« シンポジウムに出席して | Main | ロコポイントでの津波対策 »

January 24, 2005

サーファーとしての津波対策

それでは現在サーファーとして、どんな津波対策を考えれば良いのか?
今現在でむやみに津波を恐れパニックになる必要はないが、予想される
東海・東南海地震が発生した場合に伊良湖では必ず津波が来るんだと
言う意識を絶えず持っていることが一番大切になるとおもう。突然に発生
し、事前に避難することも出来ない地震に対して、津波は地震後の2次的
なものなので必ず事前に察知できるため避難する時間的余裕があるので
その時間を有効的に使う方法を普段から考えておくことが大切です。
まず大切な要点を短く3点にまとめてみましたのでこれを覚えましょう。

◎サーファーとしての津波対策◎
1、夜間ビーチ沿いの駐車場には駐車しない。
2、警報を聞いたり、地震を感知した場合にはすみやかに
  周りに知らせ、海にサーファーがいる場合には全員で
  発炎筒に着火し、そのまま車を捨てて高台へ避難する。
3、海の中にいるサーファーは警報を聞いたり岸の煙を見たら
  急いで海から上がりボードを放棄し走って高台へ避難する。

この3点をしっかりと頭に入れていおけばまず被害に合うことは無いでしょう
それではこれらに関して詳しくお話します。
1、現在伊良湖のビーチ際に有る駐車場はほぼ標高2~3mのところにあり
  そこにある車は津波に飲み込まれます、また夜間に車中泊の場合には
  それでなくても聞きにくい警報を聞き漏らす恐れが大、また地表との間に
  タイヤという緩衝材があるために地震を感知する割合も軽くなり、気が付
  いたら遅いという状況になりかねないためです、どうしても夜間車を停め
  るなら標高のある崖上の地域にするしかないでしょう。
2、昼間ビーチにいた場合には恐らく地震を感知できるでしょうし、その後に
  発令される警報にも気が付くはずです、その場合には周りの人たちに
  津波の危険性があることを知らせてあげましょう、車にいた場合には
  車のクラクションで知らせるのも有効でしょう、そしてもしも沖にサーファー
  が入っている場合、彼らには地震を感知出来ないし、警報も聞こえない
  可能性があるので異常事態を知らせるために出来るだけ大勢が車に
  積んである発炎筒に着火し沖のサーファーに異常事態を知らせましょう。
  その後は絶対に車は使用せずに放棄し一番近い高台へ走って避難する
  そのためにはいつものポイントで高台が何処にあるのか普段から見て
  いざというときの避難場所を自分で決めておきましょう。
3、海の中では地震を感知できませんし、風・波の状況によっては警報が
  聞こえない可能性も有ります。岸を見ていて人たちの異常な動きや
  見たことも無い多くの煙りを見つけたら、何が何でも急いでパドルし
  岸へ上がり、ボードは捨てて走って一番近いと思われる高台へ避難します
  途中に2階建ての丈夫な建物等があれば自分の判断でそこへ上がるのも
  手段の一つです。地震が発生後警報発令まで約5分、この時点で発炎筒
  が着火されるとして残り15分、気が付いて岸へ戻るのに5分としても
  まだ10分の時間が残っているので伊良湖の場合なら崖も近いし、充分に
  避難する時間があるから冷静に行動するのが助かる為一番有効です。

岸で津波襲来に気が付いたら沖のサーファーに発炎筒を炊いて知らせる!!!
これを「のろし作戦」と名付けて伊良湖表浜のサーファーの間で出来る限り
広めるように広報しましょう、これでサーファーの被害は激減するでしょう。
津波の場合にサーファーを救えるのはサーファーだけなんです!!!!
このアイデアを考えついた山本くんに感謝。

*これらの津波関連の文章は自由にコピーしてお使いください
*またトラックバック・リンクも自由にしてください、皆でこの運動を広めましょう。


|

« シンポジウムに出席して | Main | ロコポイントでの津波対策 »

Comments

津波に対する本当に貴重なシンポジウムだったですね。
たった一人のサーファーだと太刀打ちできないですが、ビーチにいる人たちを含め共通のマニュアルが頭の中にあって、迅速に非難できればなんとかなるかもしれませんね。出来る限り沢山の方に知らせたいです。海と人間を愛するサーファーとして。

Posted by: potelong | January 24, 2005 at 09:57 AM

武藤さん
わかり易くまとめていただきましてありがとうございます。早速リンクはっておききます。
わざわざ私の名前まで入れていただき感激です!
★keep surfin★ショージ

Posted by: ショージ | January 24, 2005 at 10:38 AM

伊良湖サーファーの皆さんのご協力をお願いします、近日中に田原・赤羽根地区での津波避難訓練開催をお願いしています、そのときには大勢参加してください。また出来る限り自分の周りのサーファーに津波の危険性を教えるようにしてください。今後30年以内に東海・東南海地震が起きる可能性は80%以上、もう何時来てもおかしくないんだそうです。

Posted by: balihigh | January 24, 2005 at 03:02 PM

Balihighさん事細かなレポート有り難うございますm(..)m

波乗りblogerの間からでもまずは現状認識と広報しなければと思い早速リンクとトラバしました。

Posted by: あとむ@正直日記 | January 24, 2005 at 09:26 PM

こんばんは。
面識はありませんが、tbとリンク
させて頂きました。
自分の出来る範囲で、広めていこうと思います。

Posted by: surf216z | January 24, 2005 at 10:53 PM

はじめまして。
伊良湖サーファーではありませんが、
学ぶべき点も多いと思いまして
TB&リンクさせていただきました。
ありがとうございます。

Posted by: mk | January 30, 2005 at 11:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29945/2676827

Listed below are links to weblogs that reference サーファーとしての津波対策:

» TSUNAMI [思いつくまま気のむくまま]
バリハイさんのブログからのトラバです。伊良湖一番: サーファーとしての津波対策津波に対する本当に貴重なシンポジウムだったですね。 たった一人のサーファーだと太... [Read More]

Tracked on January 24, 2005 at 10:00 AM

» サーファーとしての津波対策 [あとむの正直日記]
先週末に行われた津波シンポジウムのまとめがBalihighさんのページに掲載されている(カテゴリー「TSUNAMI」)。 この記事にあるとおり、東海・東南海地震... [Read More]

Tracked on January 24, 2005 at 09:28 PM

» サーファーとしての津波対策 (伊良湖一番さん) [海岸日記 ~ボディーボーダーな日々]
伊良湖一番さん TBです。 伊良湖日記さんからお知らせいただいた、『津波シンポジウム』のことが詳しく紹介されています。 やはり、参加体験した方のコメントは非... [Read More]

Tracked on January 24, 2005 at 10:09 PM

» 津波対策 [育てろ!4人]
伊良湖一番 ここにリンクを張ってあるのは、伊良湖を代表するサーファーの balihighさんのブログ。(私は面識はありません) ここでは、伊良湖での津波発生時に... [Read More]

Tracked on January 24, 2005 at 11:39 PM

» NO SURF NO LIFE……とは言えぬ日々… [* ワ イ キ キ 大作戦 *]
もう何もかも疲れ果ててしまいました……。グスン。。 そんな自分を励ますために、「せぷてんばあ」よろしく横須賀線に乗って鎌倉の海へ。 「入る」為ではあ... [Read More]

Tracked on January 30, 2005 at 11:20 PM

« シンポジウムに出席して | Main | ロコポイントでの津波対策 »