から伊良湖までの長い道のりの移動手段として当時から車が不可欠なため、当然免許書の有無が問題となったことでもあったはず。そんな中で彼だけは特殊な環境にあった、大学2年になり車を持ってサーフィンを始めた兄に連れられて若干15歳という若さでサーフィンを始めた、通称「マーボー」と呼ばれる日比野雅康は当然のことでその若さ・センスでサーフィンの上達は目覚しく、71年以降の伊良湖では大会優勝の常連であり、また早期にプロとなり活躍していた。ただ兄さんの話によると、1971年の全日本にはまだ出場していなかったそうだ。当時のレベルからして出場したのは光彦さんと石塚くんだと言われたが、これに関しては今だ確証が無い、NSAにも問い合わせているが予選の記録がまだ見つかっていない。真ん中はロングビーチ岩場のアウトでサーフィン中のマーボー、右はロングビーチでのチューブイン。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 13, 2005

ヘアースタイル

evin4なんと言っても35年程前のことなので誰に聞いてみても年代に関する記憶がハッキリしない。以前書いたように記憶を取り戻す為には当時のニュースや何年生だったかとか、車の車種なんかが手がかりだったが、今回始めてヘアースタイルも重要な年代の決め手になることが判った。日比野さんの場合1969年に始めた頃はショートヘアだったようだ、この写真は一番最初に手に入れたTEDなのと、このヘアースタイルからして1969年か1970年と思われる、もうひとつ気になるのはバックに見えるロングビーチの堤防、まだ真新しい堤防が一体何年に出来たのか一度調べてみないといけなくなった。もうひとつ、当時のTV番組も決めてになるようだ、兼ちゃんは子供の頃に「Rute66」でサーフィンでピアを抜けるシーンを覚えているし、日比野さんは「HAWAII50」や「HAWAIIAN EYE」そして当時お昼の時間帯にJUN提供でサーフィンシーンが放映されていた「SURF BEART」等、こちらも調べてみないといけない。まだあった・・・日比野さんはサーフィンを始める前に「ENDRESS SUMMER」を名古屋駅前のグランド劇場で見た記憶があるそうだ、しかも当時は2本立てでもう1本が「ロメオとジュリエット」だったと覚えていた、しかしなんとも強烈な組み合わせだこと、この名古屋での上映年代も不明。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

近藤茂紀

shigeki11彼もまた伊良湖の歴史に名前を残している、左2名が日比野兄弟、その横でカメラ目線なのが近藤茂紀。GODDESSからその後BaliHighの設立役員となり、東海サーフィン連盟(TSA)会長、TIKI、TOROPICAL JUICEのオーナーでもあった、伊良湖では大きな体を使った豪快なサーフィンでその名を残している。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

見田

mita4やっと見田くんの写真が見つかった、どうも1974年の写真らしいが、彼が伊良湖へ来たのは1971年以降と言われているのでこれは最盛期だね、左から2番目がEVINの兄さん、続いてマイク・パーパス、そしてシャイな感じの4番目が伊良湖で一世風靡した見田くんだ。彼の特徴あるリラックスしたライディングスタイルに憧れたサーファーが非常に多かったはず、先端でのチューブインを忘れることは出来ない。たしか「サーフマガジン」だと思うが、伊良湖特集に彼が出ていたはずなのでいずれ探し出して紹介します。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

サーフショップ

結局鈴木光彦さんはサーフボードを取り扱ってはいたものの実家の木材業の倉庫に置いての直販のみで、サーフショップという感じではなかったそうだ。名古屋におけるサーフショップの第一号は「ジェイビス」そしてその後「LOKO」「EVIN」「GODDESS」と続いた事が確認できた。そして現在「ジェイビス」「GODDESS」はすでに無く、「LOKO」のターザンもいなくなってしまった今、いかに「EVIN」の日比野さんの存在が大きいかよく判る。これら以外のショップ、たとえば「BELLS」等はすべて1972年以降となるため今回の範囲には含まれない。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

EVIN SURF SHOP

evin1evin2evin3昨夜はEVIN SURF SHOPのオーナー日比野健一氏にインタビューをさせて頂いた。また日比野氏よりも早くサーフィンを始めた上沼健氏にも同席して頂いて同時に昔話を聞かせて頂いた。その結果判った事だが、1966年に鈴木正彦・鈴木勝美両氏によって始まった伊良湖サーフィンの歴史は、その翌年鈴木さんの自宅近所、いわゆる南陽町グループとはまったく別なところで同時発生的にサーファーがいたということだ、そちらはあえて言うなら学校繋がりでのグループだったと思われる。1967年に上沼氏は先輩に当たる田内兄弟に誘われて初めてロングビーチへ行きサーフィンを始めたとの事。ダイビングショップMAXで入手したD&Sのロングボードだった。この学校つながりは翌々年の1969年に一気に広がりを見せることになり、今回の日比野健一・日比野雅康兄弟が当時東京神田にあったTEDサーフショップに電話をして2本のサーフボードを手に入れてサーフィンを始め、それは一気にターザンこと坂野益治や近藤茂紀・奥村裕司等へと広まり一気にサーファーが増加したと思われる。しかし驚くべきことは当時のサーファーの殆んどが超セレブだった事だ。光彦さんは当時ブルーバードSSS,勝美さんはミニクーパー、日比野さんはスカGと10代としては信じられないような高級車を乗り回し、しかも驚くことに会長グループは初めて5年目、日比野さんに至ってはサーフィンを始めて次ぎの年にはハワイへ出かけている。今とはまったく価値観の違う当時の海外旅行は強烈にお金の掛かることで、当時初任給が5万円前後の頃でハワイツアーは20万円以上していた、現在に換算すると70~80万円という高額になる。こういうことを簡単に出来る環境にあったということになる。しかも全くの偶然だがこのハワイツアーではまったく同時期に二組がハワイにいたことになる。そしてこれが転機となりハワイから帰った坂野氏は「LOKO]を、続いて日比野氏が「EVIN」をそれぞれ名古屋市内に開店し、サーファーの数が加速度的に増えていくことになった。名古屋ではこの2軒の前に今村さんの「ジェイビス」があるのだがまだ詳しい確認が取れていない。また同じく68~69年頃に豊橋の愛大前に「カトリさん」経営のサーフショップが有ったそうだ、何方かこのショップの情報があればぜひ教えていただきたい。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

松浦兼知

kenji16昨日もまた日比野さんから貴重な写真を数多くお借りする事が出来た。前回のマイケル師匠の写真にもブッ飛んだが、今回の衝撃はまさにそれ以上である。この写真右から2人目、白いトランクスをはきセミロングのヘアーには薄っすらとウエーブのかかった美少年が、なな・・・なんとBaliHigh Longboard Teamの重鎮、兼ちゃんこと、松浦兼知さん、その左の美女が奥様だそうで、恐らく30年以上前の写真と思われるが、こうしてみると写真ってのは凄いもんだとつくずく思ってしまう。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

年表

1964年(昭和39年)
☆平凡パンチ創刊
☆「エンドレスサマー」上映

1966年(昭和41年)
鈴木光彦 鈴木勝美
☆ビートルズ来日
☆全日空、羽田沖で墜落、死者133人(2月)

1967年(昭和42年)
石塚義雄 竹内進 上沼健 田内兄弟
☆ツィギー来日(10.18)ミニスカート更に短く
☆グループサウンズ●フーテン族、ヒッピー族、アングラ族
 ●アングラ酒場●シンナー遊び

1968年(昭和43年)
安部公司 山田真一郎 日比野直實 角谷晃 武藤恒志(番外)
今村さんが昭和区に初のサーフショップ「ジェイビス」をオープン
☆3億円強奪事件(12.10)
☆川端康成ノーベル文学賞(10.1)

1969年(昭和44年)
坂野益治 久保田芳一 服部年光 長坂義正 日比野健一 日比野雅康 
近藤茂紀 奥村裕司 フラン スーくん 山田俊男
☆アポロ11号、人類初の月面着陸成功(7.20)
☆中津川フォーク・ジャンボリー(8.9)

1970年(昭和45年)
角谷元志 ハッサン 熊ちゃん
初のハワイツアー出発(12.31)
メンバー8名(会長・スーパー・ターザン・カズくん他)
この頃私が伊良湖へ顔を出す
☆大阪で日本万国博覧会(3.14~9.13)
☆よど号、赤軍派にハイジャックされ北朝鮮へ(3.31)

1971年(昭和46年)
松浦兼知 杉浦仁 
「LOKO」「EVIN」オープン
第6回全日本選手権開催
☆日本列島改造論
☆銀座三越1Fに「マクドナルド」1号店開店(7.20)

新事実を元に新しく作ってみました

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

古代米

kodaimai064JA59古代米・のなかの黒米ってご存知ですか?最近の健康志向で非常に注目されているお米の一種で、通常のご飯を炊く時に少量加えるだけで各種ビタミンやらなにやら一杯取れて健康に良いそうです。ただ難点は価格が高めということ、そこでナイスなお知らせですよ、田原市サーフィン協会の理事長の杉原幹麿さんは瓦製作の他に農業も営んでおられて約3万坪の田で古代米を作っておられます、しかもその古代米は赤羽根のロングビーチからロコポイントへ行く途中の左に有るJAで格安のお値段で販売しています、何と250g220円と通常市価の約半額なんで絶対にお勧めですよー、伊良湖でサーフィンした帰り道にこんなおみやげも良いんじゃないでしょうか。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

衝動買

shoudou57昨日ベイシティへ映画を見に行った帰り道、1階でフラフラしてたら某ファッションショップでこんなBAGを見つけてしまった、ちょうど機内持ち込みのできるサイズで、しかもコロ付き、そこそこ雰囲気が良くてなんと6000円、思わず買ってしまったけど、どう使おうかいなー?

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月13日

7loko436ロコポイント、朝は無風・面ツルで胸サイズ有り、そこそこ楽しめた。出勤前のパンダとまったりボード談義なんぞしてました、彼が伊良湖へ来たのはやはり全日本の後だそうで1972年以降でした。実は先月の怪我以来、フィニッシュの技を自分で封印してしまった・・・最後にローラーやフローターをやって失敗した場合、特にリップからの落差が有る時に失敗すると足首にレールが当たって大怪我、へたすると足首骨折の可能性もあるもんで、ちょっと避けていた、でも今朝の波はとっても素敵で、特にレギュラーに乗っていくと朝日が反射してまるで鏡のような面になってついつい忘れてしまった、そしたらスライド気味のフローターが何度も決まって気持ち良かった~。なんてアウトでニコニコしてたら何時ものロングボーダーが来たのでいつものご挨拶、彼はロバートオーガストに乗ってるせいもあって何年か前から良く知っていたんだけど、今朝は会うなり「実は武藤さんにカミングアウトする事が有って!」なんて言うもんだから超ビックリして胸ドキドキ・・・・だっておいらそっちのケは無いんだもん・・・焦ったぁ。結局「僕Happy village なんです。」ってことで一件落着、ホッ・・・・、おかげで今朝の画像まで頂いちゃいましたよー。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (3) | TrackBack (1)

July 12, 2005

EVIN

evinA今夜のインタビューは名古屋老舗サーフィショップである「EVIN」の日比野さんと、それより早くサーフィンを始めていた上沼さんのお二人でした、貴重なお話やら写真も一杯出てきたので、詳しくはまた明日ゆっくりとアップいたします。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロングボードスクール開催のお知らせ

今週末に迫ってきたので再度告知いたします。

BaliHigh Longboard Teamでは毎年ロングボーダーの技術・マナー向上の為に
無料ロングボードスクールを開催しております
今年は7月17日海の日に開催が決まりました

ロングボードスクール(無料)
主 催:BaliHigh Longboard Team
日 時:7月17日(日)午後2:00より
場 所:伊良湖ロコポイント(赤羽根漁港東海岸)
講 師:竹本 豊   JPSA(日本プロサーフィン連盟)公認プロ
     安井 章彦  NSA(日本サーフィン連盟)公認指導員
    他多数
クラス:ビギナー   10名(初心者)
    レベルアップ 10名(中級者)
内 容:1)ルールとマナーの説明
     2)海上における危険回避について  【カレント(離岸流)等】
     3)海での救命救急法        【人工呼吸、骨折、止血等】
     4)サーフィンの基本及び実技
料 金:無料
条 件:当日9時より開催されるビーチクリーンに参加すること
申込先:参加ご希望の方はmailにてご連絡ください。
     TEAM BALIHIGH事務局 伊藤聡 suta@yk.commufa.jp


| | Comments (2) | TrackBack (1)

第21回全日本

21nsa121nsa


これを見ると何だか凄いメンバーでしょ、富士川のヘドラ・浜松の小畑・愛知のドガ・三重の淳・・・・凄い時代だったんだと思う。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (3) | TrackBack (1)

福島1986

21nsaいやー、ありがたいことに僕が持っていない第21回全日本サーフィン選手権福島大会のパンフレットを「さパ大佐」が送ってくださった。これをみると21回も20回と同様にシニア・マスターもダブルエントリーをしていたんだ。しかもシニアではまた最初に内藤くんと当たっている・・・、この大会は福島の左右浜で開催されファイナルでは波が大きくゲット不能で堤防から飛び込んだんだけど、どうしても2本しかメイクできず3本目はショートライドで3位に甘んじた悔しい思い出のある大会、それと車で出かけたんだけど強烈に遠かった、それでも決勝の日曜日の深夜走り通して伊良湖へ戻り月曜に波を当てた、当時から波には異常な執着があったようだね。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (8) | TrackBack (1)

July 11, 2005

RIDING GIANTS

lidinggiants1自然が巻き起こす巨大な波に挑むため 野心も 今までの生き方も捨て 現代のルールに背を向けて生きる男達 彼らは一体何者なのか 自らを不死身だと思ってはいない 彼らは 死にたくない 自然の恐るべき力に敬意を払い あえてその身を大いなる力の中心に置く男達たち 愛する家族や恋人に「また後で会おう」と笑う しかしその言葉の裏で 今日が最後の日になるかもしれないと密かに思っている これはそんな男達の物語である
ステイシー・ベラルタ監督

「RIDING GIANTS」こそ正に真のサーファーを描いた最高の映画であり、サーファーだけに最高の感動と涙を与えてくれる、これだけは大きな画面で見るべきものだ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

伊良湖ロングボードクラシック

2005年9月18日(日)伊良湖ロコポイントで開催される
第9回伊良湖ロングボードクラシックの選手募集要項が出来上がりました、
また今年のエントリー開始は8月1日(月)からと決まりましたのでお知らせします。

募集要項及びエントリー用紙はすべて伊良湖ロングボードクラシックサイト

http://www.wa.commufa.jp/~suta/ilc/index.htm

にありますのでよく読んで下さい、毎年締め切り日前に定員一杯となりますので
お早めにエントリーをお願いします、特に今回からはヒート数が減って総参加者
260名限定と変更されていますので気をつけてください。

また注意書きにもありますがエントリー開始の8月1日以前の消印で送られますと、
締め切り後到着同様の取り扱いとなり、エントリー出来ない可能性がありますので
絶対に避けてください。

それでは大勢のロングボーダーからのエントリーをお待ちしております。

          伊良湖ロングボードクラシック実行委員会
                 大会会長   安井 章彦
              ジャッジ委員長   佐藤 正行
                運営委員長   登  俊裕
                 事務局長   永井 孝秀

| | Comments (5) | TrackBack (2)

July 09, 2005

第1ヒート

20heat4同じく全日本パンフレットから、シニア予選のヒート表、第1ヒートでシードされた内藤選手とバッティング、忘れていたが、俊平ちゃんの同じヒートだったんだ。私はここを無事内藤くんに続いて2位で勝ち上がり、当時のNSA規定で準々決勝へ残ったので無事2級に認定された。残念ながら次ぎは敗退してしもた・・・。マスターの順位表も持っていたのだがどうにも見つからない・・・トホホ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

顔写真

20kao3これはパンフレットに掲載された各支部の優勝者の顔写真、左上から3番目には本大会メンで優勝した蒲郡の藤田くんがいるね。右の下から3番目が自分で、その左が「ドカちゃん」斜め左上には「コウジ」も写っている・

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

新島 1985

20zennnihonnhyousi第20回全日本サーフィン選手権は新島会場で開催された、当時のパンフレットも出てきた。表紙を飾っているのは当時ビックウエーバーとして知られた今須伸政で、彼が名古屋に来た時に一緒に食事した覚えがある。このときはたしか車で下田まで行ってから船で渡ったのだが、なんとその下田の船着場横の路上で何年ぶりかの再会を果たしたのが藤本俊平だった。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BigWednesday

bigwednesday1最近は資料集めの為に暇が出来ると本棚をあさる日々が続いているが、結構面白いものが残っていて、ついつい横道へと逸れていってしまう。今日は大昔映画館で見たときに買った「BigWednesday」のパンフレットが出てきた。当時は誰と見たのか?たしかアロハ兄弟だったような気もするが?残念なことに当時はショートボードの全盛期で正直な話、このロングボードを中心とした画面にはあまり興味が持てなかった。それより映画の中に映画シーンで出てくるロペスに感動した覚えがある。まあ最後のビックウエーブの画面はそれなりに気に入っていたし、ジャック役のPTが決めるソウルボトムターンには痺れたもんだった・・・・しかし映画終了後に流れた日本語の歌は一体なんだったんだろう?パンフレットによると、川崎龍介が歌う「こころに海を」というのだったそうだが、まったくの場違いでブーイングの嵐だった。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロングビーチ?

lb2
こちらはロングビーチという説もある、しかしはっきりしない。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

弥八

ya81ya82昨日大松でお借りした貴重な写真、2枚とも旧展望台付近から弥八を見下ろしたもの。左の道路は弥八の位置から見て現在の道路とは位置が違うと思われる、バンガローへ降りるみちだろうか?右では薄くうねりのラインが見えているが非常に美しい。どちらも年代は不明。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2005

大松屋食堂

oomatuyaA伊良湖のサーフィンを語る上で、どうしても避けて通れないのが「大松屋食堂」、ここを知らないサーファーは間違いなく「モグリ」だ。僕も伊良湖へ来るようになってからは以前もっと下にあった旧大松屋では大変お世話になった記憶がある。今日機会があって何時が開店だったのか聞いたところ、即座に「昭和42年2月6日」と返事が返ってきてこちらが驚いてしまった、まあよーっく聞いてみると「やっちゃん」の**歳の誕生日に開店したそうで、それなら忘れるはずはない。しかし開店の年はまだ誰もサーファーは訪れることも無く、初めてお客として来たサーファーは43年か44年、湘南GODDESSの鈴木正氏と名古屋の今村氏だったとのこと、また1971年の全日本の時は試合の前夜から終了後までサーファーで溢れかえり大賑わいだったそうだ、当時の貴重な写真もまだ保管してあるそうなので次回見せていただけることになり、非常に楽しみが増えてきた。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

発煙筒

hatuentouA前回ロングビーチでの訓練時に車載の発煙筒を使ってみたところ、ほとんど煙が出ず発光するのみでほとんど効果が無いことが判った為に、今回私がメーカーに問い合わせて入手した発煙筒のテストをしてみた、この発煙筒は煙に着色されており、今回は赤・黄それぞれ2本ずつを使用してみた、サークルの下ではそれほど風の影響が無くかなり遠方からも確認が出来た為初期の目的は達成できたようだが、発煙の時間が約2分と短く問題点もハッキリしてきたようだ。サーファーに多いデフの方々の為にもぜひこのテストは続けるつもりだ。今日はオフショアだったためサイレンもなんとか聞こえたようだが、これがオンショアであったらサイレンの効果はあまり期待できず、やはり他の方法を考える必要があるはずだ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

津波対策訓練

kunren1kunren2kunren3
今朝9:30より、ロコポイントにおいてサーファーを対象とした津波防災訓練が開催されました、堤防脇に設置された防災用スピーカーからサイレンが鳴り、同時に非常灯が点灯・回転を始めると同時に海に入っていたサーファー約100名が誘導に従い、避難場所まで移動しました。また今回は初めて発煙筒のテストも同時に行いました。避難所に着いてからは津波に関する説明や避難方法の解説があり、その後漁協による救助用フロートの発射実験や、保安庁によるヘリコプターでのサーファー救助訓練も行いました。協力をしていただいた全てのサーファーの皆様ありがとうございました、これを教訓にしてもし地震・津波警報が発令された場合には率先してサーファーの避難誘導をして下さるようお願いします。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

8日

78loko51
ロコポイントは弱いオフショアで面もラインも綺麗なんだけど小さい、せいぜい膝〜腰だね、まあ訓練にはちょうどいいかも、駐車場はガラガラ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2005

エビフリャーァ!!!

si_top10-01
一体誰やねん、こんなUSBメモリー作ったんは!!!!どえりゃー面白いやないの。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

津波対策訓練開催のお知らせ

いよいよ明日8日にロコポイント&港ポイントにおいてサーファーを対象とした津波避難訓練を開催いたします、訓練開始は9:30分ですが、時間のある方は9時集合でお願いします。避難方法等はその場で指示があると思いますのでそれに従って行動してください。明日は田原市が中心となり、警察・消防・保安庁・地元がすべて協力する大掛かりな訓練です、いざと言うときのためにぜひ協力をお願いします。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Lopez

lopez21976年に新島で行われた第10回全日本選手権前日、新島前浜に伝説の波がブレイクしていた、まるでパーフェクトな4-5フィートのグーフィーウエイブ、この写真の与えたインパクトは大きかった、これを見て新島へ行くようになったサーファーが増えたはず。向かって左「マイク・アームストロング」「右が「ジェリー・ロペス」。マジでこれが日本でのショットなのだ。このあとロペスがチューブインする写真もあるが白黒で小さくほとんど見えない。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パワーコード

coard1当時はまだ「パワーコード」と読んでいた現在の「リーシュコード」前身、この写真を見ると当時の状況が良く判る。スケッグの後部にドリルで穴を開けて紐を通し、それに様々な素材のゴムを結び付けていた、それは自転車の荷台で縛るゴムだったり、タイヤチューブを切ったものだったりした。残念ながらそれをどうやって足首に固定したのか忘れてしまった。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

LOKO1976

loko19762同じく「サーフィンワールド」に掲載のLOKOサーフショップの広告、これも僕の勘違いだった写真、この写真も非常に記憶に残っていたがもっと古い時のものだとばかりおもっていた、当然当時のロコポイントでの撮影だろう、残念なことに粒子が粗く、顔が判りにくいがターザンだけはしっかりと目立っている。この当時は僕がGODDESSからKIKIへ移った頃なんだけど、どういうわけだかまったく買い物したこともなかったLOKOのターザンとは仲が良かった、理由はまったく覚えていないが、良く海で話をしていた覚えが有るし、一時我が家にホームステイしていた若いオージーガールにちょっかいだしていたこともあった・・・こうして古い雑誌をみていると色々な事が思い出されてくる。 さていよいよ来週火曜には「エビン」のインタビューが決定し、現在「あざらしくん」も当時の資料を探してくれている、まだまだ出てきそうな展開が続く。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロングビーチ1976

lb197611976年夏に発売された「サーフィンワールド」創刊号では最初に編集長石井秀明の文章が有り、その下には何と伊良湖ロングビーチの写真が掲載されていて非常に印象深かった、当時のロングビーチは今とはまるで違い、毎年天竜川から流れ出る砂によって形成されたサンドバーはまったくパーフェクトなグーフィーウエイブが岩場を中心にブレイクしており、そこは正に道場と化していた。今でもロングビーチへ降りる坂から見えるまったくパーフェクトなラインアップを思い出すと震えが来るほどだ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 06, 2005

記憶喪失

どうも記憶を取り戻す鍵は車にあったらしい、僕が初めて海へ行った頃はまだ車を持っていなかったから友人に会社の車で乗せてもらったはずなので彼に連絡を取ってみた、1968年の夏後半僕達三人は何とWVのデリバンに乗り、横須賀でハンバーガーを食べて七里に向ったそうだ、何とおしゃれな!その後この年に数回出掛けたとの事、また1970年には僕が親戚から借りたブルーバードに乗って一緒に伊良湖へ行き、弥八からボードをかついで坂を降りてロングビーチへ入ったそうだ、海には他に2〜3人しかおらず、しかも全員が湘南から来たサーファーだったとか、まったく忘れていた記憶が他人の手でよみがえってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あざらしくん

またまた連絡が入り、新たに1968年のメンバーが増えた、彼の名前は「あざらしくん」こと日比野直實、なんと1968に湘南のGODDESSまで出かけていってボードを手に入れてサーフィンを始めたそうだ、彼は仕事が床屋なのでもっぱら月曜のお休みに行っていたそうで、実は前にも書いたが、私も月曜休みだったので彼とは結構接点があった、しかも1970年にはハワイへも行っているとの事、当時の資料も多く保存して有るそうなので非常に楽しみになってきた、何でも71年の全日本のパンフレットまであるとか、いやここんところ急激に情報提供が増えてきて凄く助かってます。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カズくん

たった今、カズくんから連絡が入った、1969年にハワイというのは勘違いで、出発が1970年12月31日だったとのこと、そしてカズくんとターザンがサーフィンを始めたのが1969年と判明した。カズくんは翌1970年に会長から2m30のTEDを購入、71年からは2mを切るショートに乗るようになったとのこと、当時の写真には日付けが書き込んであるようで貴重な資料が一杯あるそうだ、さすが見込んだだけあるね。 また同時に今まで出てこないのが不思議だったマウンテンはもう少し後になって始めたようで1974年頃だった模様。 後はこの年表のどの部分に今村さんやエビンが入ってくるのか楽しみだ。そうそう今のところ近藤茂紀の登場は1970年、また問題のカルロス奥村は69年か70年と思われている。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

うーーーん

こうして年表にしてみると良く分かる、以前から千葉の丸山さんに言われていた事だが、「伊良湖の素晴らしいところは創世記のサーファーが今でも現役でいることだ。」と何度も言われてきた。つまり1960年頃から始まった我が国のサーフィンは当時も現在も?その中心は湘南と千葉であり、当然その創世記のサーファーは今でも健在なのだが、多くはサーフィンの業界やプロの創立に携わることになっていき、自然と海へ入る機会から遠ざかる運命だったようで、千葉で50歳以上のアマチュアを大会で集めるのは大変な事と言われていた。だがこの年表を見れば判るように、伊良湖の場合には最初に始めた光彦さんは今でも現役で自分の名前の着いたポイントに良く入っているし、ロコポイントの波が良い日にはちゃんと入ってくる、残念ながら67年の二人は事情があり海から離れてしまっているが、68年に出てくる3人はしっかり以上に現役のサーファーで何時もロコポイントにいるメンバーじゃないか、しかも全員がアマチュアのまま活躍中、これはこれで素晴らしいことなんだと思う。サーファーなら誰でも一生サーフィンを続けたいと思う事があるものなんだが、実はなかなかそうもいかない、仕事が増えたり、家族が増えてくると自分の好きなような生き方が出来なくなってきて、じょじょに海から離れていく例を山ほど知っている、「サーフィンは続けることが難しい」と言われる中でこの状況は良い見本なんじゃないだろうか。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

交流

いつもロコポイントにいるから知っている人が多いと思うけど、今でも毎週海に入っている「シンちゃん」と連絡が取れ、彼が苦労して「アダチスポーツ」経由でサーフボードえを手に入れて伊良湖へ向かったのは1968年と判明した。ところがまったく情報の無い当時、それとなく噂で伊良湖ってところでサーフィンが出来ると聞いて向かってはみたものの、一体どこでサーフィン出来るのかまったく判らずにうろうろしたあげく、なんと先端へたどり着いたそうだ、ところがどっこい波があるはずもなく、他へ行くあてもないまま名古屋に戻ってしまい、結局この年はサーフィンは出来なかったとのこと、年表にもある最初に名前が出てくる5名は「南陽町グループ」で名古屋市港区南陽町に住む若者の内で親戚や同級生を中心としして誘い合って始まったもので、非常に局地的なものであったらしく、この時点でまだ他の地域で自然発生的に出始めたサーファーとの交流はまったくなかったようだ。どうも伊良湖でのサーフィン発生時のターニングポイントは1968年か69年だと思われる。こうなってくると他のサーファーに比べて記憶がしっかりしているカズくんの話が役に立ってきそうな予感がしてきた、しかし・・・この時点でまだマウンテンは生まれていなかったのかな?

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年表

1966年(昭和41年)
鈴木光彦 鈴木勝美
☆ビートルズ来日
☆全日空、羽田沖で墜落、死者133人(2月)

1967年(昭和42年)
石塚義雄 竹内進
☆ツィギー来日(10.18)ミニスカート更に短く
☆グループサウンズ●フーテン族、ヒッピー族、アングラ族
 ●アングラ酒場●シンナー遊び

1968年(昭和43年)
安部公司 シンちゃん 日比野直實 武藤恒志(番外)
☆3億円強奪事件(12.10)
☆川端康成ノーベル文学賞(10.1)

1969年(昭和44年)
ターザン カズくん スーパー
☆アポロ11号、人類初の月面着陸成功(7.20)
☆中津川フォーク・ジャンボリー(8.9)

1970年(昭和45年)
近藤茂紀 奥村祐司
初のハワイツアー出発(12.31)
メンバー8名(会長・スーパー・ターザン・カズくん他)
この頃私が伊良湖へ顔を出す
☆大阪で日本万国博覧会(3.14~9.13)
☆よど号、赤軍派にハイジャックされ北朝鮮へ(3.31)

1971年(昭和46年)
第6回全日本選手権開催
☆日本列島改造論
☆銀座三越1Fに「マクドナルド」1号店開店(7.20)

こんな感じなんですが、いかがです?記憶が戻ってきたんじゃないでしょうか??

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

記憶

サーファーの名言「髪の毛と記憶は薄くなる!」、まさにその通りで、今回の取材でも明らかになったのはそれぞれの記憶の薄さとあいまいさだった、特に年代に関しては当然のごとく西暦で覚えている人はほとんどおらず、昭和での記憶か、当時学生の何年生だったのかが一番のキーとなった。また当時の写真を見ると記憶は鮮明に戻るのだが当時の写真には日付なんか入っておらず、なかなか年代の確定が出来なくいて難しい。これからは西暦に元号を併記した年表を作ってみようと思ったが、ふと考えて、これに当時の大ニュースも加える事にした、たとえば自分の場合でも千葉御宿での合宿中にアポロの月面着陸を見た覚えがあるんで、こういうのも記憶を取り戻す材料になると思うからだ様々な材料を提供してどんどん記憶を取り戻して頂きたいと願っています、ネッ師匠。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 05, 2005

自分史

こうして伊良湖のサーフィンの歴史を調べる以上、やはり伊良湖へのかかわりが遅かったとはいえ、自分自身のサーフィン史も調べる必要に迫られた。僕が東京の大学に入ったのは1967年、その年は寮生活だったしスキーだけに没頭してたんでこの年では無いはず、1968年に友人とTEDの中古ロングボードを買って、湘南七里が浜へ行ったのがサーフィンの最初だったはずだ、そしてそのまま結構嵌ってしまい、翌1969年には丸井でMALIBUの7フィートを購入し、その夏は千葉県御宿に住み込んで働いていた、サーフボードを積んで御宿から鴨川まで行った覚えは有るんだけど入ったのは御宿とその次のポイントで以前丸山さんと同じ道を辿ってそのポイントが現在の「サンライズ」だろうと教えてもらった覚えがある。そこで入ったときは波が大きく友人と二人で入っていたらパトカーが来て出るように言われちゃった・・・。その後は湘南が中心だったけど70年からは夏休みに名古屋へ帰ると伊良湖へ行っていた記憶がある。本来なら71年卒業なんだけど、大学がなかなか離してくれず在籍は73年10月まで、ということは最後の年は学校へ行っていなかったので和歌山にいたのがこの73年になる。そしていよいよ1974年に仕事で名古屋に転勤し、僕の伊良湖はこの1974年から本格的に始まった。しかし当時はサラリーマンだったので伊良湖へは日曜の午前中と月曜しか行けなかった。でもGODDESSからKIKIとショップは変わってもサーフトリップにはあちこち行った覚えがある、御前崎から浜松、伊勢から和歌山まで遠征も多かった。残念なのは当時の写真があまり残っていないこと、その分当時の雑誌はほとんど残っているのでこれから順番に調べ始めるつもりだ。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 04, 2005

サーフィンワールド

blogSW11976年に創刊された石井秀明による「サーフィンワールド」を見ていたら、鈴木正氏による「日本サーフィンの歩み」という記事があり、1971年の第6回全日本選手権の記事を見つけた。「1971年8月15~16日、第6回全日本選手権、愛知県赤羽根海岸、初日の15日はやっとの波で予選を消化した。明けて16日、突然過去たったことのない場所にグーフィーの3~4フィートの波が起きた。波は完全にグーフィー向き、当時3~4フィートと云ったら過去の全日本ではなかったビックウエーブ。ジュニアはバックサイドで若干17才の関野が優勝、メンは出川と小室の一発一発で順位が入れ替わる程の激戦、皆の目に小室の方が良くうつったのは事実だった。しかし、どう云う訳か、バックサイドでやる方が得点が良いと云う理由で、小室のレギュラーに比べ、バックサイドの出川が優勝した。判定が幼稚であっても。幼稚さが通ってしまう程廻りが幼稚だったと云う事だ。 この大会をスタートに、名古屋、東海地区にサーフィンブームが起こった。伊良湖赤羽根ロングビーチ海岸は一躍全国に知れ渡った。 太平洋に面している関係から、11月~3月の風の強い日を除き、一年中波は比較的ある。近年は名古屋地区の人もレベルが上がり、近い将来、有能な選手を期待出来るかも知れない。」 以上原文のまま。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

豊川橋無料化のお知らせ

豊川河口部の国道23号「豊川橋」(小坂井町―豊橋市、2・8キロ)が9月30日午前0時、無料化される。同橋は83年2月に開通。今年1~2月にかけて3週間、無料実験を行い、周囲の渋滞緩和などの効果を確認していた。回数券の払い戻しは9月1日から。同橋は現在、日本道路公団が所有しているが、無料化に伴い中部地方整備局が買い取る。同橋の建設費は約84億円で、料金徴収により13年までに償還する予定だったため、買い取り額は未償還分に相当する約68億円。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

お知らせ

いよいよ「伊良湖サーフィン史」もインタビューを重ねて、資料と共に充実しはじめ、読者も増えてきているようです。このblogでは、他の話題も数多くアップされているために、サーフィン史だけに興味をもたれている方には読みにくいかもしれません、そんな時は右側のカテゴリーにある「伊良湖サーフィン史」をクリックして頂くと、サーフィン史だけが現れて読みやすくなっていますのでぜひお試しくださいね。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

全日本

今回の取材の中で、中々1971年の全日本の状況に辿りつくことが出来なかったが、まったくの偶然から貴重な話を聞くことが出来た。当時の赤羽根にはガソリンスタンドがただ一軒「宮下石油」が旧ファミリーマートがあった信号のところにあり、サーファーは全員ここのお世話になっていた、私も実はガス欠で何度もお世話になったし、キーロックしてここのJAFのお世話になったサーファーが数知れないだろう、土曜の晩に偶然宮下康憲さんに会うことになり、彼の父で「宮下石油」社長の宮下辰夫氏が当時のサーフシーンや全日本に深く関わっていた事が判明した。伊良湖にサーファーが急激に増え始めた1969年、湘南からGODDESSの鈴木正社長が伊良湖へ訪れ、それが次ぎの年の全日本誘致となった、そして1971年全日本開催時には当時の主だった役員は全員が宮下宅に宿泊、大会前には、川井幹雄・TED阿出川・ドジ井坂・鈴木正・鈴木捷吾等、錚々たるメンバーがポイント探しを始め、その時点でロコポイントや港でのサーフィンが可能と判断されたようだ。そして大会会場となったロングビーチでは残念なことに当日まったく波が無く、役員が相談していた時に、宮下辰夫さんが「波の有るところ知ってる」という事になった、なんとそれは宮下家の菩提寺のある真下にある現在の「新日本」ポイントだったとされる。そして無事2日間に渡る全日本選手権が無事開催されたとのことだった。残念ながらこの大会での伊良湖勢に入賞者はいない、まだそこまでレベルが上がっていなかったようだ。そしてこの大会の後伊良湖はまるで戦国時代のようにショップが乱立しながら対立するようになり様変わりしていくことになる。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

幻の写真

blobpanchipanchi今回の「伊良湖サーフィン史」には多くのサーファーが興味を持ってくれており、様々な情報を頂いている。なかでも以前から気になっていたのが、カルロスから何度も聞いた「平凡パンチ」の写真だった、カルロスの記憶では当初全日本の時とのことだったが、これはすぐに間違いと判明、まだ年代不詳ながら、第1回のGODDESS大会後、ビーチでサーファーが大勢集まり、撮った集合写真が平凡パンチに大きく出たとの事、その写真が有れば、当時のサーファーが判ると言われていたが、なんせもう30年以上前の週刊誌、とうぜんながらカルロスが持っている訳も無く、まったくの幻となっていたのだが、何と昨日会長とのインタビュー中にカルロスがPOCKYの店内でその写真を発見し興奮して教えてくれた。どう考えても今のカルロスからは想像もできない若い時代の本人を初め、当時の主だったサーファーが大勢いて非常に貴重な写真だ、何でも会長の知り合いが、その平凡パンチを今でも残して持っているそうで、素晴らしいご対面となった。ただGODDESSとなると、恐らく73年頃と思われるが、今回の歴史編纂に関しては一応66年のサーフィンの始まりから71年の全日本開催までで区切りをつけるつもりなのでこの写真は番外編となりそうだ。参考までに左から2本目のボードの前に立つ横じま(ゴールデンブリード)のシャツを着ている。また一番前列右端はGODDESSの鈴木正氏、右から3人目の白いシャツが石塚義雄氏。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

確定

blogmituhiko
昨日ビーチクリーンの後で、今回取材中の伊良湖でのサーフィンルーツと考えられていた、鈴木光彦さんとのインタビューがありました。今回のインタビューでは先日の勝美さんの内容との照らし合わせを中心に行い、思い違いとかもありましたが、最終的に伊良湖で初めてサーフィンを始めたのはやはり鈴木光彦・鈴木勝美の両氏が1966年の8月、伊良湖ロングビーチでMALIBUのロングボードに乗ったのがルーツと確定しました。昭和21年生まれの光彦さんが19歳の時、プレスリーやベンチャーズの音楽や映画の影響でサーフィンというものに興味を持っていたそうですが、当時若者が多く集まったデパート「オリエンタル中村」の南大津通り側のショーウインドウにデコレーションとして展示されたロングボードに興味を持ち、その展示が終わった8月初旬、デパートと交渉して「34800円」で購入したのが始まりでした、また前回誤認でしたが、この時のMALIBUは凄く重かったもののすでにフォームを使ったものだったそうです。そして近所に住み、また親戚でもあった勝美さんを誘い、ブルーバードにボードを積んで、それまでも夏場に遊んでいた内海方面から波探しが始まり、とうとう渥美半島まで遠征したのが始まり、そして勝美さんの言うとおり、当時植物園だった弥八の展望台からロングビーチを発見したんだそうです。その1966年はやはりシーズンを通してWAXは知らず、大変な苦労だったとか、また波を探しながら探検のように渥美半島をドライブし、先端までも行っていたそうですが、やはりサーファーが誰もいないせいで波の良いロングビーチ以外に入る必要がまったくなかったので他には入らなかったとのこと。他からの情報ではロコや港等他のポイントに入るようになったのは1971年からという意見もありました。そして翌1967年には平凡パンチで日本サーフィン連盟の所在を知り、早速連絡を取ってTED阿出川さんを紹介され、TEDサーフボードを扱う事になり、ここで石塚・竹内両名が入り、このシーズンは4名でサーフィンをしたようです、また同時に平凡パンチでWAXの存在を知り、ろうそくで代用し技術アップに繋がった模様。またこの竹内さんの親戚が三重の安乗にいたことから、この時点で三重まで遠征してサーフィンもしていたとのこと。さらに素晴らしいことに1969年には何とハワイまで出かけてしまったそうです。このハワイの話は「カズくん」が詳しいそうなので次回改めて取材してみます。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

復帰

台風4号で足に怪我をしてから、約三週間ぶりに海に復帰した、結局土曜の静波は入らなかったので、日曜のロコポイントで復帰、朝一番で入る、ほぼ無風の膝~腰、別段どうこう言う波ではなかったし、それこそ腕に怪我した訳でもないのでパドルはまったく変化なし、ところがやはりまだ足が完治していないせいか、テイクオフして立ち上がり効き足の右に力が入ったとたんに違和感があり、そのせいで一瞬ボードの落ちるのが遅れてしまい、そのままライディングがすべて送れ気味になってしまう、決して痛みというんじゃなくて、筋肉の張り?った感じなので、これももう暫くで取れると思うけど、ちょい納得できないサーフィンをしてしまった、しかしお天気もそれほど良い訳でもないのにやはり久々海に入ったのは最高の気分だった。その後9時から始まったビーチクリーンでも大勢のサーファーが協力してくれて気持ちの良いビーチクリーンだった。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 02, 2005

静波

早起きして静波へ直行したものの朝から強いオフショアが吹き静波堤防横はまったくのフラット、あきらめて片浜見てもチョツピーの脛、こうなったら御前崎しかないかと走りだしたら谷口さんから連絡が、御前崎がダメで戻る途中とのことで再び静波へ戻り久々のご対面、しばらくすると会長もあらわれて3人でまったりと会話を楽しんでました。最近の静波、特に堤防横は砂が付かず地形最悪でまずブレイクしないとのこと、おかげで何時もここにいて他にはめったに移動しなかったサーファーが大変との事、そりゃそうですよね、女神横に新しく出来た突堤の効果もまだほとんど無く、最近では御前崎方面が多いとの話でしたが、あの堤防横の雰囲気が好きだったのに残念でたまりません。どうもこの原因は御前崎方面の新しい建築物らしいとの事でしたが、何とかならないもんでしょうか。今日はこれから近くで仕事して夕方伊良湖へ向かう予定ですが今のところ伊良湖もあまり期待できないようです。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2005

再デビュー

今日の筋トレも完璧にこなして復帰の準備完了です、急なことですが実は様々な事情から明日の朝一番は静波へ行くことになりました。復帰第一日が静波ってのも何かのご縁かもしれません、そのまま静岡で仕事して、日曜日はロコポイントでのビーチクリーンに参加の予定、そして終了後はいよいよ伊良湖サーフィンのルーツを確認するために鈴木光彦さんにインタビューをすることが決まりました、いやーサーフィンやってて良かったです、今年の台風をミスることもなかったし・・・一安心。足は万全、心配なのは波のサイズかな???

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お知らせ!

下記の難しい文章で書き込みをしましたが、今年最大級の津波対策避難訓練が平成17年7月8日(金)午前9時30分より、ロコポイント及び港で開催されることとなりました。サーファーの避難訓練もロコポイント・港で行いますので当時参加できる方は9時に集合するようお願い致します。当日海にいるサーファーは全員参加となります。
集合後、海に入り津波警報が出た段階で急いで岸に上がり、岸にボードを放棄して避難場所まで走ります。ボードは当日消防の方々がちゃんと見張りますのでご心配なく。後は当日の指示に従って行動してください。最近では新聞・TV等でもやっと津波の怖さが認められるようになり、各地での対策も始まってきましたが、何といっても海の上にいるサーファーにとって津波対策は最重要課題のはずです!!ぜひ当日多くの方々の参加をお待ちしております。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

津波対策訓練

平成17年度津波対策訓練実施計画
1 目的
  この訓練は、災害対策基本法及び田原市地域防災計画に基づき、市、防災関係機関、自主防災組織、地域住民、海岸入込者等が一体となり、その発生が懸念される東海・東南海地震を想定し、地震災害及び同地震発生に伴う津波襲来に備えて対策訓練を実施することにより災害による被害の軽減及び市民防災意識の高揚を図ることを目的とする。

2 訓練日時・訓練場所
  平成17年7月8日(金)午前9時30分から午前10時15分まで

3 実施訓練及び実施場所
(1)津波情報伝達訓練、田原市赤羽根町 赤羽根漁港及び東堤(通称:ロコポイント)
(2)津波避難訓練、田原市赤羽根町 赤羽根漁港及び東堤(通称:ロコポイント)
(3)人命救助訓練、田原市赤羽根町 赤羽根漁港
(4)避難者確認訓練、田原市赤羽根町 赤羽根漁港

4 主催
  田原市

5 参加機関・団体
 赤羽根西自主防災会、赤羽根漁業協同組合、田原市サーフィン協会、田原市消防団(赤羽根分団)、第四管区海上保安部伊勢航空基地、蒲郡海上保安署、愛知県田原警察署、田原市(防災対策室、 赤羽根支所、消防本部、赤羽根分署)

6 参加人員・車両等
人員約150名、車両5台、漁船15隻、航空機(ヘリコプター)1機

7 訓練想定
  平成17年7月8日(金)午前9時30分 東海・東南海地震が連動して突発発生した。この地震のマグニチュードは、8と推定され田原市のほぼ全域が震度6弱以上である。また、同時に津波予報区「愛知県外海」に大津波警報が発表され、20分後、田原市の太平洋岸に高さ5メートルの大津波が来襲した。

8 訓練事項
 (1)サーファー、釣り人、観光客、漁業従事者、住民を対象とした避難訓練
 (2)海上保安署、漁協による人命救助訓練
 (3)警察、赤羽根支所からサーファー等への情報伝達、情報収集訓練
 (4)消防署、消防団、赤羽根支所、漁協の行動(広報活動、避難誘導)訓練
 (5)地震発生時からのサーファー等の行動及び避難誘導係の避難誘導行動の確認
 (6)地震の発生を行動起点としサーファー、漁船等のとるべき行動訓練
   ・避難行動(海の中にいるサーファーは速やかに海から上がりサーフボードを放棄して走って避難する。)(沖にいる船は、沖で待機する。漁港内にいる船は沖へ船を出す。)
   ・サーファー同士の呼びかけ(周りへの呼びかけ、駐車場からはクラクション、発炎筒などで合図。)

9 訓練項目及び概要
 (1)津波情報伝達訓練(自主防災会、漁協、消防団、警察署、赤羽根支所、分署)
    地震発生及び津波警報発表に伴い、田原市は、緊急情報衛星同報受信装置(防災行政無線屋外子局)により太平洋岸地域に対して津波警報等の伝達及び避難指示を行なうとともに田原市消防本部赤羽根分署、田原市消防団、愛知県田原警察署は車両により太平洋岸地域に対して津波警報の伝達及び避難指示ならびに避難誘導を行う。漁協関係者は、漁船へ津波警報の伝達及び避難指示を行う。
 (2)津波避難訓練(自主防災会、漁協、消防団、警察署)
    海岸付近にいる者は、津波警報等の伝達に伴い速やかに安全な高台に避難する。漁船は漁港内に停泊している船は沖へ出す。また、沖へ出ている船は沖で待機。自主防災会・消防団・警察署は、大津波警報発令の報(訓練)により海岸線に至る道路において避難してくるサーファー等を誘導する。
   注:実際時の行動の確認であるので崖の上から呼びかけ誘導とする。
 (3)人命救助訓練(漁協、海上保安署、分署)
    災害対策本部の防災カメラにより発見した要救助者(2名)を田原市消防本部赤羽根分署救急隊及び支援隊が現場にて海上監視を行いながら情報収集する一方、要請を受けた赤羽根救難所の漁船及び第四管区海上保安本部伊勢航空基地所属ヘリコプターにより要救助者を救助する。
(4)避難者確認訓練(自主防災会、赤羽根支所、分署)
    避難誘導広報により避難してきた人の確認及び未避難者の確認を行う。またけが人がいた場合、応急処置を行う。
 (5)津波災害意識高揚(防災対策室)
    サーファー、釣り人、観光客への津波意識向上を図るため、訓練趣旨を説明し、津波災害に備えての意識向上を図る。
   ア 東海地震・東南海地震発生時における津波説明
   イ サーファー、釣り人、観光客等への津波発生時における行動説明
   ウ 避難場所、避難方法の説明

10 その他
 (1)訓練当日、本市域において次のいずれかに該当した場合は、訓練を中止する。
   ア 大雨、暴風、洪水、高潮警報のいずれかが発表された場合。(訓練実施に支障があると予想されるその他の気象予警報が発表された場合を含む。)
   イ 震度4以上の地震が発生した場合。
   ウ 津波予報区「愛知県外海、伊勢・三河湾」に津波警報または津波注意報が発表された場合。
   エ 東海地震観測情報・注意情報・予知情報(警戒宣言)が発表された場合。
   オ 災害発生が予想される場合、または地震等による突発災害が発生した場合。また、雨天等の場合には、訓練内容の一部を中止あるいは変更することもある。訓練を中止する場合は、訓練当日の午前6時30分までに決定し、訓練参加機関・団体に中止の旨を連絡する。
 (2)各活動部隊の実施要領詳細等は、別途計画による。
 (3)訓練計画担当
    田原市総務部防災対策室 防災対策係 
    (電話:0531-23-3548、FAX:0531‐23‐0180)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »