« フェチ | Main | 天気予報 »

May 22, 2004

重大発表!

BaliHighホームページがオープンしてから6年目ですが
残り3000弱でアクセスカウンターが700000になります
通常でもラッキー7って言うように7は縁起が良いとよく言われてますが
実は私に取ってはもっともっと大変な別の意味もあるんです
本業の栄美術ではペルシア美術が専門ですが、ペルシアと日本の交流
を示すもっとも端的な例とされるのが正倉院御物の白瑠璃碗なんです
これは4~6世紀のササーン朝ペルシアで作られておおよそ8世紀頃に
日本に招来し、正倉院に入ったとされています、まったく同じ時代
同じ所で作られてイラン国内から出土した作品も多く栄美術でも常時
取り扱っています、この国宝級ともいえる作品は厚めのお碗に円形の
カットを施したものなんですが、必ず底辺が1個、そして2段目も
必ず7個のカットがなされています。これはセム系民族が7という
数字を「全体」もしくは「完全」と言う意味で理解していたのが
伝えられたのだと考えられていて、僕にとってこの「7」は大変
重要な意味があるんです。
そこでそんな大切な7を頭にした70万ヒットを運良くゲットされた
方に今回「特別ラッキー7賞」として通常の賞品にプラスして
な・・・なんと「ペルシア絨毯」をプレゼントしちゃいます。
ペルシア・ガベの手織り絨毯 87x52cm 玄関マットに最適ですよ
作品の写真を後ほど「伊良湖波画像掲示板」に入れておきますので
ぜひ見てください、産地・作品の解説は以下の通りです!頑張ってね!!!

「ガベとはペルシア語で、イラン南西部ザクロス山脈の麓の村人や遊牧民に
よって織られている絨毯の呼び名です。 ガベがいつ頃から織られたのかは
不明ですが、もっとも古い資料には16世紀のものがあります。 
これはシャー(王)が 「客人を迎えるにあたってはガベを敷け」
と発布した命令書でした。 近年までまったく見過ごされていたガベは
1970年代からこのガベに惹かれた収集家を中心にスイス・ドイツで
衝撃と称賛で迎えられ、徐々にヨーロッパへ流れていきました。 
ガベは織り手の即興によって織られるため同じものがありません。パターンなど
見ないでどんどん織っていきます、ジグザク・縞・ひし形・生命の木・動物等が
入りますが、途中で方針を変え、別の模様へと移るのはしばしばです。 
まるで自由に描かれたアートです。」

|

« フェチ | Main | 天気予報 »

Comments

あれま・・・
もう昨夜70万突破
いくらなんでも早すぎた・・・

Posted by: balihigh | May 24, 2004 06:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 重大発表!:

« フェチ | Main | 天気予報 »