« 名古屋場所 | Main | 1968 »

June 29, 2005

1966

kaichoukatumi01今夜はマイケル師匠のご紹介で、伊良湖サーフィン黎明期に活躍された鈴木勝美さんにお会いして、様々な貴重なお話をお聞きし、また貴重な写真も頂くことができました。そこで判明したことはまったく想像もしていなかった驚愕の事実でした。何と驚くべきことに伊良湖でのサーフィンは名古屋の中心地「栄」がその始まりだったのです。1966年の夏前、当時栄のど真ん中にあったデパート「オリエンタル中村」(現三越)はヤング路線を走るお洒落なデパートでした、当時高校3年生だった私はもろにIVY小僧でVAN命でしたので、当時最先端だったオリエンタル中村の2階にあったVANショップに通う軟派高校生でした。ところがこの時このデパートの歩道に面したウインドウに夏シーズン用のディスプレイが始まり、その道具として一本のロングボードが飾られたんです、それを見つめていたまだ10代の青年は、何かを感じたのか、どうしてもそのボードが欲しくなり、デパートと交渉し、とうとうそのボードを手に入れてしまいました、当時の初任給は約18000円、そのロングボードはその倍に当たる35000円程だったそうで、裕福なお坊ちゃんだったはずです。その青年こそが伊良湖で始めてサーフィンをした、鈴木光彦氏で現在も現役として活躍中の通称「会長」と呼ばれている方でした。ボードを手にした会長は近所の後輩だった同姓の鈴木勝美氏を誘うこととなりました、そして運命の1966年夏、サーフィンの出来る波を探す旅に出た二人はさすらった挙句に渥美半島の赤羽根にたどり着き、当時は展望台とバンガローだけだった弥八に立ったのです。そこから見下ろしたビーチの風景は恐らく今とそれほど変わらなかったと思いますが、見渡す限りの海・波を見つめた結果、そのすぐ西側の下にそれらしい波が有ることを発見し、また未舗装だった42号から側道に入り、とうとうロングビーチを発見します、その当時のロングビーチは地引網漁に使われており、駐車場もそれなりにあったそうですが、見渡す限りサーファーはだれもいない状況で、この鈴木両人の二人だけのサーフィンが始まったのです。ボードはMALIBUの総バルサのロングボードただ一本、しかも当然のことのように情報の無い当時の事、WAXの存在も知らず、ライディングの基礎も何も判らない状態で、このシーズンはスープライダーで終わったようでした。しかし次ぎの年1967年には会長の叔父さんがTEDのロングボードを取り扱う事になり、TED阿出川さんが名古屋まで来たそうです、TEDさんと名古屋駅前のホテルで会った3人は、初めてここでサーフィンの8mmを見、また海外の雑誌を見たり、ここでWAXの存在も知る事になります。この時はTEDさんは名古屋だけの滞在で伊良湖には来ていないそうです。そしてこの1967年には両鈴木さんのご近所にいた若者2名をサーフィンに誘い込みます、この2名が伊良湖初のプロサーファーで名古屋GODDESSのオーナーでもあった石塚義男氏と竹内進氏でした、そして勝美さんはこの年初めてTEDのロングボードを購入します。このシーズンはひと夏この4人だけでサーフィンを楽しんだそうです、当時はロングビーチ以外のポイントはまったく知ることも無く、またその必要もなくロングビーチ貸切で好きなように楽しんだようです。この写真がその当時1967年のロングビーチ、向かって左が鈴木光彦氏とMALIBUのボード、右が鈴木勝美氏とTEDのボードです、バックの弥八への距離から考えて、現在の坂下あたりでの写真と思われます。いやはや全く「事実は小説より奇なり!」そのものですね。今日は本当に良い勉強になりました。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

|

« 名古屋場所 | Main | 1968 »

Comments

昨日はお疲れさまでした、少しは60年代が
見えてきましたね? まぁ〜ゆっくりですが
資料集めとかしてみます、やっぱり記憶が
飛んでました・・・笑

Posted by: マイケル | June 30, 2005 12:38 PM

師匠!凄く楽しかったですよ、次回はぜひ今村さんや光彦さんとお話聞きましょうね。

Posted by: BaliHigh | June 30, 2005 07:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1966:

» もろもろ [はっぴぃはんど]
明窓出版より 『白くまサーファー』 が発行されました。長野県理事の田中さんのコメントがあります。 日産X-TRAILブログより 動画配信 が見られます。大野マーのプロフィールも見られますよ♪ シップ・アンド・オーシャン財団 海洋政策研究所、日本海洋学会著者の 海のトリビア はすっごく面白いよ Balihighさんブログに 伊良湖サーフィン史 がポストされていますので、是非御覧ください。 ... [Read More]

Tracked on June 30, 2005 11:16 AM

« 名古屋場所 | Main | 1968 »