« August 2004 | Main | October 2004 »

September 30, 2004

昨夜はとにかく風が凄かった!
雨はそれほどでもなかったので対策は殆ど無しで
雨戸閉めただけ、今朝起きたらもう晴天!
テレビでは台風の被害が大きいとのニュースが続いていたけど
名古屋は殆ど影響なかったようだ、予想よりもスピードアップで
明け方前に通過してしまったので波予想も外れそう
今日は当然のようにクローズと踏んで安心して月末の仕事してたんだけど
なんとかやってやれないことは無いサイズまで落ちたようだ
そして吹き返しの北西が強烈に強くなって来ているとのことで
この分だと明日までは持たないかもしれないね、夕方の情報待ちです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2004

マウンテン

DSCF0075.JPG

早いもんで、もう今年も恒例マウンテンロックパーティーの時期になりました
昨年なんと還暦を迎えたマウンテンは今だにショートボードの現役!
しかもこの通りのロッカー・・・・ 凄い事だし・素晴らしい (^_-)-☆
今年のパーティーは来る11月14日(日)午後1時から錦ケントスに決まりました
会費はビール飲み放題におつまみまで付いて5000円です、きっと赤字かな?
会場の都合で人数に限りがあるので、もし参加希望者がいたらここへレス入れて
下さいな。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

September 27, 2004

大変なことに・・・

tp21.gif

はるか南海上を西進し台湾沖へ向かっていた台風21号があろうことか
進路を再び北東に変えてきた!!! まだ気象庁の予想進路では出ていないが
米軍の予想進路を見ると今週の土曜に中部地区へ逆戻りして上陸しそうな勢いだ!
長年台風を見ているが、こんな仰天進路を取る台風なんて始めて見た!!!!!
これだと一旦おさまったうねりも明後日にはまた戻ってくる、喜ぶべきかいな~??


| | Comments (0) | TrackBack (1)

アチコチ

昨日の朝は無風だったので暗いうちに入水、ロコポイントは久々の
無風面ツル、胸前後の良い波だった、結局5:30からNSAクラス認定の
始まる7:30まで入りっぱなし、もったいないけど出ちゃいました。
しかし今月12日の日曜日から3週間連続して大会使用は如何なものか?
これは一度検討してもらわないといけないね。ILCの件もあるので
余計にそう思ってしまう。 結局そのまま着替えもしないで港へ入る
有名な?サーフィンおじさんがいたので選択としては間違ってなかったけど
やっぱ波質はタルくてどうも緊張感に欠けてしまう。それでも10時過ぎまで
入ってしまった、上がってみても誰もいない・・・連絡してみたら全員○端とか
そのままドライブしてみるとビーチには中年軍団が勢揃い、あーーだこーーだ
と何やら言いながら早速宴会モードに突入、これは波がいまいちなのと
チンクイが一杯だったせいだ、駐車場で三浦麻美プロの車と隣合わせになったんで
今日はチンクイ多いよっ、って言ったら「そうですよね!チンクイ!」って大声で
切り替えしがあったけんど、なーーーんか女性に大声で言われると戸惑うな・・・
そんなうちにここの主賓じいちゃんが登場!すっかり皆とお友達になってしまった。
しばし大人しくしていたが、林くんの嫁さんが入水し始めたら早速撮影開始・・・
うーーーん、素早い行動!見習わなくっちゃ (^_-)-☆
こちらの中年はビーチからフェリー乗り場の何時ものテーブルに移動して試供品?
つまみながらの宴会続き、まあ波も無いことだししゃーーあんんめーーー
んでもってそのまま車で爆睡してしまった。寝る子は育つっていうけど昼寝って
良いもんだね、心底リフレッシュできちゃう。目が覚めたら4時前、そろそろテストも
終わる頃なんで早速着替えてビーチへ行くとすでに大勢待機中、しかも皆で
砂遊び中だった、いい年してーーーーって言ってやりたいが、僕もやってしまった。
4時過ぎに終了と同時に入っては見たものの、すでに強いサイドショアとなり
面も形も悪くて全然良くなかった、まーこんな日もあるさ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 25, 2004

イチロー

20040925-00000002-yom-spo-thum-001.jpg

実は・・・私は球技に非常に弱い・・・・
野球はもちろん、テニス・バスケ・卓球からボーリングまでどうしてもダメ・・・
ゴルフだけは例外的に頑張った時期もあったけどやっぱダメになった・・・
だからイチローを見てるとまるで宇宙人を見ているような気分になる
今日も今のところ2安打で新記録まであと8本となってしまった。
大リーグでのこの挑戦は素晴らしいと思う、体格的には決して大きくない
おそらく平均的な日本人サイズだろうし、彼らと対等以上に戦っているのは
信じられない。 オリンピックでも最近は体力勝負のような分野でも
日本人が大活躍していたし・・・凄いことだと思う。
そうなると一体サーフィンの世界はどうなっているんだろう?
いまだにWCTに参加できる日本人は現れるどころかWQSの上位すら
いなくなった状態だ、同じスポーツという土壌でどうしてこうも違うのか?
体力の問題では無いことは立証済み、経験?コーチ?精神力????
一体この違いは何なのだろう、日本人サーファーが世界の舞台に立つ
日が来るのだろうか?


ike_young2003_2.jpg


| | Comments (2) | TrackBack (1)

September 24, 2004

ウエットスーツ

昨日のロコポイントは久々の無風面ツルでした
サイズは腰前後でセットがたまには入ると胸あるかないか?
それも落ち気味でした・・・
そんな中、大会の反省もあって普段より色々な技の練習とか
やってたんだけど、小さいのに一度波に巻かれて思いっきり
センターフィンとサイドフィン1本をふくらはぎに当ててしまった
しまったーーやっちまったーーー、切れたかな?って思うほど
強烈な当たりで一瞬焦りまくり・・・一昨年にも一度レールを
太ももに強打して筋肉断裂やった記憶が甦ってしまった。
痺れる足を触ってみると痛みはあるけど血は出ていない模様
最近愛用している2mmのロングジョンのおかげでダメージが
少なかったようだ、ウエットも切れていないところみるとスケッグ
の丸い方が当たったみたい、これがインの方だったら助からないね
先日浜松のよしきさんがこれで大怪我したんでチラッと脳裏を
よぎったんだけど、なんとかセーフ、これはウエット様様ですね
ロンスリ着てたら大変だったとおもう、案の定ビーチで休んでいる
うちに見る見る腫れてきて足の太さが1,5倍になってしまった。
しょうがないので2ラウンド目は諦めてシップしながら帰った
今日もまだ痛い・・・皆さん怪我には気をつけましょうね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 22, 2004

Team Rider

ts1.JPG

ts2.JPG

tra.JPG
trb.JPG

ts3.JPG

ts4.JPG

ステッカーと一緒にライダー用のTシャツも届いた
Riderの R とReal.B.Voiceの R が重なってデザインになってる
格好良い優れもので評判が良かった、頑張らなくっちゃね・・・
やっぱ1コケしてる場合じゃないよなーーー

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ステッカー

std.jpg


最近良く海で「車替えた?」って聞かれるけど、実はこの後部ドアだけを
取り替えました、もちろん中古でたしか取り付け入れても3万程度、
おかげでそれまでバンだったのがワゴンになってしまいおかげで急に
印象がガラッと替わったようです。
前のドアは潮風のせいでしっかりと錆び付いて使えなくってしまった(~_~;)
さて以前のドアにも一杯ステッカーが這って有ったんだけど、今回は
メインをReal.B.voiceにする為に空けてあった、先日やっとその
ステッカーが届いたのでこんなデザインとなりました。
センターにReal.B.Voice、その取扱店のFOLLOWSBillabong Tahara
上下に入り、後はBaliHighとチームステッカーと結構スッキリしてるでしょ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2004

SLC

先日開催された伊良湖ロングボードクラシックが始まったのは
僕が静波で開催される静岡ロングボードクラシックに参加して
感動したのが始まりでした。その大会が今年は10月2日(土)
静波ビーチ堤防横で開催されることになっています。
残念ながら私は展覧会があるためどうしても今回は出場できません
たしか昨年は2位だったんでぜひ出たいのは山々ですが残念です。
この大会に興味のある方はココに大会概要&エントリー用紙があります
ぜひここを見て参加申し込みをお願いいたします、後悔させませんよーー!

PS:失礼しました m(__)m ここを見るとエントリー受付は9月21日で
   終了となっていました。確認したところ、まだ受付中との事でした
   のでご安心ください。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

(~o~)

まあここだけの話???
先日の大会の結果で多少は落ち込んでいたので
久々に海へ行ってきた、日曜は田原市の大会だったので
入ったのは朝・夕だけ、サイドオンショアのあまり良い波じゃ
なかったんだけど、ちゃんと乗れた・・・・技も出るし
やっぱアレはアクシデントだったのね、と納得?
まあこれなら心配なぃって感じでホッ・・・おかげで
久々にビーチ泊まりしてしまった、それでもって田原の
花火を見に行く予定が手前で沈没してしまった (~_~;)
昨日はこれまた久々の無風面ツルの腰で、パワー無いんだけど
まあそれなりに楽しめて良い感じ、これで無事復帰かな
ご心配お掛けしました (~o~)
結構海の中でも声掛けられて慰められた・・・・・・・  m(__)m  

追伸:台風21号が発生し西進中、今回は遠すぎて影響ない鴨?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2004

ファイナリスト

第8回伊良湖ロングボードクラシック
各クラスのファイナリストをご紹介します。

ilc8mf.jpg
メンクラス

ilc8sf.jpg
シニアクラス

ilc8maf.jpg
マスタークラス

ilc8ryf.jpg
ロイヤルクラス

ilc8tr.jpg
トランジッションクラス

ilc8opf.jpg
オープンクラス

ilc8lbf.jpg
レディースビギナークラス

ilc8lof.jpg
レディースオープンクラス                                                
                    撮影 北村 守 氏

以上の選手の方々おめでとうございました。


| | Comments (5) | TrackBack (0)

いいーーぃねっ (^.^) 

a0018234_12502273.jpg

波の無い先端で黙々とゴミを拾っているサーファーがいたと
じいちゃんから連絡が有った、写真を見てみると永津くんじゃないの
良い仕事してるねー  きっと良い波に当たるよーー

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 16, 2004

濃いね~

200409111946.jpg

もう30年以上前に和歌山にいた頃が有り、当時お互い若かった
藤本俊平プロと知り合い、いまだにお付き合いが続いている
年に数回大会で出会う関係かな・・・
そんなわけで伊良湖ロングボードクラシックを始める時から無理言って
ジャッジのお手伝いをお願いしたりして、同じ和歌山の人たちと
知り合うようになった、これはその中でも飛びっきりに濃いサーファー
ビックウエーバーの昌平ちゃん、大きな波に乗ると素晴らしい
ボトムターンを決めてくる、しかし普段はどうみてもただ飲んべーーー
のおっちゃんやねー   でもこういうサーファーが一番好きやねん。

これは大会前夜に福江の玉川での盗撮でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2004

祝優勝!

yasui8.jpg

本大会会長安井章彦くん優勝の感動場面です!
会長に替わってチャンプコールするのは
登運営委員長でした (ToT)/~~~


| | Comments (2) | TrackBack (0)

1秒間のドラマ…

r1.jpg

r2.jpg

r3.jpg

r4.jpg

r5.jpg

r6.jpg

r7.jpg

r8.jpg      

伊良湖ロングボードクラシックの11時間以上におよぶ熱い戦いを、
最新鋭一眼デジカメ Canon MarkⅡが見事に撮らえました。

総撮影枚数は1101カット。この中に、ファイナルまで駒を進めた
丸山良子さんのベストライディングショットがありましたので、
武藤さんのblogで皆さんにいち早くご披露したいと思います。

MarkⅡの威力は凄いものです。
今回の撮影は、その能力を100%発揮させるべく、『連写』で選手を
追いました。
カメラは1秒間に8.5コマの連写機能!そして、動きのある被写体に
対応した完璧なプロ仕様を誇るウルトラコンパクトフラッシュで即座に
全データを取り込みます。

両者のコンビネーションで撮らえた『秒 8.5コマの世界』 、まさに
この8カットは、なんと!1秒間のドラマであります。         

全日本写真連盟会員 ・ バリハイ専属カメラマン  北 村 守

| | Comments (5) | TrackBack (0)

September 13, 2004

Dr.T

drt1.jpg

大会会場にはDr.Tとして有名な高橋達也先生が池田潤プロの代理で
わざわざお越し頂きました、先生はマカハでバッファローファミリーから
「ゴッドハンド!」と呼ばれている神様です・・・・・・
そこで普段から体にガタが来ている?カルロス奥村がご無理をいって
鍼を打って頂きました、どうも初めての経験だったようですが
体が軽くなったと大喜びでしたよーー

drt2.jpg

続いての登場は伊古部のMappu! 彼は頚椎の損傷から左手の痛みが取れず
ここ数年悩まされていたとのこと、こちらはきつい電気まで・・・・
なんと治療後その痛みが綺麗に消え去ったそうです。

治療ご希望の場合には
高橋接骨院  東京都世田谷区豪徳寺1-54-3  03-5450-6170 まで

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トランジッションクラス

ilc8trangishon.jpg

今年から新設された「トランジッションクラス」は70年代にサーフィンが
ロングボードからショートボードへ移行する過渡期に現れたボードで
今また見直されファンが増えてきています、今回は8フィート以下の
ボードならOKということで評判になり定員以上のエントリーがあり
決勝まで大いに盛り上がりました、そしてこのクラス初代チャンピオンは
さすが地元!赤羽根キーパーサーフステーションのオーナー・シェーパー
鈴木弘章氏が見事竹本プロを破って見事な優勝を飾りました。


ilc8tranji.jpg

まあ・・・何と言いましょうか  お・ま・け・・・・ちゅうことでご勘弁を m(__)m  


| | Comments (0) | TrackBack (0)

1コケコンビ・・・・・・

ilc81koke.jpg

実は・・・・私今回は10数年ぶりに1回戦で敗退
いわゆる「1コケ」ってやつをやっちゃいました
大会前はこの横にいる森くんが今年からロイヤルに
入るので間違いなくファイナルのライバルになると思い
お互い牽制しながら一生懸命に練習しておりました。
今回の1回戦4ヒートで敗退したのは我々2名に加え
な・・・・ななんと カルロスとロングビーチのおやじです
この4名で充分にファイナルになる組み合わせなんだけど・・・
一から出直します  (~_~;)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

カメラマン

ilc8camera.jpg

右が今大会オフィシャルカメラマンの北村守さん、アシスタントはなっちゃん。
左は先端からわざわざ遠征し、レディース重視での取材敢行した「じいちゃん」お二人ともお疲れ様でした、良い写真をありがとうございます  m(__)m


し・・・しかし・・・この波の状況は誠に厳しいものがあります。
最後まで頑張った選手諸君、本当にご苦労様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

集計

ilc8shuukei.jpg

今大会で初めてジャッジ集計にパソコンが導入され
会場にはハイエース内に設置されたPC・プリンターに
4名のオペレーターがスタさんの指揮の下順調に
集計が進みました、これまでですと3ポイントの場合
6名でも大変な作業だったのでこれは素晴らしいですね。

ilc8regyureshon.jpg

今大会のレギュレーションです、最新のNSAルールで進行しました。
これが厳しかった・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ご協賛

ilc8kyousann.jpg

今回ご協賛を頂いた各社のボードが張り出されていました
こんな時期にも関わらず多くのご協賛をいただいておりました m(__)m 

ilc8kyousann2.jpg

今回3本のサーフボードをご協賛頂きました
左から 
T-FACTORY
SOULGLIDESURF & HOBIE SURFBOARDS JAPAN     
GODDESS INTERNATIONAL
本当にありがとうございました。
    

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伊良湖ロングボードクラシック

ilc8kaijou.jpg

昨日9月12日(日)赤羽根ロコポイントにおいて
第8回伊良湖ロングボードクラシックが開催されました。
残念ながら終日南東のサイドオンの風が吹く腰腹胸の
波ながら全国から集結した300名に近い選手がまさに
熱戦を繰り広げました、前日より準備された会場は
ビーチクリーンも済み、今年からはステージまである本格派で
まるでWQSのような雰囲気でした、100名におよぶ
大会役員・ジャッジ・スタッフも素晴らしい働きを見せ
この厳しい状況下3ポイントで殆どタイムスケジュール通りに
進行するという信じられない運営ぶりでした、凄いことです。
個人的な成績は後ほどアップしますが、大会関係者の皆さん
本当にご苦労様でした、特に休み無く終日の仕事となった
大勢のジャッジの皆様ありがとうございました。

ilc8stage.jpg

今年初めて作られたステージです、前日この設営をしている時には
間違いなくここに立ってる自分をイメージしておりました  (~_~;)

ilc8yasui.jpg

第7回から大会会長となった安井章彦くんです、しかも今年は何と
マスタークラスでの優勝を果たしました、気苦労が多くて頭の毛が
抜け切ったようですが誠にお疲れ様でした。
ステージ左はMC AKIRAくん、当日朝5時から話っぱなし
夕方の表彰式では完全に声が嗄れていました、こちらも
本当にご苦労様でした。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

September 09, 2004

ILC

さてっと・・・・いよいよですね
12日(日)はもうクローズの心配は全く無くなりました
2週間ぶりに週末に入れるロコポイントとなります
こりゃもう幸運としか言いようが無い
19号は見事に消えたし、最新の情報では雨も何とか降らない模様
土曜は練習もあるけど、お昼頃にビーチクリーンの予定
その後は大会会場の設営も始まるので何かお手伝いでもしよっかな?
そんでもってその晩は極々控えめな宴会かもね???


| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 08, 2004

お知らせ

9月12日(日)はロコポイントにおいて
第8回伊良湖ロングボードクラシックが開催されます
当日は堤防から東へ3ポイントを使用予定
そのうち堤防よりの2ポイントは終日使用されます
また前日の土曜日から準備が始まり、駐車場規制も
一部始まりますのでどうかご協力お願いします。

大会のご案内

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 07, 2004

9月12日(日)

npac_swht_120.gif

まあこれで見る限り問題は無さそうだね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

じいちゃんの部屋

2-1.jpg

ただ今「マイフォト」の中に「じいちゃんの部屋」が完成いたしました。
伊良湖の台風ポイント「先端」での画像が沢山アップされていますので
ぜひぜひご覧下さいね、またご本家もぜひご覧下さいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

9月12日(日)

12.bmp

こちらの予想天気図では当日は高気圧の覆われまったく問題なし!
なんだけどーーーーーね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

19号

1997.gif


どうにも困ったもんで19号の進路が刻々と変化していて心配が尽きない
今朝の予想図では昨日よりも西よりにコースを替えて本州縦断予想!
まあそれほど大きくないし、18号に引っ張られてるので速度も速まりそうで
なんとか10日中には抜けてくれるものと信じておりますーーーー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2004

WCT

winners_636S8221J04tostee_t.jpg

いやはや彼らは宇宙人か!!!
今回の千葉WCT優勝者のCJだ
なんと言えば良いのか
ファイナルでは勝利を確信した対戦相手が
時間を余してビーチへ上がった瞬間の
最後の波でまあ~やることなすこと
凄いの一言
言葉にならない、参りました  m(__)m


| | Comments (4) | TrackBack (0)

台風19号

wp2304.gif


いよいよ次の日曜日が伊良湖ロングボードクラシック開催となるが
な・・なんと昨日台風19号が発生し日本に接近上陸しそうなコース!
大会の関係者の心配が手に取るように見えてくる
米海軍の予想は当然ながら良く当る
この予想進路によると10日中には東北から太平洋に抜けるそうだ
もしもこの予想が正しいなら、12日にはクローズ収まり大会可能
お願いアメリカ様・・・・もう悪いことしないからこれ当てて!!!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 05, 2004

北村守写真展

oranndaya.jpg

kitamura.jpg


海からの帰り道に今日から始まった北村さんの個展会場
阿蘭陀屋に立ち寄ってみた、もう暗くなってたのになんと
北村さんは会場に待機中、ご本人の解説付きで拝見した
僕の今まで知らなかった北村さんの別の顔を拝見した・・・
知らない間に日本全国で写真を撮っていたとは・・・凄い
東北から九州まで、それも四季をちゃんと捉えている
サーファーの性か・・・どうしても水に目が行ってしまう
しかし海だけでなく川・沼の写真が素晴らしい、こんな色の
水が有るなんてまったく知らない世界だった、雪山も良い!
その雪山バックの桜はもっと素敵だった。
途中から合流したスタさん共々お茶までご馳走になってしまい
申し訳ないやらありがたいやら・・・
素敵な展覧会なので皆さん海の帰り道にぜひお立ち寄り下さいね
ここ阿蘭陀屋のコーヒーも美味しいですよーーー


| | Comments (2) | TrackBack (0)

先端

senntan.jpg

今日は結局一日先端にいることになった
朝は凄い雨で風も回っていまいちだったけど
恒例ビーチクリーンが9時からなんでそれまで
入ってみようかと・・・面は良いけど形いまいちの
肩頭~、たまに良いのも有るんだけどピークが一定しなくて
なんだか訳の分からない波、8時前に一度上がって
表の様子を見るが当然のように殆どがクローズアウト!
結局2ヶ月続けてロコポイントがクローズのために
ビーチクリーンを中止と決定、告知した後また入ってしまった
しかしもう潮が満タンで割れにくくていまいち・・・
早々に出てビールタイム、じいちゃんと合体?
午後も一度入るがどうもしまりのない波
ビーチから見てると良いんだけどなーーー
夕方期待するも・・・・・
まあこんな台風もあるんかなーーーって感じの一日

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2004

MALIBU

wills_d_F1S0982J04robbo_t.jpg


slater_k_F1S0909J04robbo_t.jpg


何度見ても素晴らしい
昨日千葉のマリブでのWCT画像はこれが日本か?と思わせるだけの迫力がある

「現在のWCT(ワールド・チャンピオンシップ・ツアー)はプロスポーツとしては珍しく
観客主体ではなく、選手・波が主体で行われる。これはどういうことかと言うと、
波さえ良ければ一般の観客が来ることが出来ない所でもコンテストを行うということ。
最高の選手達が、世界最高の波でサーフィンを競い合うのが現在のWCTのスタイルとなっている。」

タヒチのチョープーなんて観客はボートかサーフボードに乗って見る以外に
方法が無い!それでも良いのだ!
インターネットの発達した現在では全世界でほぼリアルタイムにその
波の映像が送り出されるのでプロモーションとしては充分過ぎる効果がある
僕のようにショートに乗らなくなった者でもここの波を見ると絶えず
アドレナリンが吹き出る
これが幾ら環境の整ったポイントでもジャンクな小波じゃ逆効果になるもんね
何十年か前に新島でたしかプロの初期の大会があり、
羽伏がクローズしてしまい前浜でやった事が有り、
その時のロペスやドジの写真を見てそれはそれは興奮した覚えがある
今回もすでに配信されたマリブの画像で世界中のサーファーが興奮し、
日本の波に興味を持ったことは容易に想像が付く、
サーファーって世界共通の考え持ってるからなーー

さて、本日はまた部原に戻ってスタートしているライブを見たい人は
ASPからどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2004

WCT

malibu.jpg

daltro_t.jpg

ASPが展開するトップサーファー45名による世界サーキット
WCTが今月初めから何と我が国、千葉の部原で開催されている!
実は先月行われたWQS田原プロはこの本選WCTへの
登竜門的な2次リーグである。
つまりWCTとは世界中の予選から選ばれたたったの
45名が世界中のトップウエーブのポイントを巡る
いわばサーフィン界のF1のような存在だ、
残念ながら未だに日本人はこの45名に入った事が無い
幸いにも今回は地元開催ということで4名が出場したが
昨日のR1で敗退し、敗者復活戦に挑むこととなった。
しかもこの45名のうち年間ポイントの下位15名が入れ替わるという
厳しい制度の為、毎回真剣勝負が見られそれはそれは素晴らしい
争いが続いている、さて今回だが、何と本日の部原は台風18号の
うねりがはいりワイドなクローズ気味となってしまった、
そこで出場者からの非常に熱心な要望に答えるように千葉が誇る
クラシックなリーフポイントである「マリブ」に会場が移動し9時から
ヒートが始まったそうだ、残念ながらこの移動に機材が伴わなかった
ようでネットでの実況は不可能となっているが、現場のレポーターから
の非常に熱い報告が携帯サイトを賑わしている!
面ツルの頭から頭半サイズ、たるい波もあるが繋げばチューブにも
なるという大会としては願っても無い条件だ!
昨年の新島WCTと比べたら月とスッポンだろう!
おそらく日本でのWCT伝説が間違いなく今日生まれ、
この画像が世界に配信されたら日本の波もきっと
見直されることになるだろう。最近ではあまりショートの映像を見ないが、
WCTだけはまったくの別世界で非常に毎回感銘を受ける、
今回の映像は僕にとっても永久保存版になること間違いない!

PS:いよいよマリブでのWCTの動画が一部ASPで配信開始されました!!!!!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

北村さん個展開催

北村写真館でおなじみの北村守さんが昨年に引き続き
今年もまた個展を開催する事が決定いたしました。
田原街道で伊良湖へ向かう途中ですのでぜひ皆さん
お立ち寄り下さいね。

期間:9月5日(日)~10月2日(土)
   場所:珈琲 阿蘭陀屋
愛知県豊橋市杉山町字向山下134
   電話 0532-23-1828
   時間:午前7時~午後7時 (金曜日の午後はお休み)

 「昨年の個展は、サーフィン/海の写真を展示いたしましたが、
 今年は趣向をがらっと変え、ネーチャーフォト展といたしま
 した。サーフィンを撮り始めて14年になりますが、ネーチャー
 (ねーちゃんではありませんよ)も撮り続けておりますので、
 いつも海風景ばかり見ているサーファーの皆さん、阿蘭陀屋
 で珈琲を飲みながら、私の切り取った日本の自然を是非ご覧
 いただければ幸いです。」           北村 守

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2004

I.L.C.

今年で第8回となる伊良湖ロングボードクラシックがいよいよ来週に迫ってきた
9月12日(日)の開催である、しかしもう8年目とは・・・・早いもんですね
今回は通算4勝目&3連覇が掛かっているので内心必死になっている
昨年度のルール改正は間違いなく自分にとって有利に働くはずだし
最近では勝つ為の様々な手段も身についているのでさほど心配はしていないけど
今年50歳になったサーファー見てるとめちゃ若いんでそれがちと・・・
それとアテネで井上が負けたような事前のオーバーワークに気を付けねば
18号はそこそこにスルーしてイメージだけを高めていきたいところだが
やはり血が騒ぐので無理な相談かもしれない?
今日来週の天気図をチェック中だが、木曜頃にはるか南方海上に
大きな低気圧があり、どうも台風になりそうな気がする、相当に遠いので
これが大会当日までに接近する恐れはそれほど無さそうだが、なんとか
うねりだけでも届いてくれるとありがたい、当日のサイズが胸以上あれば
誰にも負けない自信があるし、仮に頭以上になったらそりゃもう100%
間違いなく勝てる。
自分はどうもコンペ志向なので時々他のサーファーと話が合わないときがある
つまりサーフィンを楽しみたいから競技には出ないって考え方なんだねー
まあ、それも良いかもしれないが、サーフィンの場合有る程度の技量がないと
楽しめないんじゃないのかね? 僕の場合は大会に出るってことが技術向上の
早道だったから、出来るだけこの道を薦めたいんだけど。
12分という短時間に集中してサーフィンすると言う事の厳しさをしると
もっとフリーサーフィンが楽しくなるはず、皆はどういう考えかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2004

表浜

何と1週間以上も伊良湖表浜に入っていなかった、
なんせずーっとこの間クローズだったからね〜
久々の台風明け狙いでロコポイント向かったんだけど
音羽蒲郡インター着く直前に事故でその先が通行止めとなり大渋滞中、
おかげで夜明けから入る予定が狂ってしまった。
ロコは朝からほぼ無風の面ツル、入った5時半頃はマジにセットが頭以上有った、
きつと一晩中良い波だったんだろうな〜、
しかしそれにしてももの凄い人数だな、駐車場は満車だしポイントには100人はいた、
間違いなく今日は月始めの平日なのに?まあ人の事なんぞ言えないけどね、
そのまま10時半までしっかりと課題を持って大会用の練習をした、胸前後でちょうどお手頃・・・
今回の台風でまた砂が動いたが結構地形は良い感じになったようだ、
このままなら良いんだけどまだ台風来るからまた変わる鴨?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »