« January 2005 | Main | March 2005 »

February 28, 2005

残念っーー!

pista3なんといいましょうか、イランからのおみやげと言えば
やっぱフレッシュキャビアだと思うんだけどな~
今まで会ってたイラン人とは20年近いお付き合いなんだけど
今回のおみやげは彼の農場で作っているピスタッチオだった(~_~;)
残念だけど、最近のイラニアンキャビアの高騰ぶりは以前話した
通りなんで諦めにゃね・・・彼はカリフォルニアにも農場があって
やはりピスタッチオを作っている、どうせならキャビアの人工孵化
でもやってくれんかな?? まあそれでもおみやげってのは何を
頂いても嬉しいもんでした。


blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

連絡待ち

なんだか凄いことになってしまいました
一昨日登録したblogマリンスポーツランキングでな・・・
なんとトップになってしまいました
ちょっとビックリしてます、よーーっく見たらカメラの方では
じいちゃんがトップでした。
アクセスを見てもランキングから10%以上の来訪者があり、
効果抜群ですね。こりゃ益々頑張らないといけない。
今日はイランから友人が来るので待機中、成田から東京経由
新幹線で来るそうなんだけどさすがのセントレアもまだイラン航空
は入ってないもんね・・・ちょっとだけセントレアまでお迎えに
行ってきたかったんだけどなー
しかし今のセントレアの混雑は何ていったらいいのか、
実はちょっぴり恥ずかしいような気もする
名古屋って他に行くとこないんかい???って感じだもんね。


blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 27, 2005

御礼

バナーもリンクも無事に完了し、おかげさまでblogマリンランキングでも
ベスト3に入ることが出来、ランキングからのアクセスも順調に増え続けて
います、改めて御礼します。これからのシーズンに向かってどんどんと
更新を続けますのでよろしくお願いします。


blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

懐かしい写真

1982loko懐かしい写真を見つけたのでお見せします
1982年の赤羽根漁港上空写真です。
ロコの堤防はずいぶんと長くなっているけど
港の堤防はまだ一本だけ。テトラは何処にも
なく、当然ながら新日ポイントはまだ無い。
当時のロコは駐車場はまったくなく、港のトイレ横か、その延長の
道路上に停めるしかなく、ビーチまでの距離は長かった・・・
しっかし当時のレギュラーは今と違いそりゃそりゃ大迫力の波が多く
堤防脇のテトラが怖くてゲットも大変だった。
港も一本だけの堤防先から飛び込むほどの日は三角の素敵な
大きい波で楽しかった~  僕もまだ30代の前半で元気一杯だったし
30までは会社員だったので日曜の午前中と月曜しか行けなかったのが
自営になって時間が自由になり狂ったように行ってた頃だから余計かな
当時はショートボード全盛期っていうかロングは1人もいなかったはず
まあ昔の事なんか話すと笑われそうだけど、ロコといいロンビといい
間違いなく波質は昔の方が数段良かった、これは砂の減少と堤防
テトラ・道路工事による様々な変化のせいだとは思うけど寂しいな。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

で・・・出来たぁ・・・・・

お昼にちょっと出かけて運転中に気が着きました
最近ココログの画像挿入のシステムが変わってたんで
そのまま適当にやってたんだけど、ハッと思いついちゃいました
急いで帰宅して画像アップの設定を変更したら出来ちゃいました。
う・・・ちょっとウルウル・・・・・久しぶりに自分の行動に感動した。

banner

これで良いのだ (ToT)/~~~

皆さんありがとうね~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

???出来た鴨 (^_-)-

banner

今回は出来たような気がする、本文の画像をアップする時に標準にしてたのがいけなかったんだ
自動的に元の画像にリンク状態になってしまうので、改めてリンクが出来なかったんだと思う。
これで出来たら嬉しいーーー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

悪戦苦闘中

良いお天気の日曜日ながら波は膝下とのことなんで止めときました
その分昨日からの課題に取り組み中なんだけど、どうにも出来なくて
こんな難しくて良いもんだろかね~
やっと右のリンク枠にバナーを張ることまではできたんだけど
どうしてもバナーからのリンクが張れなくて困り果ててしまった。
文科系の限界ですかね  (~_~;)

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

↑こうやって文章からリンクするのとタグは一緒じゃないのかな?よーわからんです・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2005

テスト中

banner_03これで出来たのかな~????しかし位置が・・・

い・・・いかんがな・・・リンクが飛ばない  (~_~;)

お願いしますだ  m(__)m


blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

うーーん、これならリンク出来るのになぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

教えてくださいな m(__)m

もうそろそろblogを始めて1年になるんですよね・・・
もともとパソコン始めた時からNIFTYだった関係で最初から
「ココログ」を使ってるんですが、未だに良く使い方が判っていないんです。
ここんところほかって置いたのでblogのランキングが圏外になってて
良く考えたら、あのランキングからのアクセスでも津波広報のお役に立てる
かと考え直し、今日からまた新たにランキング更新の申請したんですけど
どうやってみてもバナーが張れないのですけど・・・・どしたらいいのかな?
リンクのところも本文中も色々と試行錯誤してはみたもののギブアップ
結局本文末にこんな形でなんとかごまかしてますけど不満足・・・
詳しい方、ぜひごおしえてくださいな。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (13) | TrackBack (1)

February 25, 2005

ビーチクリーン開催のお知らせ

NALUの出版元エイ出版とNALU別冊のエバーブルーが主催して
3月20日(日)にロコポイントでビーチクリーンが開催される事になりました
これは湘南・千葉・静岡に続き第4回として企画されたものですが
今回はゲストで細川プロも来る予定ですし、プレゼントも準備されています。
この日はちょうど連休に当たるし、波も入ってきそうな時期なのでぜひ参加
されると良いですよ、大勢の参加お待ちしてます。

エバーブルービーチクリーン 第4回 

2005年3月20日(日)
集合場所:愛知県 伊良湖岬 ロコポイント
時間:10:00 現地集合 12:30 解散 
※雨天の場合は延期。この場合は前々日の19日までにエバーブルーホームページに掲載します。
開催イベント
●エバーブルーワークショップ Vol.03 
「漂着ゴミの行方(仮題)」
ゲストスピーカー:JEAN/クリーンアップ全国事務局 小島あずささん
私たちの生活から排出されているゴミが海やそこに棲む野生動物たちにどのような影響を与えているのか。漂着ゴミの現状をパネルなどを使ってわかりやすくお話していただきます。
●スペシャルゲスト 
 細川哲夫さん(プロロングボーダー)、他
●参加者プレゼント
・ エバーブルーリサイクルコットンTシャツ(レディース)(抽選で4名)
・ エバーブルーステッカー 参加者全員
・ 細川哲夫プロデザインTシャツ(抽選で50名様)

主催:株式会社エイ出版社 エバーブルー
協力:クリーンアップ全国事務局
※予定に変更が生じる場合は随時ホームページでお知らせいたします。


blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 24, 2005

Earthquake

earthquake3d_1sこの言葉を覚えたのはたしかトルコにいた
時だった記憶がある、それまでは地震を
英語で何て言うのかまったく知らなかった
当時たしかトルコで大きな地震があって
日本はどうだ?みたいな話から覚えたはず
最近になって津波関連の話題が多くなり、自然とその元となる
地震に関しても気になるようになってきたんだけど、今日教えて
もらったソフトはまことに素晴らしい・・・といおうか凄いもんだ
「Earthquake 3D」というフリーダウンロードのソフトなんだけど
ここ1週間に地球上で発生した地震が3D画面で現れる。
これを見てると地震の多いところ、まったく無いところが一目瞭然!
ぜひお試しを。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

訓練画像

a050220_tsunami_057w72650a050220_tsunami_050w72700津波の避難訓練を撮影してくれた
北村カメラマンから画像が一部到着
実際の訓練画像はサーフィンライフ
に掲載されるとのことで、そちらをぜひ
ご覧下さいね。このblogのシステムが変わり写真の下にタイトルと付けるのが
難しくなってしまったので今回初めて画像内に北村さんのお名前を入れてみました、
北村さんいかがでしょうか?
集団で写っているのは当日訓練集合先の消防署でチーム員の一部が集まった
ところです、ウエット姿は僕とショージくんだけやね~・・・
もう一枚は、訓練時にボードをビーチに置き去りにして走った結果戻ってみたら
当然ボードは砂だらけ・・・トホホ状態で波打ち際へボードを洗いに行く途中で
北村さんの会い、撮っていただきましたそんなわけで本当はグローブに
ヘルメットのフル装備だったのが暖かそうにみえますね~
ボードが砂だらけなんで失礼します、普段はもっときれいに使っておりますよ。


blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 23, 2005

BALI

sambal4私にとってのBALIといえば
まさにコレ!!!天下の調味料
これが本場のサンバルですよ
今から20年以上前に初めてBALIへ
行って一番驚いたのは食べ物に
まったく違和感がなかったことでした
まあ屋台に多少毛が生えたような
レストランで初めて食べたナシゴレンミーゴレン・・・・
何を食べてもこの味でした、もうそれ以来サンバルだけは我が家の必需品
となってしまいました、最初の頃はなかなか手に入らなくてBALIから大量
に持ち帰ってチビチビと使ってたんだけど、そのうち輸入が始まり、
今では簡単にしかも安値で手に入るようになったので大助かり
これさえかければどんな料理でもすぐにBALIの味覚になること保証付き!
朝の目玉焼きなんかも最高になるし、結構和・洋・中と何にでも合う重宝
な調味料なんで一度お試し下さいな。
噂では今日「春一番」が吹いた地域もあったらしいけど中部はまだみたいですねーー

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 20, 2005

今日のロングビーチ

a0018234_13115077どうもこの時期は低気圧が抜けるとすぐに
冬型になってしまい西風が強く吹きすぎて
波が消えてしまう。昨日までクローズだった
ので、多少は期待していたのに・・・・・
やはり朝着いたらすでに腰腹の強風、当然面も荒れていていまいち・・・
訓練が無けりゃ入らない波かもしれない。でもなんとかフル装備で入水
じいちゃんがしっかり激写してくれたんでアップさせてもらいました。


blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

津波防災訓練を終えて

まず今日の訓練に参加された200名以上のサーファーに感謝します。
やはりやってみて色々な事が判り、間違いなくやってみて良かったです。
まず思ったことは、津波の警報さえ間違いなくサーファーに伝える事が
出来れば全員無事に避難が可能だと判明しました。
最初の打ち合わせ時点で、避難先が丘の上の消防署と聞いたときは
まさかあの距離が時間内で移動できるとは夢にも思っていませんでした
今日は出来るだけ沖にいて、警報を聞いた後に行動してみようと思っていたので
ショートのラインの沖にいて待機してたんだけど・・・サーファーの性か直前
に来た波に思わず乗ってしまい、結果的にはショートの」ウエイティングライン
のほんのちょっと沖で警報サイレンを聞いてから行動を起こした。
実は大会なんかで沖スタートの時、アウトに出るまで3分程度見てるんで
沖から戻る場合もそれくらい掛かるんじゃないかと思っていて、それが一番
気になっていたんだけど、なんと沖からビーチに上がるまではパドルでも
1分だった! 仮に波の大きな日でもっと沖にいたとしても、それなら波数も
多いだろうからなんとか最初の波を捕まえれば同じような時間で岸に戻る
事が出来ると思う。そこでボードを捨てて道路を高台に向かってしっかりと
走った、ここならそこそこ安全か?と思う坂の途中で6分、間違いなくここなら
大丈夫という高台まで9分だった。この時間ならば間違いなく助かるね。
そのまま集合場所の消防署まで走ったり・歩いたりで到着するまで約14分!
こんな短時間で到着できるとは夢にも思っていなかった。今回参加した全員が
到着するまででも15分切っていた。地震が発生してから津波の到達までは
約20分、警報が出るのは発生後約5分程度と言われているのでサーファーに
残された時間は15分なのだが、今回の実験で15分以内に安全圏まで避難
が可能なことが実証された。

ただし問題点も一杯出てきた。

○今回初めてテストしてみた発炎筒だが、思いもよらない結果となった
 20本近くビーチで炊かれた発炎筒は殆どサーファーに対しては効果が無い
 車積されている発炎筒は、発煙と言うより発光!がメインになっていて煙が
 少なく、今日のように風が強いと殆ど煙が見えなかった、これは大変!
 これに変わる対策を考えないといけなくなった。
○警報サイレンに関してもやはり聞こえなかったり・気が付かなかったりする
 サーファーが結構いた、前回の訓練に比べてロングビーチのサイレン設置位置は
 恵まれてはいるものの、やはり「音」の到達は自然環境に大きく左右されてしまう
 風に状況によっては中々気が付かないだろうし、果たしてあのサイレンが津波
 警報と判るサーファーがどれだけいるかが問題になる。
 まったくサイレンに気が付かずに道路にいるパトカーの赤色灯で異常を感じた
 サーファーもいた、サイレンの設置を増やすとか音を工夫するとか、まだまだ課題
 は多そうだ。
○以前に夜間の車中泊は控えようと書いたけれど、少なくともロングビーチ・ロコポイント
 では駐車場の近くにスピーカーが設置されている、あの音なら寝ていてもまず
 気が付くので、それからの避難でも充分に可能と思われる、但しスピーカーから
 遠いポイントではやはり危険だ。
○これも初めて感じた事だが、今日のように冬場の場合、サーファーはフル装備で
 ウエットはほとんど5mmのはず、これで走るのはきつかった、やっぱウエットは
 走ることなんか考えてるわけじゃないから当然だよね。結局は強靭な体力が
 必要になってきてしまう。
○今回参加したサーファーにもっと津波に関する知識を教える必要が有るんじゃ
 ないだろうか?予想される津波の大きさやパワーがどれほどのもので
 被害を受けないためにはどの位置まで避難する必要があるのかなど。

取りあえず、今思いつく限りを書き出してみたけど、まだこれから多くのサーファー
から意見を聞いて準備する必要があると思われた、しかし間違いなく問題点を
見出すために非常に有効な訓練であったことは間違いない!


blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『岬のじいちゃん+赤羽根のじいちゃん+伊良湖の女神』

lb2今日のロングビーチでの避難訓練には
伊良湖サーフフォトの大御所お二人も
わざわざ撮影にお越しいただきました
このお二人が撮影した映像は数あれど
二人一緒のお写真は珍しいかと撮って見ました
右が「じいちゃん」左が「北村さん」間に入っているのは
「お気に入り?」でしょうかねーーー


blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

February 19, 2005

My青春

結局海は止めたので一人でDVD鑑賞に切り替えた
「スクール・オブ・ロック」はマジで最高!!!非常にお勧め!!
まったく期待してなかったので余計に面白かった、まだ何処の
ビデオショップにもあるはずなのでぜひぜひご覧下さいね。

んでもって今は「永遠のモータウン」に嵌ってる・・・・今を去ること30数年前の
僕の青春はまさに「タムラ・モータウン」の時代そのものだった、映画見てると
どんどん青春に戻ってしまいそう。スモーキーロビンソン・マービンゲイ・サム&デイヴ
テンプテーションズ・シュープリームス・・・・・青春そのもの・・・・・・・・
くぅーーーーーっ 泣けるぅぅぅ・・・
横浜・横須賀・六本木・霞町・新宿・・・・・・・・・・面白かったなーあの時代


blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

危険なスポーツ

kiken_0うーーん、危険といえばサーフィンだとばかり・・・
こりゃ男にしか理解不能かもしれんね
今朝は一応早起きしてはみたものの予想チェック後
サーフィンは諦めた、きっと今夜良い波なんじゃなかろか?

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2005

愛犬家

dog_0「可愛いワンちゃんが行方不明なの探して!」

おっ・・・おばはん・・・そりゃ反則だんがな!


blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

日本デフサーフィン連盟

日本デフサーフィン連盟小島さんからも今回の避難訓練への
ご協力を頂いています、愛知デフの方々もぜひご参加下さい。
今回実施予定の発炎筒での告知は必ずデフの方々のお役に
立てると信じています。サーファー同士協力して被害を防ぎましょう。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2005

津波防災訓練

さていよいよ次の日曜日20日にロングビーチで津波防災訓練が開催されます
出来るだけ大勢のサーファーが参加されるようお願いします。
こればかりは間違いなく訓練を経験しておくほうが助かる確率が上がるはずです。
当日は朝10時に津波警報のサイレンが鳴るので9時半までにお集まりください。
また海の中に入っていただいたほうが実際の状況に近くなるのでお願いします。
また初めて発炎筒を炊くテストも行いますので、使っても良いと思う方はぜひ
発炎筒を持ってご参加下さい。
それでは日曜日にお待ちしてます。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

良い波!

昨日は仕事があって荷物が多かったので車で東京へ出かけた
夕方には何とか終わり、そのまま東名で帰路に着くことに・・・
たしか夜の9時頃かな?掲示板に岡崎で事故があり大渋滞とのこと
参ったな・・・と悩んでるうちに気が着いたら豊川で降りていた?
そうか・・・しょうがないからこのまま海へ行っちゃえばええやんかいさ(~_~;)
ってことでそのまま伊良湖へ・・・しかしビーチ泊はヤバそうなんで
田原の道の駅で一泊、朝には雨も上がり急いでビーチに向かうと
ロコポイントが面も良くて良い感じで割れていたけどサーファーがいない?
見てると肩くらい有りそうなんで1人で入ってみた・・・実は昨年末の事故の
件もあり、冬場に1人で入るのはちょっといやなんだけど目の前に波があると
サーファーの血が騒ぐといくか何というか・・・・いや~入ってビックリ
セット間隔が異常に長いので舐めていたら急にメラメラとたくさん入ってくる
セットは間違いなくオーバーヘッド、しかも岸で見てたら早そうだったのに
乗ってみるとどんどんと張ってきてそのまま巻き巻きになるんだけど
ちゃんとメイクできちゃう・・・ただ一旦嵌るとゲットはしんどかった・・・・
こんなパワーがあって巻く波はロコで久々!何時地形が変わったんだろ?
ここんところずっとロングビーチに負けてたんで寂しかったけど今朝のロコは
見事に復活って感じだった、その後数名ショートが入ってきたけど最後まで
ロングは1人、結局3時間満喫してしまったよ。疲れ果てて上がってきたら
賢ちゃんとマサがやっと到着、入れ違いで入っていった。いや中身の濃い
波だったので満足した~


blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2005

日本一のトイレ発見

fujigawa8凄い!東名高速上り富士川Pに富士川楽座
ってのがあり、朝食も美味いので時々寄るんだけど
今回初めて急にその気になりちょっとトイレに・・・
一番奥のトイレに座るとなーーんだか妙な感じ
落ち着かないんだよな???なんだろうかと考えたら目の前がガラスになってて
なな・・何と座ると目の前に富士山が丸見え(^-^)
こりゃ気持ち最高じゃーーー!
ぜひ機会があったらお試しを。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2005

おっとっとぉ~

mammbouあまりにCMの男の子が可愛くて・・・
つい引かれて久々におっとっとを買ったら
嵌ってしまった・・・・・なんちゅうか最近に
ないシンプルな味が新鮮で良い感じだよ
特に左上の「まんぼう」が美味いなーーー、何時だっかかな?
昔伊豆へ行ったときに妙に薦められてまんぼうを食べた事があったけど
その時はいまいち大味で感心しなかった、この方がいけてるね。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2005

吉野家

gyuudon昔から結構な隠れ吉野家ファンでした
伊良湖行く途中にも有って良く行くし
自宅近所もご愛用でしたが・・・・・・
ここ1年間はご無沙汰で、今日の復活を
楽しみにしてたんだけど、朝11時から開始ってことで
でもさすがに11時じゃ重いし、昼時は混むだろうと思い
1時過ぎを狙ってた・・・しかし朝・昼のニュースでどんどん
取り上げられていて、アリャ?こりゃヤバイと思いかけ
それでも予定とおりに近所の吉野家めがけて出発進行
あっちゃーーー 駐車場は満杯で表に30人以上の行列
この寒空に並ぶつもりもないので、ちょっと他へ回って
しばらくしてからまたチェックしたら行列が増えてた!!!
泣き泣き今日の復活はギブアップ・・・・
輸入開始は早くても夏過ぎだとか、またしばらくの辛抱か。


blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 10, 2005

久々?

mapoo75たしか前回は波が無くて入らなかったから
1ヶ月ぶり位になるかなーー? 昨日波が
上がりそうな感じはあったんだけど、仕事で
行けなかった、昨夜サッカー見ながら予報を
チェックしていたら何となく今日も波がありそうな予感がして眠れなくなり
結局出かけてしまった、5時頃ロングビーチに着いたら何と車はゼロ!
やばいじゃん・・・こんな時に津波でも来たらどうしようもない・・・ってんで
寝るわけにいかず坂を上がったコンビニの駐車場で一休み・・・のつもりが
爆睡してもた・・・・目が覚めたら明るくて7時前、ロングビーチに降りたら
それなりにラインが入ってきてて風も弱くすでに数人入っていた
念のためロコポイント・港とチェックしてまたロングビーチに戻ると、すでに
賢嫁は上がってお着替え中(-_-;) いつもお元気だ事!早速フル装備で
入ってみた、ビーチで見たセットは肩以上に見えたけど入ってみると胸?
まあそれでも冬場にしちゃ上出来でしょ、ってことで寒さの中2時間も
頑張って入ってしまった、カヌー・ロングがそれぞれ1名、ショート10名程
しかし真冬というのに女性が多いこと、ビックリやねーこれもウエット進化
のおかげかな? 上がって着替えてると前の車からご挨拶?ん?とみると
なんと珍しい伊古部のMappuじゃないの・・・なんでも四連休とかで、昨日
当たったからどじょう狙って遠征してきたらしい、しばし歓談しお別れしようと
したら急に上着を脱ぎ初めてしまった・・・アリャ???そんな趣味あったかな?
と思ってたら話題の某短大?制服のお披露目でございました、まあなんとも
レトロな感じでお年寄りにはピッタシカンカンの制服なんでお見せしちゃいます。

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 08, 2005

TSA

ホームページの方に「津波」として豊橋サーフィン協会会長の
伊藤さんから書き込みを頂きましたので転載させてもらいます。

先日は津波のシンポジウムへのご参加有難うございました。明日も行政の方々と今後の対策について話し合います。豊橋市と田原市ではサイレンの鳴り方が違うと聞いています。ぜひ統一してほしいですね。しかしどんなに良いシステムでも理解できるサーファーがいなくては何の意味もありません。夏の県外のサーファーが多いときサイレンが聞こえたとしても何のサイレンか全然わからず・・・市の広報に載せたって県外の人には伝わらないし。大切なのはいつもそこにいるサーファーが津波伝達システムを理解し他の一般サーファー及び一般の方々を誘導できるようにすることです。一番まずいのが車で逃げることです。歩行者をはねたり、車の衝突で渋滞している間に津波が来たり、非難道路をふさいだり大変危険です。また地域によってはビーチの後ろにある老人ホームへ非難を手伝いに行く事も考えています。リーシュも足に絡み危険です。3月のNSA愛知支部の会議までに避難時の注意事項を作成するので各ショップへ配布をお願いするように、先日のNSA愛知幹部会でお願いしておきました。BBSを見ている皆さんへ他に危険と思われることがあったら教えてください。
新日はテトラ登って非難するの危険ですよね。階段作るのを行政にお願いしたりこれからもいろいろ活動していきましょう。

豊橋サーフィン協会  伊藤
http://surfshop.jp/tsa

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

津波防災訓練計画発表

津波防災訓練計画

1  目的
東海地震・東南海地震が発生した場合、愛知県外海には約4メートル以上の津波の襲来が予測されている。本訓練は、平成14年4月に東海地震地震防災対策強化地域に、平成15年12月に東南海・南海地震防災対策推進地域に指定された田原市が、スマトラ島沖地震を教訓とし、東海・東南海地震発生後に襲来が予想される津波から人的被害の軽減を図るため、サーフィン協会・自主防災会及び行政が連携し、津波災害からの人的被害の軽減を図ることを目的とした訓練とする。

2  訓練テーマ
「自分の命は、自分で守る。」
「地震発生すぐ避難・仲間に呼びかけを」

3  訓練日時・訓練場所
平成17年 2月20日(日)  午前10時00~午前11時00分
田原市赤羽根町ロングビーチ海岸

4  訓練主催
田原市、 サーフィン協会、田原市観光協会

5  実施機関及び参加者
(1) 赤羽根東自主防災会
(2) 一般(サーファー、観光客、釣り人等) 
(3) 消防団
(4) 田原市
(5) 田原市役所赤羽根支所
(6) 田原市消防本部   

6  訓練想定
(1) 東海・東南海連動地震発生  午前9時55分
駿河湾から熊野灘を震源とするマグニチュード8.27(予測)の大規模な地震が発生し、本市は震度6弱以上を観測した。地震発生5分後、気象庁から太平洋沿岸地方に大津波警報が発令された。予測津波到達時間は20分間である。

(2) 訓練終了    午前11時00分

7  訓練事項
(1) サーファー、釣り人、観光客、住民等を対象とした訓練
(2) 管理棟職員、消防署、団、支所、自主防災会の行動(広報活動、避難誘導)訓練
(3) 消防署、支所からサーファー等への情報伝達、情報収集訓練
(4) 地震発生時からのサーファー等の行動および避難誘導係の避難誘導行動の確認
(5) 地震の発生を行動起点としサーファー等のとるべき行動訓練
・ 避難行動 (海の中にいるサーファーは速やかに海から上がりサーフボードを放棄して走って非難する)
・ 同じサーファーへの呼びかけ(周りへの呼びかけ、駐車場からはクラクション・発煙筒などで合図、必ず走って逃げる)
・ 応急救護訓練(三角巾の取扱い)

8  訓練項目及び概要
(1) 避難広報訓練(管理棟職員、消防署、消防団、赤羽根支所、自主防災会)
管理棟職員は、大津波警報発令訓練開始放送後、直ちに入海中のサーファーに警報発令伝達及び避難広報を行う。田原市消防署赤羽根分署・赤羽根支所は広報車にて避難広報及び避難指示を行う。
(2) 避難誘導訓練(自主防災会、消防団)
自主防災会避難誘導班は、大津波警報発令の報(訓練)により海岸線に至る道路において避難してくるサーファーを誘導する。
(注 実際時において行動する確認であるので崖の上から呼びかけ誘導とする。)
(3) 避難者確認(赤羽根支所、消防署、自主防災会)
避難誘導広報により避難した人の確認及び未避難者の確認を行う。
(4) 津波災害意識高揚(防災対策室)
サーファー、釣り人、観光客への津波災害意識向上を図るため、訓練概要、趣旨を説明し、災害に備えての意識向上を図る。

ア 東海地震・東南海地震発生時における津波説明
イ サーファー、釣り人、観光客等への津波発生時における行動説明
ウ 避難場所、避難の方法
エ アンケートの実施

9  訓練の連絡方法
午前10時00分に防災行政無線にて訓練開始の連絡報を実施する。
サイレン
「 訓練、訓練 こちらは田原市災害対策本部です。ただいま田原市海岸部に大津波警報だ発令されました。海岸や河川、低地にいる方は高台に至急、避難してください。また、海岸には近づかないでください。繰り返す」

10 訓練の変更または中止の決定
荒天中止
悪天候等により中止の場合は、午前9時30分に同報無線により通知する。

11 訓練終了
11時00分気象庁から発令されていた大津波警報が解除され、訓練の終了とする。


訓練進行

10:00  訓練開始
大津波警報発令を受け、訓練開始のサイレン・放送が市役所同報無線から流れたら、ロングビーチ管理棟職員は、直ちに管理棟設置の放送設備にて、サーファー等に避難広報指示を行う。消防署・団、赤羽根支所、自主防災会は、避難の指示及び避難誘導広報を行い、避難者受け入れを実施する。

(1)管理人の行動
同報無線から大津波警報が発令された後以下の広報文を流す。

広報文
「訓練、訓練 ただ今田原市海岸部に大津波警報が発令されました。海にいる方は危険ですので、至急高台に避難してください。繰り返し」

(2)消防署・団、赤羽根支所、自主防災会の行動
管理人からの広報文が流れた後、消防車両等により、避難の指示及び避難誘導広報を実施する。
(ただし、実際の場合は、津波の襲来に備え広報の方法には十分注意する。)

(3)消防団・自主防災会
市及び管理棟からの避難広報により避難してきた人達を安全な場所(消防署赤羽根分署前広場)に誘導し、住所生年月日等災害対策用の情報収集及び怪我の手当て等を行う。

(4)サーファー、観光客、釣り人等の行動
市及び管理棟、消防車等からの避難指示広報により海中より脱し、消防団、自主防災会等の誘導指示に従い避難場所(田原市消防署赤羽根分署前)へ避難する。避難解除は、警報解除をもってする。

(5)災害対策室の行動
訓練開始放送が流れた後、田原市消防署赤羽根分署前に災害対策本部を開設する。
(本部員:赤羽根支所、防災対策室、消防署、消防団、自主防災会)

10:10  避難者の確認
(1)消防署、団の行動
避難者の受入を順次行ない、避難者の把握に努める。避難者数、怪我の有無を把握
状況を本部に報告する。

10:25  訓練講評・あいさつ
本日の反省と課題等があったら、あいさつの中で。

10:30 防災講習会(防災対策室)
1 津波災害について
津波発生時における心構え
2 救急法講習会
※ 対象 サーファー、釣り人、観光客 

11:00 訓練終了・解散

blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 06, 2005

結婚パーティー

P1000040P1000056昨夜はチームのToshiくん結婚祝賀パーティー
がございましてなんでも素敵なフラチームが
出演するとか聞いてたのでそれとなく期待
して待っていたのですが、なんと控え室か
ら飛び出したのは毛深い厚化粧のサーファーが3名・・・・・・
まあ写真のピントがボケたのが幸いか?
しかしなんでも数週間の練習を積んだとかでダンスそのものは
本格的でそれなりに・・・・・でも出来れば本物の方が見たかったな~
それにしても素敵なカップルだこと(ToT)/~~~


blogマリンスポーツランキングに投票をお願いしますねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サーファーの津波体験記

大地震と津波の2日前、12月24日にスリランカについた僕は、
ヒッカドウァ近くにステイしていました。メインシーズンに入って
いるこのエリアは、毎日ソコソコの波が続き連日サーフィンが
楽しめていました。そしてあの12月26日僕は朝8時頃から
ヒッカドウァのメインポイントでサーフしていました。
その時、他には日本人サーファー3人とロコをあわせて15人
くらいのサーファーが、一緒のポイントに入っていました。
異変に気がついたのは10時10分頃だったと思います。
パタッと全く波が来なくなり不思議なことに5-6分間もフラット
状態が続きました。そして何故か波が無いのにバックウォッシュ
が入り出したのです。。「何か様子がおかしい!?」と思い岸に目をやると
ビーチの水位が異常に上がっていることに気が付きました。
そしてその後、沖を見ていると、ゆっくりとウネリが入り始めました。
まず小さ目のウネリが2本入ってきてから間もなくして、それまで
見たこともないような不思議なカレントが発生。
その後明らかに今までとは違う大きなウネリが3本目として入って
来ました。通常のウネリならウネリが自分を持ち上げて自分の下を
通過すれば、その後直ぐに再び元の高さに戻る(下がる)はずですが、
このウネリに持ち上げられた時は、そのまま海面が高いままとなって、
元の高さに戻る(下がる)ことが無かったのです。
そして、そのウネリはいつものラインナップとビーチとの中間あたりで
爆発ともいえるブレイクを見せました。それは生まれて初めて見る
物凄いブレイクでした。その時このウネリが津波である事をまだ知らない
一緒にラインナップにいたサーファー達からは、もの凄いブレイクに対して
一斉に歓声が上がった程です。しかし、ブレイクした波はその後も勢いを
止めずポイントの正面にあるゲストハウスを丸呑みして、さらに奥へ奥へ
(内陸へ)と進んで行ったのです。
その光景を目の当たりにし、ようやく僕を含めた海の中のサーファーたち
は非常事態であることに気付きました。その後、気が付くと、自分を含めた
サーファーたちは岸に向かって右方向へ約500mも流されていました。
そして更にウネリが5-6本続いた後、今度は陸地にあったありとあらゆる
ものを引き込みながら潮(海水)が沖へと引き始めたのです。
その中に人間が巻き込まれて行くのを見たローカルのマンボーは、
サーフボードを片手に海に飛び込み、200m以上パドルして沖に流された
人の救助に向かったそうです。無事に救出されたのはドイツ人のツーリストでした。
津波が去ってからは、マンボーが中心となり、近くにいたツーリストたちを
安全な場所にあるロコの家へと避難させました。
僕も今回のスリランカには、消毒や傷薬を多く持参して行ってので津波の
後もしばらく現地に留まり、怪我人の治療を毎日行いました。医者はもちろん
薬も不足していたため、それだけでもチョットした医者代わりのような働きが
出来たかな?と思います。津波の襲来から3日後の29日に、サーファーたち
がビーチ周辺の片付けを始めました。翌日には村人みんながビーチの片付け
と道路掃除を始めました。それはとてつもない作業でしたが、みんなで行った
かいがあり、新年1月1日には、なんとか一段落させることが出来ました。

「トモ」さんの体験記 BCよりコピー

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 05, 2005

NHK

先日の津波避難訓練とシンポジウムの時にはマスコミから
新聞やTVの各社が取材に来ていた、さすが旬の話題なんだと
それほど気にしてなかった、その日はあいにくのフラットで
やはり絵的にはいまいちだったんだろうね、次の週にまた
ロングビーチにNHKクルーが来て、ちょうど波も上がったようで
サーフィンの映像やTSA会長のインタビューなんかを撮影した
その放送が昨日の夕方のNHKニュースの東海版で流れると
連絡が入ったんで一応チェック・・・まあ毎度の事で数分だろうと
タカくくってたんでビデオも撮らず、最初は避難訓練の寺沢海岸
その後大学でのシンポジウムの映像になったんだけど・・・
な・・・なんたることか急に自分の顔とご対面!
あの教室にカメラがいたことは知っていたけどまさか自分が
撮られていたとは・・・あの日はどうしてもサイレンが聞き取りにくく
その件と、サーファー向けに発炎筒で知らせたらというアイデアを
言いたくて発言した覚えが・・・・しかし不思議なもんだね
思いもしない時にTVに自分が映るって。
まあそれは別としてニュースではサーファー同士の合図として
津波警報が出たらクラクションを鳴らしたり発炎筒を焚くようにと
言ってくれたので充分に効果はあったと思う。

もう一つ実はあのフォーラムでどうしても言いたかった事があったんだけど
発言者が多く、時間が無かったので言えなかった事があった
それはおそらく行政の人たちはまったく知りもしない事だろうが
サーファーの職業病の事だった、長い年月サーフィンを続けている
サーファーにとって最大の問題は「サーファーズイアー」のはずだ
冷たい海水に長時間漬かっていたり、水中で巻かれたりするうちに
耳が自己保身の為?内耳の一部が突起し始めて水の浸入を防ぐ?
ような感じになってくる、これが逆効果で入った水の抜けが悪くなり
化膿したりしてしまう。多くのプロの持病だし、今回の主催者のTSA会長も
またMICの加藤さん、竹本プロも皆サーファーズイアーで手術もしている
何と日本でのサーファーズイアーの権威は地元愛知医大におられるとか
実は私もその傾向があって難聴がひどい、だから当然のようにサイレンも
聞きにくいという話をしたかったのに時間が無かった。ちょっとこの件は
調べておいて次回田原市での津波対策で話ができると良いんだけど。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 02, 2005

桜の名所

fujigaoka36比較的新しいんだけど桜の名所となった
藤が丘がこんな雪に・・・
来月からは万博へのリニアモーターカー
の始発点になる重要拠点なんだけど・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々

yukihiacerenayuki昨日からの予想通りに今朝の名古屋は積雪10
cmの大雪昨日のうちにハイエースを自宅前に
確保して準備してはいたんだけど、屋根には
約20cmの吹き溜まり・・・・・

道路は凍結で大変、知ってる人は知ってるけど僕の車は
取替えが面倒なたために年中スタッドレス!しかも去年暮れに
新品に換えたから雪道は全然平気、しかもフルタイム4WDだし
今年は雪山行かずなんでやっとお披露目でしっかり楽しんで
走ってきました。ただ・・・・短毛で超寒がりのレナちゃんには
恐怖の雪だったようだ、朝1のトイレにと庭に出したんだけど
トイレ済ますまでウロウロ・・・初の大雪かな?終わった後は
部屋に駆け戻りコタツから出ようとしない。可哀想だったかな?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 01, 2005

「見てから逃げる」は無理

今朝の中日新聞に気になる記事が・・・
「津波に対する心構えや対策」というもので役に立ちそうな部分は

◎地震の揺れは震源地が遠ければ小さいが津波の大きさは変わらないので
 揺れが小さな場合でも津波の危険性がある。
◎津波の速度は浅瀬でも時速36キロ、見てから逃げるのは無理。
◎引き波と押し波のどちらが先にくるのかわからないので、スマトラ津波のように
 海水が引くのを見て察知することは難しい。
◎津波は普通の波と波長がまったく違うので、たとえ高さが1mと低く感じても
 その波は引かずにずーっと続いて襲ってくるので人の力では耐えられない。
◎東海・東南海地震で大きな津波が予想される地域は熊野灘沿岸や渥美半島
 南岸など外洋に面した地域。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »